常紋トンネル 常紋トンネルの概要

常紋トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/20 07:33 UTC 版)

常紋トンネル
Jōmon tunnel02.JPG
常紋トンネル 生田原方
概要
路線 北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線
位置 常紋峠(遠軽町 • 北見市
座標 北緯43度50分23.4秒
東経143度32分43.4秒
座標: 北緯43度50分23.4秒 東経143度32分43.4秒
現況 運用中
系統 常紋信号場
駅数 0
運用
開通 1914年(大正3年)
管理 北海道旅客鉄道
通行対象 鉄道
技術情報
全長 507 m
線路長 507 m
軌道数 単線
軌間 狭軌
電化の有無 非電化
最低部 347 m

概要

同じ石北本線の石北トンネル(北見峠)同様、人家の全くないこの区間は同線の難所の一つであり、標高約347 m、全長507 mのトンネルを掘るのに3年を要し1914年(大正3年)に開通した。同年には標準軌複線大阪電気軌道(現・近畿日本鉄道奈良線生駒トンネル(3,388 m)が33か月の工期で完成しており、10年以上前の1902年(明治35年)には既に中央本線笹子トンネル(4,656 m)が71か月の工期を要しながらも完成している。これらに比べ本トンネルは工期が長く、日本政府による開拓・道路整備等が十分でなかった当時の常紋峠における難工事ぶりが偲ばれる。

建設とタコ部屋労働

殉職者追悼碑

本トンネルは凄惨過酷なタコ部屋労働で建設されたことでも有名である。施工当時、重労働と栄養不足による脚気から労働者は次々と倒れ、倒れた労働者は治療されることもなく体罰を受け、死ねば現場近くに埋められたという。山菜取りに来た近隣の住民が、人間の手や足の骨を拾ったという話もある[1]

1968年(昭和43年)の十勝沖地震で壁面が損傷し、1970年(昭和45年)にその改修工事が行われた。常紋駅口から3つ目の待避所の拡張工事の際、レンガ壁から60センチメートルほど奥の玉砂利の中から、頭部に損傷のある人骨が発見された。ある保線区員は「みんなが『人柱』だといってました」「ほかにも埋まってる可能性があると思います」と語っている[2]

1980年(昭和55年)、当時の留辺蘂町(現在は広域合併により北見市に編入)によって金華駅西方の高台(金華小学校跡地)に「常紋トンネル工事殉難者追悼碑」が建てられた。

蒸気機関車撮影の名所

急勾配の地に作られた常紋信号場および隣接する本トンネルは、かつてはD51重連撮影・生録音の名所として鉄道ファンの間で知られていた(当時、撮影に訪れる鉄道ファンの便宜を図って、付近に定住者のいない常紋信号場で客扱いが行われた(仮乗降場も参照))。


[ヘルプ]
  1. ^ 小池 1973, p. 267.
  2. ^ 小池 1973, p. 270.


「常紋トンネル」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

常紋トンネルに関連した本

常紋トンネルに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「常紋トンネル」の関連用語

常紋トンネルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

世界のロケット打ち上げ射場

W62SH

ウォーキング

内面研削

重装輪回収車

グランドマジェスティ250

ハイブリッド舗装

新さくら丸





常紋トンネルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの常紋トンネル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS