徳倉建設 徳倉建設の概要

徳倉建設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 16:35 UTC 版)

徳倉建設株式会社
TOKURA CORPORATION
Tokura Construction Headquarter 20150426.JPG
徳倉建設本社(2015年4月)
種類 株式会社
市場情報
名証2部 1892
1962年5月上場
本社所在地 日本の旗 日本
460-8615
愛知県名古屋市中区錦三丁目13番5号
北緯35度10分17.1秒
東経136度54分17.6秒
座標: 北緯35度10分17.1秒 東経136度54分17.6秒
設立 1947年昭和22年)4月21日
(宝土建株式会社)
業種 建設業
事業内容 ゼネコン
代表者 代表取締役社長 徳倉正晴
資本金 23億6,803万円[1]
発行済株式総数 2,207万2,850株[1]
売上高 単体 296億21百万円
連結 441億74百万円
(2016年3月期)[1]
純資産 単体 41億92百万円
連結 75億01百万円
(2016年3月期)[1]
総資産 単体 200億94百万円
連結 279億89百万円
(2016年3月期)[1]
従業員数 単体 316名、連結 578名
(2016年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 三徳物産株式会社 5.65%
株式会社三菱東京UFJ銀行 4.57%
日本生命保険相互会社 3.58%
(2016年3月31日現在)[1]
外部リンク http://www.tokura.co.jp/
テンプレートを表示

沿革

  • 1947年昭和22年)4月21日 - 「宝土建株式会社」として設立[1]
  • 1949年(昭和24年)2月 - 「徳倉建設株式会社」に商号を変更[1]
  • 1962年(昭和37年)5月 - 名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場[1]
  • 2006年平成18年)3月 - 坂田建設株式会社および同社の子会社である株式会社エス・アール・シーを連結子会社[1]
  • 2017年(平成29年)4月5日 - 九州建設株式会社を連結子会社化(予定)[2]

事業所

支店

  • 東京支店、大阪支店、三河支店、九州支店、東北支店

事業所

  • 千葉、横浜、浜松、北信越、岐阜、岡崎、豊田、新城、半田、三重、岡山、熊本、北九州

センター

  • 半田工事センター(本店土木工事部)、名古屋工事センター、岡崎工事センター、半田工事センター

海外事務所

関連会社

連結子会社[1]
  • 坂田建設株式会社
  • 中央地所株式会社
  • セントラル工材株式会社
  • 三徳物産株式会社
  • リテック徳倉株式会社
  • 中央管理株式会社
  • 株式会社エス・アール・シー
  • TOKURA (THAILAND) CO.,LTD.
持分法適用関連会社[1]
  • TOKURA DO BRAZIL CONSTRUTORA LTDA.
  • PT.INDOTOKURA
  • 東京中央管理株式会社

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 有価証券報告書-第71期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)”. EDINET. 2017年2月24日閲覧。
  2. ^ 徳倉建設:九州建設を子会社化へ”. 毎日新聞 (2017年2月24日). 2017年2月24日閲覧。


「徳倉建設」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「徳倉建設」の関連用語

徳倉建設のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

緑米

ゆり

リフレックス

フサオネズミカンガルー

コリドラス・アエネウス

谷水

ウェルシュ

海苔





徳倉建設のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳倉建設 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS