来宮良子 来宮良子の概要

来宮良子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/27 08:57 UTC 版)

きのみや りょうこ
来宮 良子
本名 櫻井 良子
(さくらい りょうこ)
生年月日 1931年7月10日
没年月日 2013年11月25日(満82歳没)
出生地 日本の旗日本東京都
民族 日本人
身長 158cm
ジャンル 俳優声優
活動期間 1951年 - 2013年

人物・来歴

吹き替え作品の創生期より活動しており、魅力的な低音の声を特徴[2]としている。

東京家政学院短期大学中退。1951年に、東京放送劇団の4期生として入団した。翌年1952年には、NHKラジオドラマ君の名は』でナレーションを担当した。同期生には、黒沢良川久保潔などがいる。

1950年代後半から上映用『毎日ニュース』や、資生堂CMのナレーションなど多数出演し、また数々の洋画吹き替えも担当(モーリン・オハラフェイ・ダナウェイなどのクール・ビューティーな女優に多く起用された)。

吹き替えより、むしろテレビ番組などでのナレーターとしての活躍が目立っており、特に『演歌の花道』や『いつみても波瀾万丈』、一連の大映ドラマなどで聴かせたドラマティックな節回しが話題を呼び、「来宮節」とまで呼ばれて高い人気を誇った。

また、オカルト系統の番組のナレーションは、ほぼ独擅場と言っていいほどであった(『地獄先生ぬ〜べ〜』でのOPナレーションを担当したのもそこからの縁)。

2008年、第2回声優アワード「功労賞」を受賞。

2011年8月、ラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE』(TOKYO FM制作・JFN系列)の大映ドラマスペシャルに、大映ドラマの常連俳優であった伊藤かずえと共にゲスト出演。来宮節のナレーションだけでなく、伊藤の祖母役として声優業も披露した。

2013年4月以降、レギュラーで担当していたナレーション業を降板し、代役・後任が立てられるようになり、同年11月25日午後5時47分、肺疾患による多臓器不全のため死去[3]。82歳没。

2014年、第8回声優アワード「特別功労賞」を受賞[4]

後任・代役

来宮の病気療養に伴う休業・死去に伴い、持ち役・ナレーション業を受け継いだのは以下の通り。


[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』、88頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ 第二回声優アワード
  3. ^ 声優の来宮良子さん 多臓器不全で死去 デイリースポーツ 2013年12月5日
  4. ^ 第八回声優アワード 一部先行発表!”. 声優アワード. 2014年2月19日閲覧。
  5. ^ さすらいの太陽”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  6. ^ フウムーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  7. ^ アリオン”. メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。


「来宮良子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

来宮良子に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「来宮良子」の関連用語

来宮良子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

揖斐川

大石義民の碑

マルチレイアHEクリア

大沼国定公園

低空レーダ装置

下園妙見様湧水

Thomas Jefferson

バンデット・ホプロ





来宮良子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの来宮良子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS