春秋航空 春秋航空の概要

春秋航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/04 07:17 UTC 版)

春秋航空
Spring Airlines
IATA
9C
ICAO
CQH
コールサイン
Air Spring
設立日 2004年5月26日
拠点空港 上海虹橋国際空港
上海浦東国際空港
石家荘正定国際空港
瀋陽桃仙国際空港
保有機材数 33機
就航地 47都市
本拠地 中華人民共和国の旗中国上海市
代表者 王 正華(董事長
春秋航空
各種表記
繁体字 春秋航空
簡体字 春秋航空
拼音 Chūnqīu Hángkōng
発音: チュンチュウ ハンコン
英文 Spring Airlines
テンプレートを表示
エアバスA320-200型機

沿革

就航都市

チェックインカウンター(茨城空港)

国内線

  • 上海/虹橋
  • 上海/浦東
    • 瀋陽(1日3便)、青島(1日1便)、重慶(1日2便、2便目の復路は虹橋着)、廈門(1日1便)、ハルビン(1日4便)、長春(1日2便)、大連(1日4便)、張家界(1日1便)、桂林(1日1便)、貴陽(週10便 月・水・金は2便)、綿陽(1日1便、復路は虹橋着
  • 瀋陽 発
    • 杭州(1日2便)、南京(1日1便)、廈門(週4便 火・木・土・日)、張家界(週2便 月・金)、桂林(週2便 水・土)、寧波(週4便 火・木・土・日)
  • 杭州 発
    • 大連(1日1便)、石家荘(1日1便)、張家界(週2便)、桂林(週2便)、三亜(週3便)[5]
  • 石家荘 発
    • 広州(1日1便)、大連(1日1便)、重慶(1日1便)、成都(1日1便)、杭州(1日1便)、深圳(1日1便)、廈門(1日1便)、フフホト(1日1便)、張家界(週2便 月・金)、桂林(週2便 水・土)
  • 昆明 - 常德(週5便 月・水・木・金・土)、懷化(週2便 水・土)、黔江(週2便 火・日)
  • 寧波 - 廈門(1日1便)
  • 銀川 - ウルムチ(1日1便)

国際線

  • 香港の旗 香港
    • 上海/浦東 - 香港(1日3便)
    • 瀋陽 - 石家荘 - 香港(週3便 火・木・日)
    • 杭州 - 香港(1日1便)
    • 廈門 - 香港(1日1便)
    • 重慶 - 香港(週3便 火・金・日)
    • 南京 - 香港(週4便 月・水・木・土)
  • マカオの旗 マカオ
  • 台湾の旗 台湾
    • 上海/浦東 - 高雄 (週3便 水・金・日)
  • 日本の旗 日本
    • 上海/浦東 - 大阪/関西(1日1便)[6][7][8]
    • 上海/浦東 - 茨城(週6便 月・火・木・金・土・日) [9]
    • 上海/浦東 - 高松 (定期チャーター便、週3便 火・木・日)(2014年3月30日から週4便 (火・木・金・日) に増便予定[10]
    • 上海/浦東 - 佐賀 (定期チャーター便、週3便 月・水・土)
  • タイの旗 タイ
  • カンボジアの旗 カンボジア
    • 上海/浦東 - シェムリアップ(週4便 上海発 (火・木・土・日)、シェムリアップ発 (月・水・金・日))
  • 韓国の旗 韓国

就航計画

この他、上海/浦東 - 熊本線の就航が検討されている[14]。 このほか、札幌/新千歳-上海線の計画もあるほか、関西国際空港への路線については、同社のハブの瀋陽天津武漢からの運航と言う計画もある。[15]

その後、2013年4月1日に当社は日本路線の開拓を当面の間凍結すると発表し、東南アジアなどアジアの各国に重点を変えると表明。これにより、当初 2012年 - 2013年の冬季ダイヤ中に予定していた大阪/関西線など日本路線の就航は未定となっていた [16][17]が、2014年1月15日、大阪/関西線を同年3月15日から就航すると発表された。同年4月4日には、福岡線・札幌/新千歳線への就航も明らかになった。

航空券販売

ウェブサイト、またはコールセンター(日本からの通話料は有料)で予約ができる。中国民航ネットワーク販売システムを利用しておらず、中国内各地にある民航售票処では購入できない。上海春秋国際旅行社のネットワークを利用しなくてはならない。

キャンペーン

日本各地への路線開設時には就航記念で特別格安運賃を設定しており、2010年8月の上海/浦東 - 茨城線の定期チャーター便開設時には1便あたり18席限定で、4,000円で販売され[18]、2011年7月の上海 - 高松間の定期チャーター便開設時にはが1便あたり18席限定で、3,000円で販売された[19]

2012年9月11日に日本政府による尖閣諸島の国有化後、日中関係の悪化を背景に利用客が急減しており、著しく落ち込んでいた搭乗率を挽回するため、翌10月15日、16日立て続けに上海/浦東 - 佐賀線、高松線の定期チャーター便の航空券を1円で販売するキャンペーンを打ち出した[20]。当初は12月20日まで約2ヶ月間、販売を続ける予定だったが、中国国内の反日世論が想像を遥かに上回ることもあり、外部圧力をかけられ僅か2日間の10月18日に打ち切るという結果で終了した[21]




  1. ^ びっくり仰天!飛行機も立ち乗り可能に?!格安の春秋航空が意欲―中国
  2. ^ 中国格安航空、国際線に参入 民営初、上海万博までに第1便 日本経済新聞
  3. ^ 茨城空港:上海便、7月末に就航…春秋航空と県が合意 毎日新聞 2010年6月6日付
  4. ^ 春秋航空の茨城=上海路線が定期便になります! 茨城県 2012年6月20日
  5. ^ 春秋航空、杭州と石家荘発着で7路線に就航
  6. ^ 春秋航空、3月15日から関西/上海・浦東線に就航へ FlyTeam 2014年1月15日付
  7. ^ 春秋航空、大阪/関西〜上海/浦東線に2014年3月15日就航! Traicy 2014年1月15日付
  8. ^ 関西国際空港の国際定期便運航計画について(新関西国際空港 プレスリリース)
  9. ^ 茨城-上海、就航決定 春秋航空 今後の利用促進、課題 産経新聞 2010年6月8日
  10. ^ 春秋航空、3月末から高松/上海線を週4便に増便 FlyTeam 2014年2月16日付
  11. ^ 春秋航空、6月下旬から上海・浦東/プーケット線に就航
  12. ^ 春秋航空、福岡・札幌/千歳〜上海/浦東線に就航へ! 中国民用航空局に申請! Traicy 2014年4月4日付
  13. ^ 春秋航空、上海・浦東/仁川線を就航へ 民用航空局へ申請
  14. ^ 蒲島知事:中国LCC春秋航空と交渉 熊本−上海便、誘致目指す /熊本毎日新聞
  15. ^ 春秋航空、関空線は瀋陽、天津、武漢を計画-新千歳/上海線も](トラベルビジョン 2012年12月20日付)
  16. ^ 春秋航空が日本新路線の開設を見合わせ、日中関係の現状を反映―中国 Record China(2013年4月1日)
  17. ^ 格安航空会社の春秋航空、韓国・東南アジア市場へ軸足シフト 日本不調―中国 XINHUA.JP(2013年4月15日)
  18. ^ 茨城-上海便、片道4000円=中国・春秋航空 時事通信
  19. ^ 上海線、片道最安3000円に/春秋航空会長が会見”. 四国新聞 (2011年2月11日). 2011年7月22日閲覧。
  20. ^ 「1円航空券」高松便でも発売へ 中国・春秋航空”. 朝日新聞デジタル (2012年10月16日). 2012年10月18日閲覧。
  21. ^ 春秋航空「片道1円」中止 中国で「売国奴」と批判殺到”. 朝日新聞デジタル (2012年10月18日). 2012年10月19日閲覧。
  22. ^ 中国の民営格安航空、国際線に初参入 FujiSankei Business i.
  23. ^ 春秋航空について会社概要
  24. ^ 国内LCCの低価格競争過熱 中国・春秋航空、日本参入を正式発表
  25. ^ 春秋航空日本、東京/成田〜高松・広島・佐賀線に2014年6月27日就航! ダイヤを発表! Traicy 2014年3月25日付


「春秋航空」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

春秋航空に関連した本

春秋航空に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「春秋航空」の関連用語

春秋航空のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




春秋航空のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの春秋航空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS