東関東自動車道 東関東自動車道の概要

東関東自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/17 04:06 UTC 版)

高速自動車国道
(有料)

東関東自動車道

東関東自動車道
総距離 83.3km(既開通区間)
制定年 1979年
開通年 1971年 -
起点 市川市市川JCT
主な
経由都市
習志野市千葉市
四街道市佐倉市成田市
香取市潮来市鉾田市
終点 茨城町茨城町JCT
接続する
主な道路
記法
記事参照
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

概要

関東地方を東進し、千葉県と茨城県を結ぶ高速道路である。

開業当初は新空港自動車道として開業したが、新東京国際空港(現・成田国際空港)開業の翌年(1979年(昭和54年))に東関東自動車道と名称が変更された(新空港自動車道は成田JCTと成田空港付近の新空港IC間の道路名として現存する)。

開通当初の名称である新空港自動車道からも分かる通り、主な建設目的は都心から成田国際空港へのアクセスである。また、全線開通時には常磐自動車道バイパス路線となることも期待されている。[1]

宮野木JCTから京葉道路館山自動車道(東関東自動車道館山線)が、さらに千葉東JCTから千葉東金道路が分岐しており、東金・館山方面の利用もある。

湾岸市川IC-成田IC間は大都市近郊区間に指定されている。

2010年(平成22年)4月9日国土交通省潮来IC-鉾田IC間は国が運営する直轄施行方式の無料道路として整備されることを発表した。 また、潮来インターチェンジから鹿島港周辺までの延伸も計画されている。[2]

路線名・道路名

国土開発幹線自動車道建設法においては以下の2路線とされている。

路線名 起点 主たる経過地 終点
館山線 東京都 習志野市 千葉市付近 木更津市 館山市
水戸線 茨城県鹿嶋市 水戸市

高速自動車国道の路線を指定する政令においては以下の2路線とされている。

路線名 起点 重要な経過地 終点
千葉富津線 千葉市 市原市 袖ケ浦市 木更津市 君津市 富津市
水戸線 東京都練馬区 和光市 戸田市 さいたま市 川口市 草加市 八潮市 三郷市 松戸市 市川市 船橋市 習志野市 千葉市 四街道市 佐倉市 富里市
成田市 香取市 潮来市 行方市 鉾田市 茨城県東茨城郡茨城町
水戸市

東日本高速道路株式会社による事業名・道路名は以下のようになっている。

路線名 道路名 区間 備考
館山線 京葉道路 宮野木JCT - 蘇我IC 高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路
館山自動車道 蘇我IC - 富津竹岡IC
富津館山道路 富津竹岡IC - 富浦IC 高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路
水戸線 東京外環自動車道 大泉JCT - 三郷南IC
東京外かく環状道路 三郷南IC - 市川JCT(仮称) 建設中
東関東自動車道 市川JCT - 茨城町JCT 潮来IC-茨城空港北ICは計画中・建設中

以下では、東日本高速道路の営業中、事業中の路線としての東関東自動車道について記述する。

通過市町村

もともと、東関東自動車道は、法令上、「東関東自動車道鹿島線」として茨城県鹿島郡鹿島町(現、鹿嶋市)を終点とする計画であった。水戸市まで延伸する計画が決まり「東関東自動車道水戸線」に改められた現在でも、国土開発幹線自動車道建設法の別表では、「茨城県鹿島郡鹿島町」が「主たる経過地」とされている。東関東自動車道は、全線開通したとしても鹿嶋市内を通過しないが、2013年に東関東自動車道を潮来インターチェンジ(IC)から鹿島港周辺まで延伸する計画も公表された






「東関東自動車道」の続きの解説一覧





東関東自動車道と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

東関東自動車道に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東関東自動車道」の関連用語

東関東自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




東関東自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東関東自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS