日本神話 日本神話の概要

日本神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/12 01:24 UTC 版)

概要

日本神話と呼ばれる伝承はほとんどが、『古事記』、『日本書紀』および各『風土記』の記述による[1][2]。そのため高天原の神々が中心となっているが[2]、出典となる文献は限られる。

本来、日本各地には出雲を始めとして何らかの信仰や伝承があったと思われ、ヤマト王権の支配が広がるにつれていずれもが国津神(くにつかみ)または「奉ろわぬ神」と形を変えられて「高天原神話」に統合されたとされる[3]。また、後世まで中央権力の支配されなかったアイヌ琉球には独自色の強い神話が存在する。

本記事においては『古事記』『日本書紀』などで語られている「高天原神話」(記紀神話)を解説する。

神仏習合と中世神話

日本に仏教が定着すると、日本の神々も人間と同じく苦しみから逃れる事を願い、の救済を求め解脱を欲すると認識されるようになった[4]奈良時代初頭から神社において神宮寺が建立され始め、715年(霊亀元年)には越前国気比大神が、また満願禅師らによる鹿島神宮が、ほか賀茂神社伊勢神宮などで神宮寺が併設された[4]。また、宇佐八幡神のように神体菩薩形をとる神(僧形八幡神)も現れた[4]。奈良時代後半には、伊勢桑名郡の現地豪族の氏神である多度大神が、神の身を捨てて仏道の修行をしたいと託宣するなど、神宮寺建立は地方にまで広がり、若狭国若狭彦大神近江国奥津島大神など、他国の神も8世紀後半から9世紀前半にかけて、仏道に帰依する意思を示した[4]。こうして苦悩する神を救済するため、神社の傍らに神宮寺が建てられ、神前で読経がなされた。

平安時代になり、日本の神は護法善神とする神仏習合思想が生まれ、寺院の中で仏の仮の姿である神(権現)を祀る神社が営まれるようになった。

また、『太平記』などの軍記物、歌学書やその注釈、寺社縁起などで『日本書紀』によりながら内容が大きく異なる中世神話中世日本紀)が発達した。中世神話では本地垂迹説により記紀の神々が仏教の尊格と同一視されたり、あるいは対等に扱われる。記紀にはない神格やアイテムが登場したり、地方神話、民間伝承や芸能の要素の混入もみられる。記紀神話のように内容を統一する文献は編纂されなかったため、バリエーションは豊富である。中世神話は現在では国文学方面で研究されており、神話学などではあまり扱われない。

近世

近世になると、本居宣長が古事記の本格的解明を目指し『古事記伝』を著し、日本神話といえば『日本書紀』の内容が主に伝わっていたのが一変し、『古事記』の内容が主で伝えられるようになった。

また、少数ではあるが、キリシタン幕末新興宗教の教説にも独自の神話がみられる。




[ヘルプ]
  1. ^ 井上順孝 『神道』 54頁。
  2. ^ a b 上田正昭世界大百科事典』23巻、411頁。
  3. ^ 上田正昭 『世界大百科事典』23巻、411-412頁。
  4. ^ a b c d 義江彰夫 『神仏習合』(岩波書店 1996年)
  5. ^ a b 井上順孝 『神道』 56頁。
  6. ^ 戸部民夫 『日本神話』 12-16頁。
  7. ^ 井上順孝 『神道』 60-61頁。
  8. ^ 戸部民夫 『日本神話』 16-42頁。
  9. ^ 戸部民夫 『日本神話』 44-49頁。
  10. ^ 井上順孝 『神道』 62頁。
  11. ^ 井上順孝 『神道』 64頁。
  12. ^ 戸部民夫 『日本神話』 52-59頁。
  13. ^ 井上順孝 『神道』 66頁。
  14. ^ 戸部民夫 『日本神話』 64-70頁。
  15. ^ 戸部民夫 『日本神話』 71・95頁。
  16. ^ 戸部民夫 『日本神話』 110-120頁。
  17. ^ 井上順孝 『神道』 72頁。
  18. ^ 戸部民夫 『日本神話』 128・131-132頁。
  19. ^ 戸部民夫 『日本神話』 138・150頁。
  20. ^ 井上順孝 『神道』 77頁。
  21. ^ a b 井上順孝 『神道』 76頁。
  22. ^ 戸部民夫 『日本神話』 161-189頁。
  23. ^ 井上順孝 『神道』 78頁。
  24. ^ 戸部民夫 『日本神話』 192-209頁。
  25. ^ 戸部民夫 『日本神話』 214-215頁。
  26. ^ 戸部民夫 『日本神話』 215頁。
  27. ^ みすず書房 (1974)
  28. ^ 弘文堂 (1974)
  29. ^ 講談社現代新書 (1976)、講談社学術文庫(2007)
  30. ^ みすず書房 (1979.1)
  31. ^ 朝日出版社 (1980.8、新装1987.6)
  32. ^ 青土社 (1996年) - 古川のり子と共著
  33. ^ 『ヤマトタケルと大国主 比較神話学の試み3』みすず書房 (1979.1)
  34. ^ 『ヤマトタケルと大国主 比較神話学の試み3』みすず書房 (1979.1)
  35. ^ 『ヤマトタケルと大国主 比較神話学の試み3』みすず書房 (1979.1)
  36. ^ 「琉球の神話」は伊波普猷が明治37年(1904年)に『史学界』に発表した後、明治37年(1904年)に『古琉球』へ所載された。『古琉球』の第4版を出すに当たり昭和17年(1942年)改稿。『伊波普猷全集 第1巻』1974年に所収。
  37. ^ 「記紀の神話と南西諸島の伝承 六、結論」より。「記紀の神話と南西諸島の伝承」は『日本神話』1970年に所収。
  38. ^ 「日本神話と琉球神話」『日本神話と琉球』1977年。
  39. ^ 「琉球の宗教儀礼と日本神話」『日本神話と琉球』1977年。
  40. ^ Roland B. Dixon
  41. ^ 『日本神話の研究』の「我が国天地開闢神話にたいする一管見」より。『日本神話の研究』1971年
  42. ^ a b 伊藤幹治「日本神話と琉球神話」講座日本の神話編集部 『日本神話と琉球』 有精堂〈講座日本の神話〉、1977年所収。
  43. ^ 「記紀の神話と南西諸島の伝承 六、結論」より。「記紀の神話と南西諸島の伝承」は『日本神話』1970年に所収。
  44. ^ 大林太良「神話学入門」中公新書






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

日本神話に関連した本

日本神話に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本神話」の関連用語

日本神話のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

城跡

那智海水浴場

補給艦「とわだ」型

うちぬき

長谷川 加与子

Calvin Coolidge

地方自治法施行60周年記念 石川県分 1,000円銀貨幣

ワックスリネンコード





日本神話のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本神話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS