必殺仕事人V 登場人物

必殺仕事人V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/29 16:24 UTC 版)

登場人物

仕事人

中村主水
演 - 藤田まこと
南町奉行所の定町廻り同心。表、裏での投げやりな態度も相変わらずだが、竜、政を仲間に加え、仕事に挑む。
何でも屋の加代
演 - 鮎川いずみ
何でも屋で、仕事人の密偵。金儲けは一段とセコく、がめつくなり、誇張した守銭奴的キャラとして描写されている。一時期は首にギプスを巻いていた。
第4話以降は、殺しの衣装に着替えて出陣する。
組紐屋の竜
演 - 京本政樹
組紐屋。中性的な外見の青年。伊賀の忍 九十九一族の出身で、抜け忍となり、江戸に渡って来た。
里の忍たちが自身を狙っていることを知った際は主水たちに迷惑を掛けたくないという一心で敢えて無愛想になり、江戸を抜けようとしたが、主水たちの協力で忍者軍団と戦い、九十九一族を葬った(第12話)。
花屋の政
演 - 村上弘明
花屋。加代の借家の一階に住んでおり、加代に花屋の商売を手伝わせることがある。主水たちと組む前は竜とコンビを組み、裏の仕事を請け負っていた。
情に流されやすいが、初期は嫌味な部分もあった。曲がったことを嫌う熱血漢で、自身の身内が殺された時などは一人で暴走し、主水と対立することがあった。
西順之助
演 - ひかる一平
西洋医学所に合格するため、日々、勉学に励む受験生。許婚のお新と玉助の執拗な求愛に辟易している。加代と同じく、第4話以降は殺しの衣装に着替えて出陣する。
最終話で、西洋医学所の試験に合格し、長崎へ留学するために江戸を去る。
おりく
演 - 山田五十鈴[3][4]
仕事人の元締。今回は三味線屋を営まず、流しの三味線弾きとなっている。家も勇次と住んでいた店ではなく、荒れ寺に住んでいる。第11話を最後に、姿を消す。
映画『必殺! ブラウン館の怪物たち』で刺客の襲撃に合い、重傷を負う。京都へ旅立つ主水たちを見送り、自身は江戸に残った。

その他

中村せん
演 - 菅井きん
主水の姑。あいかわらず、婿養子の主水をいびる。
中村りつ
演 - 白木万理
主水の妻。せんとともに、婿養子の主水をいびる。
筆頭同心 田中
演 - 山内としお
南町奉行所の筆頭同心で、主水の上司。いつも主水に怒鳴っている。
中性的な喋り方だがオカマという自覚はなく、第5話で、玉助に懐かれた際はその気持ち悪さに引き気味であった。
溝呂木頼母
演 - 妹尾友信
南町奉行所の定町廻り同心。上司の田中が何か言うごとに「おっしゃる通りです」とお追従を並べる腰巾着的存在で、主水にとっては迷惑な人物。
ただし、主水を嫌っている訳ではなく、主水の意見に賛同することもある。
玉助
演 - 梅津栄
前作『必殺仕事人IV』から引き続き登場。順之助に付きまとうオカマの中年男性で、本作では神出鬼没に磨きが掛かり、様々な変装で現れるようになった。
順之助の受験合格には喜んでいたが、もう塾に来ることがないと知り、悲しんでいた。怒ると男の自我を取り戻し、怖い一面を見せる。
お新
演 - 灘陽子
順之助の両親が決めた許婚。成熟で色事に興味を持ち、毎回、順之助に迫る。
順之助の前ではお淑やかな娘を装うが、勝気な性格で、玉助が現れると取っ組み合いの痴話喧嘩となることがあった。
西順庵
演 - 溝田繁[5]
西巴
演 - 三浦徳子[6]

ゲスト

第1話「主水、脅迫される」
第2話「主水、混浴する」
第3話「加代、ゴリムリンを売る」
第4話「主水 家をしめ出される」
第5話「主水、奉行所の人員整理にあわてる」
第6話「りつ、減量する」
第7話「主水、生体解剖に腰を抜かす」
第8話「加代、モグラ男夫婦にあてつけられる」
第9話「主水、キン肉オトコに会う」
第10話「主水 ヘソクリを盗まれる」
第11話「主水、送別会費を全額盗まれる」
第12話「組紐屋の竜 忍者と闘う」
第13話「主水、ヒヒ退治する」
第14話「主水、上役の田中と出張する」
第15話「主水、いじめられっ子になる」
第16話「主水、入院する」
第17話「加代 子守唄を歌う」
第18話「花屋の政 ワル仕事人と闘う」
第19話「加代、天才男と商売する」
第20話「主水、田植えする」
  • 弥平 - 大場順
  • 仙次 - 増田再起
  • 正太 - 池田直人
  • 松五郎 - 五味龍太郎
  • おみち - 桐山まゆみ
  • 花吉 - ホープ豊
第21話「組紐屋の竜 右足を傷める」
  • ちよ美 - 仁和令子
  • 一文字屋 - 高木二朗
  • 天堂 - 原田高司
  • 音松 - 大橋壮多
  • 駒吉- 中嶋俊一
  • 泉州屋- 岡村嘉隆
第22話「主水、イッキ飲みする」
第23話「加代、五千両の金塊を拾う」
第24話「花屋の政 雷雨の中で闘う」
第25話「主水、源氏と平家に泣かされる」
第26話「主水、下町の玉三郎と出会う」



  1. ^ 次作『必殺仕事人V・激闘編』以降の主水シリーズでは、鍛冶屋の政。
  2. ^ ただし、劇中では梅富と呼ばれた描写は無い。
  3. ^ 第1 - 3、9、11話
  4. ^ クレジットは「起こし」(かつてのロート製薬のオープニングキャッチと同じ形)
  5. ^ 第1、16話
  6. ^ 第1、2話
  7. ^ 野際は政の養母でもある仕事人役。後にスペシャル『必殺仕事人2007』『同2009』で、レギュラー出演を果たす。
  8. ^ 斉藤と萬田は劇場映画第1作『必殺! THE HISSATSU』の石亀とその妻 お娟役。2人は次作『必殺橋掛人』に夫婦役で、レギュラー出演する。
  9. ^ 塩沢は後に劇場映画『必殺! ブラウン館の怪物たち』にゲスト出演。
  10. ^ 賀来は政の元恋人である被害者役。当時、村上と賀来は交際が噂されていた。のちに『必殺仕事人2009』第2話に被害者の母親役でゲスト出演する。
  11. ^ 第6話他
  12. ^ 第7、25話
  13. ^ 第16話を除く。
  14. ^ 藤田まことの実娘。現在[いつ?]ゴスペルシンガー・EMIKOとして活動中
  15. ^ さよならさざんか”. @ ELISE(アットエリーゼ). 2016年1月19日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「必殺仕事人V」の関連用語

必殺仕事人Vのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ナンジャ

ウラベニガサ

ニリンソウ

土田 正光

LG55HE

広島ラーメン

めんつけ

三棚





必殺仕事人Vのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの必殺仕事人V (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS