桜島フェリー 桜島フェリーの概要

桜島フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/06 13:50 UTC 版)

鹿児島港(2010年7月21日)
桜島港(2007年12月30日)

事務所

概要

乗降人員推移
年度 一日平均乗降人員
2004 15,075
2005 14,675
2006 15,072

鹿児島市中心部にある桜島フェリーターミナルと、東側の対岸の桜島西端部にある桜島港を結ぶ航路で、国道224号の海上区間である。

1914年大正3年)、桜島の大噴火によって桜島住民は大きな被害を受け、災害復興や教育振興(通学)のために、鹿児島市街地と桜島とを結ぶ定期航路を望む声が上がった。このため、当時の西桜島村(のちの桜島町、現・鹿児島市)が1930年昭和5年)頃より準備を始め、1934年(昭和9年)11月19日より運航を開始した。開通時の運賃は片道10銭-15銭であった。その後、次第に便数を増やし、現在では昼間最短10分間隔、深夜60分間隔の24時間運航を行っており、約3.5kmの距離を約15分で結んでいる。

2004年において年間延べ550万人の乗客と164万台の車両を航送している。桜島の人口規模の割にこれだけの利用があるのは、桜島のみならず、鹿児島市中心部と大隅半島中央部・南部との間を行き来する際に陸路に比べ大幅に移動距離が短く、時間を節約できるため。

桜島の噴火災害に備えて、桜島の各所にはフェリーが着岸できる場所が設けられており、災害発生時に住民の避難に利用できるよう準備が整えられている。平成5年8月豪雨の際は竜ヶ水地区に孤立した住民などの海からの救助に参加した。当時、竜ヶ水地区にはフェリーが着岸できる場所がなかったため、地元の小型漁船の協力を必要とした。

夏季は納涼観光船も運航する。また、貸し切りも可能。洋上結婚式が行われたこともある。2011年3月10日からは「よりみちクルーズ」が鹿児島→桜島間に1本運航されている。「よりみちクルーズ」は通常の航路より南に迂回し、神瀬・大正溶岩原沖の近くを通り桜島に向かう。

やぶ金のうどんと桜島(左奥)

船内には「やぶ金」といううどん屋があり、短時間で食べきらなければならない悪条件ながら、1981年の開店以来多くの利用者から親しまれている。2011年2月には、「いすに座ってゆっくりと食べたい」との声を受けて、九州新幹線全線開業直前という絶好のタイミングで鹿児島中央駅前に出店した[2]。なお「やぶ金」で売られている「天ぷら」うどんは「薩摩揚げ」入りうどんである。

年表

就航フェリー

  • 第五櫻島丸 - 1990年3月竣工、600トン、全長53m。
  • 第十三櫻島丸 - 1992年2月竣工、731トン、全長53m。
  • 第十五櫻島丸 - 1995年1月竣工、1,134トン、全長56.1m、愛称: チェリークイーン。
  • 第十六櫻島丸 - 1999年1月竣工、997トン、全長54.2m、愛称: ドルフィンライナー。
  • 第十八櫻島丸 - 2003年2月竣工、1,279トン、全長56.1m、愛称: プリンセスマリン、バリアフリー仕様。
  • 桜島丸 - 2011年2月竣工、1,330トン、全長57.1m、愛称:サクラエンジェル、バリアフリー仕様、電気推進船



  1. ^ 鹿児島市船舶事業の設置等に関する条例
  2. ^ 桜島フェリー「名物うどん」鹿児島中央駅前にオープン[リンク切れ] - 2011年3月10日付読売新聞。
  3. ^ 地方公営企業年鑑(総務省)
  4. ^ 南日本新聞』 - 2004年8月16日、22日、23日、24日
  5. ^ 敬老パス利用の場合、読み取り機にカードをかざすと積み増し金額から自動的に自己負担分の50円が差し引かれる仕組みになっている。


「桜島フェリー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

桜島フェリーに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「桜島フェリー」の関連用語

桜島フェリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ボルチモア・アルバムキルト

新潟焼山

ナポリ

ワンタッチバックル

凍結抑制舗装

北風沙織

ペトリオット

イロコ





桜島フェリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桜島フェリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS