日本の空港 地域一覧

日本の空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/19 04:49 UTC 版)

地域一覧

北海道地方

新千歳と丘珠の両空港(飛行場)は、運航会社によりマルチエアポートとして対応がなされている。

東北地方

関東地方

東京と成田の両空港は、国際航空運送協会 (IATA) 公認のマルチエアポートとして対応がなされている。

栃木県・群馬県・埼玉県・神奈川県には空港が存在しない。

中部地方

中部と名古屋の両空港(飛行場)は IATA 公認として、富山・能登・小松の各空港(飛行場)は個々の運航会社または企業グループにより、それぞれマルチエアポートとして対応がなされている。

山梨県・岐阜県・三重県には空港が存在しない。

近畿地方

大阪・関西・神戸の関西三空港は、IATA 公認のマルチエアポートとして対応がなされている。

滋賀県・京都府・奈良県には空港が存在しない。

中国地方

広島と岩国の両空港(飛行場)は、個々の運航会社または企業グループによりマルチエアポートとして対応がなされている。

四国地方

九州地方

福岡・北九州・佐賀の各空港は、個々の運航会社または企業グループによりマルチエアポートとして対応がなされている。

沖縄地方

自衛隊・在日米軍などの飛行場

自衛隊・在日米軍が使用する、いわゆる軍用飛行場(三沢飛行場などの軍民共用の飛行場も含む)

空港名に付記した括弧内の呼称は使用者による呼称(基地名)を示す。また、括弧内の使用者略称は以下の凡例をもって示す。

北海道・東北

※航空自衛隊の代替滑走路として管理され、航空機等の配備はない。一部は別海フライトパークとして再利用される。

関東

中部・北陸

関西・中国・四国

九州・沖縄

過去に存在していた主な空港

廃港(廃止)後の跡地は、再開発・転用されたもののほか、場外離着陸場として航空機の離着陸の機能を残しているものもある。

過去に存在していた主なヘリポート

建設中の空港

2014年現在、新規建設中の空港はない。




[ヘルプ]
  1. ^ 空港法第2条
  2. ^ 航空法第2条第6項
  3. ^ 国土交通省航空局:空港の一覧
  4. ^ 空港法施行令 別表第1から別表第3
  5. ^ 空港法施行規則 附則(平成20年6月18日政令第197号)2条
  6. ^ 空港整備法及び航空法の一部を改正する法律(平成20年法律第75号)附則3条1項
  7. ^ 滑走路の本数が少なく、距離も短い。ひとつしかターミナルビルを持たない空港がほとんどである。
  8. ^ 着陸料は機体種別によるが関西国際空港が世界6位、成田国際空港は世界17位である。
  9. ^ 旧上本部飛行場跡地利用 農業、観光で地域振興 - 琉球新報(2012年10月19日付、2013年6月26日閲覧)
  10. ^ 暦年・年度別空港管理状況調書国土交通省航空局。2008年度)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の空港」の関連用語

日本の空港のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




日本の空港のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の空港 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS