日経スペシャル カンブリア宮殿 ネット局

日経スペシャル カンブリア宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/20 22:38 UTC 版)

ネット局

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 木曜 22:00 - 22:54 制作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
岐阜県 岐阜放送 独立局
滋賀県 びわ湖放送
奈良県 奈良テレビ [注 6]
和歌山県 テレビ和歌山
三重県 三重テレビ 月曜 22:15 - 23:10 遅れネット
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 土曜 10:30 - 11:25 [注 7]
鳥取県島根県 日本海テレビ 水曜 15:55 - 16:53 [注 8]
愛媛県 南海放送 土曜 10:30 - 11:25
長崎県 長崎国際テレビ 日曜 2:35 - 3:30(土曜深夜)
熊本県 熊本放送 TBS系列 金曜 9:55 - 10:50
新潟県 新潟放送 土曜 16:00 - 16:54 [注 9]
石川県 北陸朝日放送 テレビ朝日系列 土曜 15:00 - 15:55[注 10] [注 11]
全国 日経CNBC CS放送 土曜 11:00 - 11:54
  • テレビ東京系列では、2015年4月から9月まで、2016年10月から21:54 - 22:00に事前枠『「カンブリア宮殿」みどころ』も別途放送。
  • 三重テレビを除く名阪地区の独立局4局については、同時ネットとはいえあくまで番販ネットであり、自主編成(県議会ダイジェスト、高校野球ハイライトなど)のために臨時非ネットまたは遅れネットとすることがある。

不定期放送局

過去のネット局

その他

  • 広島県では、2009年複数の放送局で単発放送され。2013年、2014年にも単発放送があった。県内民放全局での放送実績がある。
    • テレビ新広島 - 2009年6月6日、13日 10:45 - 11:40(スズキ会長が出演した回)
    • 広島ホームテレビ - 2009年8月29日、9月5日 12:00 - 12:55(地元広島の企業であるメガネ21専務が出演した回)
    • 広島テレビ - 2013年5月18日 9:30 - 10:30(広島県出身のフォトクリエイト社長が出演した回)
    • 中国放送 - 2013年10月5日 16:30 - 17:24 (地元広島の企業であるオタフクソース社長が出演した回)、2014年5月5日 10:00 - 10:55 (地元広島の企業であるオオアサ電子社長が出演した回)、2014年6月7日 12:00 - 12:55 (地元広島の企業であるアンデルセン (製パン)グループの社長が出演した回)
  • 宮城県でも、2009年・2011年・2017年に複数の放送局で単発放送された。県内民放全局での放送実績がある。
    • 東北放送 - テレビ東京2009年3月2日・4月6日放送分を放送。
    • 東日本放送 - テレビ東京2009年6月8日放送分を放送。
    • 仙台放送 - テレビ東京2011年8月11日放送分・2016年8月11日放送分を放送。
    • ミヤギテレビ - テレビ東京2017年3月2日放送分(気仙沼市の「気仙沼ニッティング」を取り上げた回)を放送。
  • 大分県では、2009年2月にテレビ大分で1度だけ放送された。放送された回のゲストは、当時の大分トリニータ社長(後に観光庁長官となった)。
  • 宮崎県では、テレビ宮崎で不定期に放送されることがある。
  • 高知県では、高知放送でネットしている『日経スペシャル ガイアの夜明け』がスペシャル番組などで休止の際に代わりに放送されることがある。
  • 愛媛県でも、2015年に南海放送(3月26日放送分)、あいテレビ(6月11日放送分)で単発放送された。県内企業が紹介された回。南海放送では2016年10月1日から毎週放送[注 14]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 字幕は、村上の声が黄色、小池の声が水色、その他の出演者の声が白で表示される。
  2. ^ 2012年3月1日以降は、次回予告(他の楽曲に差し替えもあり)と、番宣CM、およびガイアの夜明け放送後のスポットCMのみで使用。
  3. ^ これは『日経スペシャル』ではないが、テレビ東京では関連番組として扱っていた。
  4. ^ 第1回作品は『モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語』。ORICON STYLE:テレ東月曜10時にドラマ枠新設
  5. ^ 2011年11月17日放送分は「日本シリーズ第6戦 『中日福岡ソフトバンク』戦」の中継延長の為、22:26 - 23:20の放送。
  6. ^ 2010年4月5日ネット開始。
  7. ^ 当初は不定期放送だったが、2010年9月28日にレギュラー放送開始。2014年3月までの放送時間は火曜 0:58 - 1:58(月曜深夜)であった。
  8. ^ 以前は火曜 15:55- 16:53。
  9. ^ 当初は不定期放送。2015年7月25日から2016年1月16日までは土曜 14:00 - 14:54に放送していたが、再び不定期放送となった。同年10月15日から現在の時間でレギュラー放送を再開した。
  10. ^ 16:00まで放送する場合あり。
  11. ^ 2010年4月3日放送開始、同年9月まで土曜 12:00 - 12:55に放送していた。
  12. ^ かつては水曜 21:00 - 21:54に遅れネットしていた。その後、日曜 20:00 - 20:54に遅れネットしていた。
  13. ^ 2010年11月28日にレギュラー放送開始。それ以前も単発で放送。
  14. ^ 前者はさいさいグループ、後者はエイトワン。
  15. ^ テレビ東京でのオンエア後に突如社長を辞任したため、BSジャパンでは松浦元男(樹研工業社長)氏の分が再放送された。
  16. ^ 小池栄子は欠席。番組内では欠席の理由を「スケジュールの都合」とされた。代理としてテレビ東京アナウンサーの大江麻理子が担当。(放送当時、小池は、ライバル企業であるライオンの「ビトイーンMaxi」のCMに出演していた)
  17. ^ 番組内のVTRの中で新庄市職員の不適切発言が問題になりBSジャパンの再放送では当該部分をカットして放送。
  18. ^ a b 小池栄子は欠席。番組内では欠席の理由を「お仕事の都合」とされた。代理としてテレビ東京アナウンサーの松丸友紀が担当。小池は、ライバル企業であるコジマのイメージキャラクターを務めている。
  19. ^ 小池栄子は当時、ライバル企業であるダイハツ工業タント」のCMに出演していたが、今回は番組に出演した。
  20. ^ a b 2回に分けての放送。小池栄子は欠席。代理としてテレビ東京アナウンサーの松丸友紀が担当。2009年3月2日の放送では欠席の理由を「都合により」とされたが、2009年4月6日の放送では続編ということで欠席の理由の説明はなかった。小池はライバル企業であるダイハツ工業「タント」のCMに出演している(同じく鈴木が出演した12月21日の放送時点ではCM放映がされていない期間だった)。
    また、静岡県内企業ということで、普段ネットしていないテレビ静岡が2009年6月7日と6月14日の14:00 - 放送した。
  21. ^ a b c d 2週連続での放送。
  22. ^ a b 200回記念企画の実質的な第3弾で、孫正義特集の第1弾と第2弾。事前の孫氏への質問募集、番組収録のUstreamでの生中継が実施された。また、これにあわせて、番組公式Twitterが開設された。
  23. ^ 前回は2週連続で放送された孫正義特集の第3弾。
  24. ^ 吉本興業所属タレント・芸人もVTR出演して、大崎との逸話などを話していた。
  25. ^ 岐阜放送では岐阜県内でのライバル銀行である十六銀行とその関連会社が提供していたが、前回11月3日放送分を持って降板し、スポンサードを同時期に開始した『日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜』に移動した。

出典








固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

日経スペシャル カンブリア宮殿に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日経スペシャル カンブリア宮殿」の関連用語

日経スペシャル カンブリア宮殿のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ディスクブレーキ

竹富島の海と花のかおり

駒付け

ペレズ・テトラ

S001

秋吉台国定公園

鎖骨

びなす





日経スペシャル カンブリア宮殿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日経スペシャル カンブリア宮殿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS