極黒のブリュンヒルデとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 極黒のブリュンヒルデの意味・解説 

極黒のブリュンヒルデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/25 11:21 UTC 版)

極黒のブリュンヒルデ』(ごくこくのブリュンヒルデ[1]、英:Brynhildr in the Darkness)は、岡本倫による日本漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2012年9号より週刊連載を開始した。




注釈

  1. ^ バップ、ytvYTEダックスプロダクション日本ナレーション演技研究所、ジェンコ
  2. ^ BD-BOX IIおよびDVD-BOX IIに収録の映像特典。

出典

  1. ^ 岡本倫 (2012年1月25日). “okamotolynn: 明日発売のヤングジャンプから新連載を始めます。タイトルは「極 ...”. Twitter. 2013年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d アニメDVD/BDボックス第1巻ブックレットより。
  3. ^ 単行本第2巻カバー下の人物紹介より。
  4. ^ 2012年2月29日の作者Twitterでの発言より。
  5. ^ 単行本第8巻カバー下の人物紹介より。
  6. ^ a b c 「極黒のブリュンヒルデ」 新キャストに沼倉愛美、内山夕実、能登麻美子”. アニメ!アニメ!. 2014年5月7日閲覧。
  7. ^ a b c アニメDVD/BDボックス第2巻ブックレットより。
  8. ^ 『週刊ヤングジャンプ』2012年15号第7話175頁、180頁より。同誌同年28号第18話306頁では3メートルとなっている。
  9. ^ 単行本第6巻カバー下の人物紹介より。苗字の読みは『極黒のブリュンヒルデ The Moment』より。
  10. ^ アニメ公式サイトより
  11. ^ 名前は『極黒のブリュンヒルデ The Moment』が初出。
  12. ^ 単行本第1巻162頁より。なお、『週刊ヤングジャンプ』2012年15号第7話172頁ではAAA、AA、A、BBB、BB、Bという6段階だった。
  13. ^ 表紙カバー下に記載。電子書籍版には未収録
  14. ^ 作者自筆による人物解説は、書きかけと思われる丸印のみで未記入のままである
  15. ^ 書籍版初版の帯ではカズミの左腕を残し、佳奈の姿だけが消去されている為、3人しか描かれていないように見える)
  16. ^ a b TVアニメ「極黒のブリュンヒルデ」、BD-BOX/DVD-BOXの特典を発表! 第2巻には新作OVA「から騒ぎ」も収録”. アキバ総研. 2014年6月30日閲覧。
  17. ^ 「極黒のブリュンヒルデ」TVアニメ化!来年4月放送開始”. コミックナタリー. 2014年3月13日閲覧。
  18. ^ 岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』2014年4月よりTVアニメ化 キービジュアル、スタッフ、放送局情報が初公開”. AniFav. 2014年3月13日閲覧。
  19. ^ 番組紹介:ラジオ 極黒のブリュンヒルデ カズミと小鳥の「いちばん星み〜つけた!」”. HiBiKi Radio Station. 2014年4月29日閲覧。


「極黒のブリュンヒルデ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

極黒のブリュンヒルデに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「極黒のブリュンヒルデ」の関連用語

極黒のブリュンヒルデのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プヤ・ベルテロニアーナ

米代川

知床国立公園

所司和晴

膳所焼美術館

向江棚田

デリカ カーゴ

オーバル





極黒のブリュンヒルデのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの極黒のブリュンヒルデ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS