東和銀行 東和銀行の概要

東和銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/31 07:39 UTC 版)

株式会社東和銀行
The Towa Bank, Ltd.
The Towa Bank.jpg
東和銀行本店(2006年12月)
種類 株式会社
市場情報 上場
本店所在地 日本の旗 日本
371-8560
群馬県前橋市本町二丁目12番6号
設立 1917年6月11日
業種 銀行業
金融機関コード 0516
SWIFTコード TOWAJPJT
代表者 代表取締役頭取 吉永國光
資本金 386億円
発行済株式総数 4億8,626万株
総資産 1兆8,833億円
従業員数 1412人
決算期 3月31日
主要株主 株式会社整理回収機構 36.44%
外部リンク http://www.towabank.co.jp/
テンプレートを表示
東和銀行のデータ
店舗数 94店(2013年3月31日)
貸出金残高 1兆2,793億円
預金残高 1兆7,341億円
テンプレートを表示
東和銀行 高坂出張所(埼玉県東松山市)

経営

群馬県・埼玉県を中心に店舗網を構築。東京都栃木県にも店舗を設置。「地域から頼られる銀行」を目指し、取引先の本業支援を行う「お客様支援活動」に取り組んでいる。

営業政策

経営強化計画(平成24年度からの3年間)により、リレーションシップバンキングの取組みをさらに深化させた、お客様支援活動を全行的・継続的に実践し、中小企業等への信用供与の円滑化や経営改善支援等の取組みを強化するとともに、現場力を発揮する体制により、地域経済の活性化と地元中小企業の持続・発展に貢献していく。

優遇サービス

給与又は年金を振込指定、もしくは公共料金の払込指定や住宅ローン契約がある場合、「カタクリのはな」総合口座の申込みにより、ATMの時間外手数料や他行ATM手数料が所定回数無料等の優遇特典がある。

キャラクター

キャラクターとして「あらいぐまラスカル」のラスカルを採用している。預金通帳キャッシュカードを始め様々な物(ノベルティグッズ、コップやティッシュペーパー)にその姿が描かれている。平成26年4月からは、「TONTONのまち前橋」のキャラクター「ころとん」を採用した「とんとん通帳」を採用。預金通帳やキャッシュカードをラスカルの描かれたデザインか「ころとん」のデザインか通常のデザインか、何れかを選択できる。

手数料

詳細は「主な手数料一覧」を参照

店舗

  • 2014年3月31日現在、本店・支店・出張所(ATMコーナーは含まず)あわせて94店舗である。
    • 群馬県38店、埼玉県42店、東京都8店、栃木県3店と埼玉県が最も店舗数が多い。
    • このほかにインターネット支店1店、及び振込専用支店2店がある。

沿革

  • 1917年6月 - 現館林市にて群馬貯蓄無尽株式会社として設立[1]
  • 1918年4月 - 本店を前橋市に移転。群馬無尽株式会社に商号変更。
  • 1942年9月 - 群馬無尽株式会社、関東無尽株式会社、上毛無尽株式会社が合併し、群馬大生無尽株式会社設立。
  • 1949年5月 - 大生無尽株式会社に商号変更。
  • 1951年9月 - 小川無尽株式会社(本店:埼玉県比企郡小川町)と合併。
  • 1951年10月 - 相互銀行に転換、株式会社大生相互銀行に商号変更。
  • 1989年2月 - 普通銀行に転換、株式会社東和銀行に商号変更。
  • 2002年1月- ATMの365日稼動開始。
  • 2006年4月- セブン銀行ATM利用提携開始。
  • 2007年5月- 吉永國光が頭取に就任。



[ヘルプ]


「東和銀行」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

東和銀行に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東和銀行」の関連用語

東和銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




東和銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東和銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS