幕別町 幕別町の概要

幕別町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/24 14:08 UTC 版)

まくべつちょう
幕別町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 十勝総合振興局
中川郡
団体コード 01643-8
面積 477.68 km²
総人口 27,667
住民基本台帳人口、2014年6月30日)
人口密度 57.9人/km²
隣接自治体 帯広市音更町池田町
豊頃町大樹町更別村
町の木 カシワ
町の花 シバザクラ
スズラン
町の鳥 オオハクチョウ
幕別町役場
町長 岡田和夫
所在地 089-0692
北海道中川郡幕別町本町130番地
Makubetsu town hall.JPG
外部リンク 幕別町 公式サイト (日本語)

日本地域区画地図補助 01630.svg

幕別町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
町内風景
忠類ナウマン象記念館

町名の由来は、アイヌ語の「マクンベツ」(山ぎわを流れる川)から。

パークゴルフ発祥の地。

地理

十勝総合振興局のほぼ中央に位置、帯広市東部に隣接。町北部に十勝川が流れ、流域は平野となっている。その他の地域は丘陵地帯。町内の標高の最も高い地点は豊頃町との境界にある山の331mだが、町の中央部の大部分は標高60mから130m程度の上が真っ平らな台地である。これは十勝川の古い時代の河岸段丘であるとされている。東側の幕別本町が役場の所在地であり、古くからの町の中心地であったが、西側の札内地区は帯広市に隣接するため1975年昭和50年)頃からベッドタウンとして住宅地が急増し始め、現在では札内地区の方が人口が多くなっている。町の人口の大部分はこの北端部の両地区と忠類地区中心部に集中しており、それ以外の地域はほとんどが森林か牧場、畑になっていて過疎化も進みつつある。

気候

幕別町
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
45
 
-3
-18
 
 
31
 
-2
-18
 
 
49
 
3
-10
 
 
71
 
10
-2
 
 
86
 
17
3
 
 
92
 
19
9
 
 
94
 
22
13
 
 
164
 
24
15
 
 
163
 
20
10
 
 
103
 
15
2
 
 
71
 
7
-4
 
 
46
 
1
-13
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

幕別町糠内地区にあるアメダスによると、年間平均気温は4.9℃、1月の平均気温は-10.5℃、8月の平均気温は18.9℃である。冬季の冷え込みは非常に厳しく、-30度前後まで下がる。

隣接している自治体

人口

Demography01643.svg
幕別町と全国の年齢別人口分布(2005年) 幕別町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 幕別町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
幕別町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 20,994人
1975年 20,859人
1980年 22,390人
1985年 23,497人
1990年 23,408人
1995年 24,240人
2000年 26,080人
2005年 26,868人
2010年 26,542人
総務省統計局 国勢調査より

歴史

  • 1882年明治15年) - 細谷十太夫が和人として初めて幕別に入る。
  • 1897年明治30年) - 猿別市街に幕別外6カ村戸長役場設置。
  • 1900年明治33年) - 依田勉三が途別地区で水田の試作に成功する。
  • 1906年明治39年) - 幕別村、止若(やむわっか)村、咾別(いかんべつ)村、白人(ちろっと)村、別奴(べっちゃろ)村の5村が合併、二級町村・幕別村となる。
  • 1919年大正8年) - 一級町村・幕別村となる。
  • 1926年大正15年) - 大正村(現:帯広市)へ、幕別村、別奴村の2大字の一部を分割。
  • 1944年昭和19年) - 村内の5大字を行政字に再編。
    • 幕別村 → 止若、明野、猿別、軍岡、南勢、新和、五位、糠内、中里、駒畠、弘和、勢雄、美川、明倫、豊岡
    • 止若村 → 止若、明野、猿別、軍岡
    • 咾別村 → 相川
    • 白人村 → 栄、日新、千住、相川、豊岡、古舞
    • 別奴村 → 栄、日新、千住、途別、札内、依田、勢雄、美川、明倫、古舞
  • 1946年昭和21年) - 町に移行、幕別町となる。
  • 1947年昭和22年) - 池田町の一部編入。
  • 1948年昭和23年) - 更別村(勢雄の全部と弘和の一部)、大正村(現:帯広市)へ一部分割。
  • 1957年昭和32年) - 字・軍岡の一部が字・大豊となる。
  • 1966年昭和41年) - 字・止若を本町、幸町、錦町、寿町、南町、宝町、旭町、緑町、新町の各町に再編。
  • 1969年昭和44年) - 旧忠類村内でナウマンゾウの化石が発見される。
  • 1983年昭和58年) - パークゴルフが考案される。
  • 2006年平成18年)2月6日 - 忠類村を編入合併。



  1. ^ "ライバルストーリー 年女二人 高みへ疾走" 2012年3月7日付朝日新聞朝刊(大阪本社13版)16面


「幕別町」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「幕別町」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

幕別町のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




幕別町のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幕別町 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS