有馬稲子 有馬稲子の概要

有馬稲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/10 15:40 UTC 版)

ありま いねこ
有馬 稲子
本名 中西 盛子(なかにし みつこ)
生年月日 1932年4月3日(81歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府豊能郡池田町
(現:池田市
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間 1951年 -
配偶者 中村錦之助(萬屋錦之介
1961年 - 1965年
公式サイト 有馬稲子の喜望峰
主な作品
映画
彼岸花』/『夜の鼓』
人間の条件 第一・二部』
『浪花の恋の物語』/『はだかっ子
武士道残酷物語
テレビドラマ
あすか
名古屋仏壇物語
舞台
風と共に去りぬ
奇跡の人
『はなれ瞽女おりん』

来歴・人物

父が共産主義者だったため官憲に追われ、見かねた祖母が4歳の盛子を釜山にいる父の実姉の下に連れて行く。伯母夫婦は子供がいなかったため養女となる。養母(伯母)の中西かねは1916年から1926年にかけて有馬稲子(旧字体:有馬稻子)の芸名宝塚歌劇団4期生として在団していた経歴があり、退団後は藤間流の名取りで日本舞踊を教えていた。養母から踊りを習う。釜山公立高等女学校入学。終戦後、伯母の手配で引き揚げ船に乗り下関に帰国する。当初は引き揚げ船で知り合った人物の世話になり、小倉で1ケ月滞在するも、大阪にいた盛子の実の両親が彼女の生存を知り、再会を果たす。しかし、実父の厳しい躾けと弟妹達との人間関係が上手くいかず、自殺を考える時期もあったと言う。1945年秋、大阪府立夕陽丘高等女学校編入。

1948年、友人から薦められて受けた宝塚音楽学校に入学。1949年宝塚歌劇団36期生として宝塚歌劇団入団。入団するまで養母が宝塚歌劇団にいたことは知らなかった。二代目有馬稲子を襲名。この芸名は百人一首大弐三位の「有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする」に由来する。この由来を知ってからは、古臭いと思っていた自分の名前が好きになったと言う。在団期間は短かったが、主演娘役として活躍。在団中の1951年東宝『寳塚夫人(宝塚夫人)』で映画デビュー。元々、宝塚在団中から新劇のファンであり、映画への誘いに抵抗が無かったそうである。同年7月、『せきれいの曲』で映画初主演。

1953年、自身が男役を演じた際の違和感から映画に興味が転じ、宝塚歌劇団を退団し東宝の専属女優となる。1954年には岸惠子久我美子らと共に「文芸プロダクションにんじんくらぶ」を設立。以降、岸・久我との半世紀にわたる友情は有名。自ら出演作を決めたりする活発な活動は、「ゴテネコ」とも揶揄された[1]

1955年松竹に移籍する。同様に東宝から移籍してきた岡田茉莉子と共に松竹の二枚看板として大活躍した。

1960年3月30日、ヨーロッパ旅行に出発。同5月15日、約1ヶ月半ぶりに日本に帰国。当時はまだ海外渡航自由化の前で、貴重なヨーロッパ旅行となった。

1961年公開の『もず』(渋谷実監督)について、当初は杉村春子と岡田茉莉子が母娘役での出演とされていたが、最終的には淡島千景と有馬での製作となった。これは有馬が所属していた「にんじんくらぶ」が『もず』の権利を保有していたためだという。この件は「もず事件」としてマスコミで喧伝された[2]

1961年11月27日、俳優の中村錦之助(萬屋錦之介)と挙式。披露宴の招待客は約1000人以上、用意されたウェディングケーキは高さ2メートルで当時の値段で16万円、と日本映画界を代表するトップスター同士の結婚にふさわしい、当時としては破格の豪華結婚式だった。また、2人の結婚を祝して「有馬錦」という銘柄のお酒も造られた。さらに中村の父親から900坪の土地を京都に与えられ、そこに150坪の邸宅を構えた。しかし、そこでの家事生活は過酷なもので、昼も夜も台所に立つ日々に疲れてしまい、これが離婚の一因になってしまったという。結婚から約3年7ヶ月後に離婚。1969年には実業家の河村三郎と再婚するも、1983年に離婚。なお、中村(萬屋)、河村いずれとの間にも子はなかった。

1965年、負債による「文芸プロダクションにんじんくらぶ」の解散後は、宇野重吉に私淑し劇団民藝に所属。演技を基礎から学び直したが再婚と同時に退団。その後は主に舞台テレビドラマを中心に活躍している。

自身の著書『バラと痛恨の日々』(1995年)などで、初婚前に或る映画監督と不倫関係にあったことを告白している。2010年4月、『私の履歴書』(「日本経済新聞」)でもこの不倫と堕胎について触れ、赤裸々な連載が話題となった。有馬自身は映画監督の実名を公表していないが、一部のマスコミは市川崑であると実名報道している[3][4]

2013年7月17日宝塚大劇場で開催された「宝塚音楽学校創立100周年記念式典 百年(ももとせ)の道~いま新しき未来へ~」に、八千草薫天海祐希檀れい(司会を担当)達と共に出席[5][6]

主な出演

映画

  • 寶塚夫人(宝塚夫人)(1951年)
  • せきれいの曲(1951年)
  • ひまわり娘(1953年)
  • 母と娘(1953年)
  • 都会の横顔(1953年)
  • 幸福さん(1953年)
  • 愛人(1953年)
  • 晩菊(1954年、※DVD発売) - キネマ旬報ベストテン第7位
  • わたしの凡てを(1954年)
  • 女性に関する十二章(1954年)
  • 結婚期(1954年)
  • 伊津子とその母(1954年)
  • 愛(1954年)
  • 息子の縁談(1955年)
  • 貝殻と花(1955年)
  • 東京-香港・蜜月旅行(1955年)
  • 花嫁はどこにいる(1955年)
  • 太陽は日々新たなり(1955年)
  • 川のある下町の話(1955年)
  • 泉へのみち(1955年)
  • 胸より胸に(1955年)
  • 君のうたごえ(1956年)
  • 泉(1956年)
  • 女の足あと(1956年)
  • 白い魔魚(1956年)
  • 朱と緑(1956年)
  • 晴れた日に(1956年、※DVD発売)
  • 花嫁募集中(1956年)
  • ここは静かなり(1956年)
  • 踊る摩天楼(1956年)
  • つゆのあとさき(1956年)
  • 松竹まつりスタア総動員 スタジオ超特急(1956年)
  • 松竹まつりスタア総動員 女優誕生(1956年)
  • 白磁の人(1957年)
  • 大忠臣蔵(1957年、※DVD発売)
  • 東京暮色(1957年、※DVD発売)
  • 体の中を風が吹く(1957年)
  • 娘三羽烏(1957年)
  • 黒い河(1957年)
  • 抱かれた花嫁(1957年)
  • 黒い花粉(1958年)
  • 坊っちゃん(1958年)
  • 夜の鼓(1958年) - キネマ旬報ベストテン第6位
  • ボロ家の春秋(1958年)
  • 赤い陣羽織(1958年)
  • 森と湖のまつり(1958年、※DVD発売)
  • 彼岸花(1958年、※DVD発売)- キネマ旬報ベストテン第3位
  • 風花(1959年、※DVD発売)
  • 空かける花嫁(1959年)
  • 春を待つ人々(1959年)
  • 人間の條件[7] 第一・二部(1959年、※DVD発売)- キネマ旬報ベストテン第5位
  • いたづら(1959年)
  • 危険旅行(1959年、※DVD発売)
  • 惜春鳥(1959年、※DVD発売)
  • 浪花の恋の物語(1959年、※DVD発売) - キネマ旬報ベストテン第7位
  • わが愛・「通夜の客」より(1960年)
  • 白い崖(1960年)
  • 観賞用男性(1960年)
  • 朱の花粉(1960年)
  • 波の塔(1960年、※DVD発売)
  • もず(1961年、※DVD発売)
  • ゼロの焦点(1961年、※DVD発売)
  • かあちゃんしぐのいやだ(1961年)
  • 雲がちぎれる時(1961年、※DVD発売)
  • はだかっ子(1961年、※DVD発売) - キネマ旬報ベストテン第8位
  • 充たされた生活(1962年)
  • お吟さま(1962年)
  • 酔っぱらい天国(1962年)
  • 武士道残酷物語[8] Bushido - Sie lieben und sie töten(1963年、※DVD発売) - キネマ旬報ベストテン第5位
  • 大根と人参(1965年)
  • 徳川家康(1965年)
  • 無法松の一生(1965年)
  • 告白的女優論(1971年、※DVD発売)
  • 生きてはみたけれど 小津安二郎伝(1983年)
  • いのちの海 Closed Ward(2001年)
  • 夢のまにまに(2008年、※DVD発売)

テレビドラマ

宝塚歌劇

  • 春のおどり(花組)(1950年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場
  • アラビアンナイト(花組)(1950年8月1日 - 8月30日、宝塚大劇場)
  • 春風の接吻(花・星組)(1950年12月1日 - 12月28日、宝塚大劇場)
  • ラ・ヴィオレテラ(花組)(1951年2月1日 - 2月27日、宝塚大劇場)
  • 虞美人(花組)(1951年10月2日 - 10月30日、宝塚大劇場)- 桃娘 役
  • 源氏物語/ブロードウェイ(花組)(1952年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
  • シャンソン・ド・パリ(花組)(1952年7月1日 - 7月30日、宝塚大劇場)
  • 巴里の騎士/かぐや姫(花組)(1952年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)*退団公演

舞台(宝塚歌劇以外)

ラジオ

テレビ番組

  • いちばんきれいなとき(NHK-BS2) - 有馬を含む5人の女優たちのインタビュー番組
  • 徹子の部屋 (テレビ朝日)

他、多数

CM




  1. ^ 「わたしの失敗」 p197。
  2. ^ 岡田茉利子『女優 岡田茉利子』(文藝春秋)P.194~195
  3. ^ 有馬稲子が市川崑監督との不倫、堕胎告白 - asahi.com (2010年4月22日) 2012年4月9日閲覧。
  4. ^ 不倫中絶を告白...有馬稲子が市川崑監督と - nikkansports.com (2010年4月22日) 2012年12月13日閲覧。
  5. ^ 宝塚音楽学校創立100周年記念式典 百年(ももとせ)の道~いま新しき未来へ~ - スポニチ、2013年7月18日
  6. ^ 式典詳報…すみれ寮も新築へ 90代も参加100周年祝う、天海祐希は… - 産経、2013年7月18日
  7. ^ ヴェネツィア国際映画祭サン・ジョルジョ賞、パシネッティ賞(国際映画記者賞)受賞作品。
  8. ^ 第13回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品。


「有馬稲子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

有馬稲子に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「有馬稲子」の関連用語

有馬稲子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




有馬稲子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有馬稲子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS