昇圧剤 その他の昇圧剤

昇圧剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/09 15:36 UTC 版)

その他の昇圧剤

全身麻酔など一過性の低血圧が起こる際に用いる薬物である。

ネオシネジン®

選択的α1刺激薬である。β作用がないため心疾患の患者でも扱いやすい。ネオシネジン1アンプルに1mg含まれているため生理食塩水で10mlに希釈し、1~2ml(0.1~0.2mg)使用していく。持続投与する場合は0.03~0.3γで維持するので、体重50kgの場合はネオシネジン5A(5mg)を5%ブドウ糖液100mlで希釈して、2ml/hr(0.03γ)で開始する。

エフェドリン

エフェドリン(エフェドリン®)はα、βの両作用をもつ。

バソプレッシン

近年では心停止の4つの病態、心室細動、無脈性心室頻拍、心静止、無脈性電気活動に対して第一選択として用いられるようになってきた、これはバソプレシン投与による救命率、生存退院率が共にアドレナリン投与群を有意に上回ることがわかったためである[要出典]。この場合は40U投与することになる。他にも敗血症で昇圧剤(カテコールアミン)不応例では0.03U/ml使用することがある。副作用としては脾臓、四肢末梢、心臓の臓器虚血が起こる場合がある。

参考文献

外部リンク






「昇圧剤」の続きの解説一覧





昇圧剤と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

昇圧剤に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「昇圧剤」の関連用語

昇圧剤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




昇圧剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの昇圧剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS