札幌市営地下鉄 乗車料金

札幌市営地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/30 08:09 UTC 版)

乗車料金

札幌市交通局では『運賃』を『乗車料金』と称している。

大人普通乗車料金(小児半額・10円未満切り上げ)。2014年10月1日改定[8]。“電車”とは札幌市電を指す。(2) 区は各種運賃表等では2の丸囲みまたは「マル2区」と表現される。

区数 乗車料金(円) 乗継乗車料金
電車
乗継乗車料金
バス1区
乗継乗車料金
バス2区
1区 ( - 3 km) 200 290 330 360
(2) 区 ( - 5 km) 250 340 360 390
2区 ( - 7 km) 380 410
3区 ( - 11 km) 290 380 420 450
4区 ( - 15 km) 320 410 450 480
5区 ( - 19 km) 350 - 480 510
6区 ( - 21 km) 370 - 500 530

乗継割引

適用は対象路線の札幌市内相互間で、現金・SAPICAKitacaSuicaなどSAPICAに片乗り入れしているICカード乗車券も含む)で支払う(2015年3月31日までは共通ウィズユーカードでの支払いも可能だった)。共通ウィズユーカードやSAPICAについては、一部導入していないバス事業者もある。基本的に地下鉄乗車料金から60円、電車またはバス乗車料金から20円を割り引いた計80円引きとなる。乗継に時間制限は設けられていないが当日に限り有効。乗継先が0時を過ぎた場合でも、最終便まで当日の乗継とみなされる。

(2) 区のみ100円引きなのは、かつて「バスから地下鉄への乗り継ぎに限り、(2) 区は1区と同じ運賃とする(逆の場合は2区と同じ運賃)」という制度が存在していたためで、1997年(平成9年)4月1日の運賃制度改正で1区と2区の中間額となった。この制度は電車との乗継には適用されなかったため、電車との乗継運賃は (2) 区・2区とも同じである。

地下鉄から電車・バスへ乗り継ぐ場合は、地下鉄駅で購入した乗継券のみでそのまま乗り継ぎが可能。バスの乗車区間が2区や対キロ乗車料金となる場合はバス車内で差額を精算する。電車・バスから地下鉄へ乗り継ぐ場合は、通常乗車料金に120円を加えた額を払って乗継券を受け取る。地下鉄の乗車区間が1区を超えた場合は下車駅で精算する。各種ICカード乗車券を使用しての乗継は自動的に適用される。電車またはバス降車時に残額不足となった場合はICカードにチャージするか現金で差額精算となる。各バス事業者発行のカード乗車券や紙式回数乗車券との併用はできない。乗継定期乗車券は札幌市交通局の定期券販売所でのみ取り扱う。

1つのバス路線が複数の地下鉄駅を経由する場合は、原則として最も郊外側にある駅かつ郊外側に向かうバスに乗り継ぐ場合のみ適用される。1990年代後半以降に当時札幌市営バスとして運行されていた路線に対しては大幅に緩和され、札幌都心を含め地下鉄駅、バス利用方向にかかわらず適用となった。

乗継可能なバス会社

各種乗車券

各種乗車カードが使用できる改札機(新さっぽろ駅にて)

ICカード

磁気カード

乗車カード

以下のカードは、2014年5月31日をもって発売を終了し、2015年3月31日をもって利用終了となった。

  • 共通ウィズユーカード
    • 詳細は当該項目を参照。
  • 昼間割引カード(地下鉄専用)
    • 発売額:2000円(2,500円分乗車可能)
    • 利用時間:入場時刻を基準として午前10時 - 午後4時の間に使用可能。出場時は時間制限はない。
    • 自動券売機で地下鉄乗車券購入にも使えるが、購入した乗車券は昼間割引カード同様の有効時間制限がある。
一日乗車券

地下鉄のみ利用可能

  • 地下鉄専用1DAYカード(830円)
  • ドニチカキップ(520円)
    • 詳細は当該項目を参照。

過去に発売していた乗車カード

  • エコキップ(地下鉄・市電・バス、700円)
    • 2010年11月20日をもって、発売および利用を終了
    • 詳細は当該記事を参照。
  • 共通1DAYカード(地下鉄・市電・バス、1,000円)
    • 2015年3月31日をもって、発売および使用を終了[10]
    • 共通ウィズユーカード導入事業者で利用できた。バスは札幌市内特殊運賃区間のみ適用。



[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 同局の2000形は2両を1ユニットとした連接構造で、ユニット間は楕円形の広い貫通路、ユニット端は長方形の狭い貫通路が交互に連なっていた。2両編成であった1000形の両端と、4両編成用の2000形初期車ではユニットの片側は運転台となり、連結時の貫通路は狭い。
  2. ^ これは火災発生の際に隣の車両に煙が流出するのを防ぐためである
  3. ^ 現行車両では東豊線7000形のみ。南北線5000形、東西線8000形、東豊線9000形にはこの掴み棒は設置されていない。
  4. ^ ただし採用されたカラーリングは、前述のアンケートでは最下位のものであった
  5. ^ ただし、この当時まだ営業運転を行っていた東西線6000形第1編成はドア窓の大きさの関係で設置されなかった。
  6. ^ 当初設置されていなかった3000形、6000形などの旧型車両は、連結部付近の座席を削って確保していた
  7. ^ 2015年10月現在、最後に導入された2015年の東豊線9000形第9編成まで
  8. ^ 東西線6000形より導入。単音で「プー」と鳴動する。
  9. ^ 札幌市は、1970年(昭和45年)国勢調査で初めて法定人口が100万人を突破した。政令指定都市移行は1972年(昭和47年)4月1日
  10. ^ 現在の石狩市花川南付近。
  11. ^ ただし、北海道電力の電気料金再値上げと国からの節電協力要請を受け、2014年12月1日から2015年3月31日まで始発から午前8時を除き原則暖房を停止する[19]
  12. ^ 宮の沢 - 琴似間、白石 - 新さっぽろ間のみ。
  13. ^ 始発と終発時刻は通常通りだが、日中の運行間隔を通常より間引きした特別ダイヤとなっている。
  14. ^ 平成21年度第3回定例会(札幌市議会)で予算計上、質疑の中で「地権者とダイエー東札幌店の協力が得られた」と、設置に向けた準備が進められた[21]

出典

  1. ^ 札幌市交通事業の設置等に関する条例
  2. ^ 地方公営企業法第二章
  3. ^ 札幌市交通事業の設置等に関する条例
  4. ^ 札幌市交通局向け地下鉄電車を受注川崎重工業プレスリリース 2013年5月22日
  5. ^ 北海道放送『直子の教えてランド』2002年3月1日放送
  6. ^ 国土交通省北海道運輸局札幌運輸支局 平成15年度第2回交通アドバイザー会議議事概要
  7. ^ バリアフリー整備ガイドライン(車両等編)全体版 (PDF) - 国土交通省、2015年3月21日閲覧
  8. ^ 乗車料金 - 札幌市、2015年1月18日閲覧
  9. ^ ICカード乗車券:名前は「SAPICA」 2009年1月、サービス開始 /北海道 毎日新聞 2008年3月29日
  10. ^ 共通1DAYカードの発売・利用終了及び払戻しについて - 札幌市
  11. ^ 平成25年度決算の概要(高速電車) - 札幌市
  12. ^ 東西線での設置状況と今後の設置予定 (PDF)
  13. ^ ワンマン運転開始のお知らせ (PDF)
  14. ^ 札幌市交通局プレスリリース(2013年2月4日)
  15. ^ 安全報告書2013 (PDF)”. 札幌市交通局. 2014年6月2日閲覧。
  16. ^ 【白銀の祭典 札幌五輪から40年】(3)地下鉄 突貫で通す - 朝日新聞デジタル(2012年2月5日)
  17. ^ 平成21年第一部予算特別委員会-03月16日-07号における札幌市長答弁
  18. ^ 札幌市交通局等におけるSuicaのサービス開始について (PDF) - 東日本旅客鉄道
  19. ^ 札幌地下鉄:来月から地下鉄暖房停止 北電再値上げで節電 - 毎日新聞 2014年11月29日
  20. ^ docomo Wi-Fiが札幌市営地下鉄東豊線、横浜市営地下鉄グリーンラインなどでサービス開始
  21. ^ 広報さっぽろ(平成21年11月号)
  22. ^ 写真素材集(地下鉄)
  23. ^ 暖房を止めた札幌市の地下鉄、電気料金の再値上げで節電拡大
  24. ^ 車内暖房停止に関するお客様への聴取調査の実施結果について






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

札幌市営地下鉄に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「札幌市営地下鉄」の関連用語

札幌市営地下鉄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大寒桜

電離作用

コミュニティ放送

救助車

階高

悪臭防止技術

具足

オウシュウアカマツ





札幌市営地下鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの札幌市営地下鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS