忌火起草 忌火起草の概要

忌火起草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/25 09:51 UTC 版)

忌火起草
ジャンル サウンドノベルホラー
対応機種 PlayStation 3
Wii(解明編)
iOSiPhone/iPod touch/iPad
開発元 チュンソフト
発売元 セガ
iOSチュンソフト
人数 1人
メディア PS3BD-ROM
Wii:Wii用光ディスク
iOSダウンロード販売
発売日 PS32007年10月25日
Wii2008年8月7日
iOS2012年2月29日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
コンテンツ
アイコン
セクシャル・暴力・恐怖・麻薬・その他
デバイス PS3DUALSHOCK 3対応・リモートプレイ対応
Wiiクラシックコントローラ対応
売上本数 PS3:約6万8千本
Wii:約9千本
その他 対応映像出力
NTSC,480p,720p
忌火起草のみ
対応音声出力
ドルビーデジタル5.1ch
忌火起草
ドルビープロロジックIIによる擬似5.1ch忌火起草 解明編
テンプレートを表示

概要

心理描写や地の文はテキストで表示され、セリフは音声で出力されるほか、ムービー・実写映像・CGを交えた構成になっている。各キャラクターは実写で表示されるが、音声は別に声優がアテレコしている。

2008年平成20年)8月には新シナリオを追加した『忌火起草 解明編』(イマビキソウ カイメイヘン)がWiiで発売。2012年(平成24年)2月にはiOS移植版がチュンソフトより発売された。

PS3版はハイビジョン対応、Wii版はWiiリモコンのスピーカーに対応。PS3向けの『忌火起草』はドルビーデジタル5.1chに、Wii向けの『忌火起草 解明編』はドルビープロロジックIIによる擬似5.1chに対応しており、背後から声が聞こえる演出などがある。また、コントローラの振動機能にも対応(PS3はオプション)。

タイトルがチュンソフトのサウンドノベル第1作『弟切草』と似ているが、関連はなく独立した作品である。響きが似ているのはたまたまだとゼネラルプロデューサーの中村光一が、『週刊ファミ通』のインタビューに答えている。一方でシステムについては、『弟切草』の分岐システムをさらに発展させたものだとPlayStation.comのインタビューで、プロデューサーのイシイジロウは語っている[1]

主要登場人物

牧村 弘樹(まきむら ひろき)
- 林勇
本作の主人公。愛美に淡い恋心を抱いているが、中々口に出せないでいる。野草研究サークルに入った理由も愛美がいたから。
早瀬 愛美(はやせ まなみ)
声 - 本名陽子
本作のヒロイン。肩まである髪が印象的な可憐な美少女。1年前に恋人と死別しており、そのためかどことなく陰がある。
皆川 香織(みながわ かおり)
声 - 大前茜
ゴスロリファッションの少女。積極的な性格で弘樹への好意を隠していない。
渡辺 正人(わたなべ まさと)
声 - 櫛田泰道
弘樹とは最も親しい友人。大柄な体格だがやや気が弱く神経質な面がある。
中森 健吾(なかもり けんご)
声 - 杉山大
皆のトラブルメーカー。大のオカルトマニアでもある。
和泉 飛鳥(いずみ あすか)
声 - 四宮豪
冷静で理知的な性格から、皆のリーダー的存在でもある。和子とは高校時代からの付き合い。
松下 和子(まつした かずこ)
声 - 佐藤あかり
容姿端麗な美人。気が強い性格だが、飛鳥に対しては一途。
間宮 京介(まみや きょうすけ)
1年前に交通事故で亡くなった愛美の恋人。野草研究サークルのOBである。

メインスタッフ






「忌火起草」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「忌火起草」の関連用語

忌火起草のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




忌火起草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの忌火起草 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS