後期高齢者医療制度 保険者

後期高齢者医療制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/01 03:35 UTC 版)

後期高齢者医療制度(こうきこうれいしゃいりょうせいど)とは、日本国内に住む75歳以上の後期高齢者[1]全員と、前期高齢者(65~74歳)で障害のある者を対象とする、他の医療保険とは独立した日本の医療保険制度。根拠法は2008年施行の高齢者の医療の確保に関する法律[2]


[ヘルプ]
  1. ^ 老年医学では、64歳以下を現役世代、65歳以上を高齢者と定義し、その中で65~74歳を前期高齢者、75歳以上を後期高齢者、85歳以上から超高齢者とする。
  2. ^ a b c d e f g 厚生労働白書 2011, pp. 75-77.
  3. ^ 平成22年度 国民医療費の概況 (Report). 厚生労働省. (2010-09-27). http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/10/index.html. 
  4. ^ a b “後期高齢者医療事業状況報告” (プレスリリース), 厚生労働省, (2013年6月), http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/seido/kouki_houkoku.html 
  5. ^ 統計表 第1表 都道府県別被保険者の状況(EXCELファイル”. 厚生労働省 (2013年4月17日). 2013年11月3日閲覧。
  6. ^ 厚生労働省では「『高齢者の医療の確保に関する法律』では、『年齢計算ニ関スル法律』は適用していない」と説明している。高齢者医療制度に関するQ&A 追加I(問58)
  7. ^ 前述のQ&Aを解釈すれば、誕生日の前日(2月28日)は資格取得日とはならないことになる。
  8. ^ a b c “長寿医療制度”が始まりました(厚生労働省 公式ウェブサイト)
  9. ^ a b 平成 24 年度健保組合決算見込の概要 (Report). 健康保険組合連合会. (2013-09-13). http://www.kenporen.com/include/press/2013/2013091302.pdf. 
  10. ^ a b 健康保険組合「解散」が最良の選択か? (Report). 大和総研. (2008年10月9日). http://www.dir.co.jp/consulting/insight/personnel/081009.html. 
  11. ^ “西濃運輸の健保組合、解散 高齢者医療改革で負担増”. 共同. (2008年8月21日). http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008082101000303.html 
  12. ^ “名古屋市健保が12月解散へ 全国14組合が共済へ移行”. 共同. (2008年9月17日). http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091701000388.html 
  13. ^ “京樽健保組合が解散 高齢者医療費の負担倍増で”. 共同. (2008年9月9日). http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090901000240.html 
  14. ^ a b “高齢者医療の円滑な運営のための負担の軽減等について” (プレスリリース), 厚生労働省, (2008年6月2日), http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/info02d-9.html 
  15. ^ a b c d e 後期高齢者に係る診療報酬について(参考資料) (Report). 中央社会保険医療協議会 診療報酬基本問題小委員会(第153回). (2009-12-04). http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/12/s1204-7.html. 
  16. ^ 第169回国会 衆議院 決算委員会 第5号 平成20年(2008年)4月28日(議事録
  17. ^ a b c d 第169回国会 衆議院 厚生労働委員会 第4号 平成20年(2008年)4月4日(議事録
  18. ^ 厚生労働白書 2011, pp. 52-53.
  19. ^ a b c d 厚生労働白書 2011, pp. 56-59.
  20. ^ 厚生労働白書 2011, Chapt.2.2.3.
  21. ^ a b c d 第146回国会 衆議院 厚生委員会 第2号 平成11年(1999年)11月9日(議事録
  22. ^ 高齢者医療制度に関する検討会 資料5 pp71”. 厚生労働省 (2009年3月11日). 2014年1月20日閲覧。
  23. ^ a b “社会保障と税の一体改革に向けた持続性ある高齢者医療制度の確立について” (プレスリリース), 健康保険組合連合会, (2011年3月25日), http://www.kenporen.com/massmedia/kihon_koso/pdf/20110325.pdf 
  24. ^ a b “高齢者医療改革で折衷案 独立保険と構造調整方式で”. 共同. (2003年3月11日). http://www.47news.jp/CN/200303/CN2003031101000406.html 
  25. ^ 第164回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 第1号 平成18年2月28日(議事録
  26. ^ 第164回国会 衆議院 厚生労働委員会 第4号 平成18年(2006年)2月24日(議事録
  27. ^ a b 第164回国会 参議院 本会議 第26号 平成18年(2006年)5月22日(議事録
  28. ^ a b 第169回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号 平成20年(2008年)4月17日(議事録
  29. ^ 健康保険法等の一部を改正する法律
  30. ^ 健康保険法等の一部を改正する法律について(PDF) 厚生労働省
  31. ^ 第169回国会 衆議院 予算委員会 第14号 平成20年2月26日(議事録
  32. ^ a b 第168回国会 本会議 第9号 平成19年(2007年)11月26日(議事録
  33. ^ 厚生労働省 長寿医療制度に関するQ&A
  34. ^ a b c d e f g h i 第169回国会 参議院 予算委員会 第8号 平成20年(2008年)3月14日(議事録
  35. ^ 民主党の山田正彦は国会で後期高齢者の中における認知症の割合は6.7%に過ぎず、他の世代と比べ認知症が比較的多いというのは間違いであると指摘した。
  36. ^ 第154回国会 衆議院 厚生労働委員会 第11号 平成14(2002年)年4月26日(議事録
  37. ^ 第169回国会 衆議院 本会議 第18号 平成20年(2008年)4月8日(議事録
  38. ^ “廃止法案が参院通過 後期高齢者医療制度”. 共同. (2008年6月6日). http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008060601000296.html 
  39. ^ “後期高齢者医療制度の廃止等及び医療に係る高齢者の負担の軽減等のために緊急に講ずべき措置に関する法律案 (参法169)” (プレスリリース), 参議院, (2008年5月23日), http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/169/meisai/m16907169017.htm }
  40. ^ a b (プレスリリース), 民主党, (2009年), http://www.dpj.or.jp/article/manifesto2009 
  41. ^ 廃止のはずの「後期高齢者」当面維持…長妻厚労相 (読売新聞)
  42. ^ “またマニフェスト棚上げ 「後期高齢者医療」廃止せず、名称変え微修正 ”. 産経新聞. (2012年5月16日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120516/plc12051608210007-n1.htm 
  43. ^ “一体改革の修正協議、民自公3党が最終合意”. 日テレNEWS24 . (2012年6月16日). http://www.news24.jp/articles/2012/06/16/04207693.html 
  44. ^ 議案審議情報(参議院)
  45. ^ 第164回国会 衆議院 厚生労働委員会 第22号 平成18年(2006年)5月17日(議事録
  46. ^ 第164回国会 衆議院 本会議 第31号. 5月18日(議事録
  47. ^ 第164回国会 参議院 本会議 第33号 平成18年(2006年)6月14日(議事録
  48. ^ a b c 第169回国会 参議院 厚生労働委員会 第14号 平成20年(2008年)6月3日(議事録
  49. ^ 後期高齢者医療:「7割は負担減」 厚労省調査毎日JP 2008年6月3日23時25分)
  50. ^ 低所得層ほど負担増 後期高齢者医療制度で実態調査MSN産経ニュース)2008年6月4日 19:50閲覧
  51. ^ 新高齢者医療 低所得者の負担増、高所得者は負担減asahi.com 2008年6月4日23時2分)
  52. ^ 低所得者、実は負担増…後期高齢者医療制度YOMIURI ONLINE 2008年6月7日)
  53. ^ 後期高齢者医療、保険料軽減世帯75%に 官房長官NIKKEI NET 2008年6月5日)
  54. ^ 後期高齢者医療制度は“破綻救済”が目的大和総研/コラム)2008年5月29日
  55. ^ 社説ウオッチング:後期高齢者医療制度 失政認め再議論を(『毎日新聞』 2008年5月25日付 東京朝刊)
  56. ^ 辻広雅文プリズム+ONE【第24回】 後期高齢者医療制度が「現代の姥捨て山」と批判される本当の理由(DIAMOND ONLINE 2008年04月16日)
  57. ^ 日本経済新聞 2010年12月14日
  58. ^ “【健保連】泣く子と地頭には勝てない‐政管健保の肩代わり「750億円」の拠出を決定”. 薬事日報. (2007年12月17日). http://www.yakuji.co.jp/entry5296.html 
  59. ^ “国民健康保険の安定を求めて(平成24年11月)” (プレスリリース), 国民健康保険中央会, (2012年12月1日), http://www.kokuho.or.jp/insistence/argument.html 
  60. ^ “後期高齢者医療制度について日本医師会の考え方” (プレスリリース), 社団法人 日本医師会, (2007年2月22日), http://www.med.or.jp/nichikara/koukikourei.pdf 
  61. ^ “差別医療を拡大し、高齢者の人権を侵害する後期高齢者医療制度” (プレスリリース), 全国保険医団体連合会, (2007年), http://hodanren.doc-net.or.jp/sonota/0706214kourei.pdf 
  62. ^ “後期高齢者医療制度すぐ廃止を”. 民医連新聞. (2010年4月19日). http://www.min-iren.gr.jp/syuppan/shinbun/2010/1474/1474-01.html 
  63. ^ 後期高齢者医療制度−−医師のサボタージュが続発、神通力失った診療報酬誘導」、『東洋経済』2008年8月6日
  64. ^ 姥捨て山か 75歳以上医療制度 列島中で「やめよ」(『しんぶん赤旗』 2007年12月25日)
  65. ^ 【塩爺のよく聞いてください】元財務相・塩川正十郎 2008.4.17 03:07(MNS産経ニュース)
  66. ^ 『産経新聞』2008年5月19日付
  67. ^ 堀内光雄公式ウェブサイト
  68. ^ 後期高齢者制度は廃止に 中曽根元首相が苦言『西日本新聞』 2008年5月23日 13:30 )
  69. ^ “民主党政策集INDEX2009” (プレスリリース), 民主党, (2009年), http://www1.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html 
  70. ^ 第169回国会 衆議院 本会議 第3号 平成20年(2008年)1月22日(議事録
  71. ^ 延命治療抑制が目的 厚労省担当者 後期高齢者医療を解説(『しんぶん赤旗』 2008年3月21日付)
  72. ^ 第169回国会 参議院 厚生労働委員会 第8回 平成20年(2008年)4月24日(議事録
  73. ^ 第169回国会 衆議院 予算委員会 第2号 平成20年(2007年)1月28日(議事録


「後期高齢者医療制度」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「後期高齢者医療制度」の関連用語

後期高齢者医療制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




後期高齢者医療制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後期高齢者医療制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS