日本歯科医学教育学会 日本歯科医学教育学会の概要

日本歯科医学教育学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/03 07:17 UTC 版)

日本歯科医学教育学会
正式名称 日本歯科医学教育学会
英語名称 Japanese Dental Education Association
略称 JDEA
事務局所在地 日本
〒170-0003 
東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
財団法人口腔保健協会内
北緯35度44分8.88秒
東経139度44分47.65秒
人数 1,813名 (2011年9月30日現在)[1]
理事長 俣木志朗[1]
目的 歯科医学ならびに関連領域の教育向上、充実、発展に寄与する[2]
活動内容 学術大会の開催
『日本歯科医学教育学会雑誌』の発行
表彰等
活動領域 歯科医学教育
設立年月日 1982年8月22日[3]
上位組織 日本歯科医学会
関連組織 国際歯科医学教育学会連盟(IFDEA)
ウェブサイト http://wwwsoc.nii.ac.jp/jdea/
テンプレートを表示

概要

1982年に設立。2011年9月30日現在、会員数1,813名[1]2010年現在、理事長は俣木志朗[1]

総会

  • 年1回

本部事務局

  • 〒170-0003 豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル4F 財団法人口腔保健協会内

学会誌

  • 『日本歯科医学教育学会雑誌』年3回発刊 ISSN:0914-5133

大会等

月日 名称 会長 会場 テーマ 参加者数 備考
2009年 11月6日~7日 第28回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 高田隆 広島国際会議場 [4]
2010年 7月23日~24日 第29回日本歯科医学教育学会学術大会 三浦廣行 岩手医科大学 歯科医学教育の新たな方向性を求めて [5]
2011年 7月15日~17日 第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会および記念大会 住友雅人 日本歯科大学 日本歯科医学教育学会・・・ それぞれの想い―今日から明日へ― 635名 [6][7]
2012年 7月20日~21日 第31回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 松尾龍二 岡山コンベンションセンター ~社会に求められる歯科医学教育~ [8]

加盟団体

関連項目

外部リンク


  1. ^ a b c d 日本歯科医学教育学会”. 日本歯科医学会. 2011年12月13日閲覧。
  2. ^ 日本歯科医学教育学会会則第2条(1982年8月23日施行)
  3. ^ 学会紹介”. 日本歯科医学教育学会. 2011年12月13日閲覧。
  4. ^ 第28回日本歯科医学教育学会総会および学術大会”. 広島大学歯学部. 2010年11月23日閲覧。
  5. ^ 第29回日本歯科医学教育学会学術大会”. 岩手医科大学歯学部. 2010年11月23日閲覧。
  6. ^ 第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会および記念大会”. 日本歯科大学生命歯学部/コンベンションリンケージ. 2010年11月23日閲覧。
  7. ^ 「第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会および記念大会開催」、『ザ・クインテッセンス』第30巻第11号、クインテッセンス出版東京都文京区、2011年11月、 206頁、 ISSN 0286-407X
  8. ^ 第31回日本歯科医学教育学会総会および学術大会”. 2011年12月13日閲覧。


「日本歯科医学教育学会」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本歯科医学教育学会」の関連用語

日本歯科医学教育学会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トーマス・P・スタフォード

プロジェクト・ファイナンス

ホンシャクナゲ

大きさの異なる箱を重ねるときの包み方

91式戦車橋

辣韮矢竹

レッドオーク

メンガタクワガタ





日本歯科医学教育学会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本歯科医学教育学会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS