帝拳プロモーション 帝拳プロモーションの概要

帝拳プロモーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/08 03:54 UTC 版)

帝拳株式会社
TEIKEN Co. Ltd.,
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 帝拳
本社所在地 日本の旗 日本
114-0005
東京都北区栄町43-9
設立 1946年8月
業種 サービス業
事業内容 ボクシングジムの運営
代表者 代表取締役 本田明彦
関係する人物 本田明(創業者)
外部リンク http://www.teiken.com/
特記事項:帝拳ボクシングジム:東京都新宿区神楽坂2-10 カグラヒルズ5F
テンプレートを表示

沿革

大阪帝拳ジム。ただし現在は移転。

1926年7月、渡辺勇次郎率いる日本拳闘倶楽部と袂を分かった荻野貞行新橋駅近くに「帝国拳闘会拳道社」として設立。実業家だった荻野の父の紹介により後に日本ボクシングコミッション(JBC)初代コミッショナーとなる田邊宗英が初代会長に就任し、師範に荻野、助師範に佐藤東洋、滝沢吉助、吉本武雄、マネージャーとして本田明が参加した[1][2]。現存する国内ボクシングジムでは東京拳闘会に次いで2番目に古い。田邊会長が後楽園スタヂアム(現・東京ドーム)の取締役になるとともに本田マネージャーが2代目会長に就任し、戦後の1946年に「帝拳株式会社」として法人化、ジム名を「王子拳道会」とした後、1954年より現ジム名。王子拳道会時代には日本初の世界王者になる前の白井義男も所属していた。

1965年7月3日に本田明が死去し、先代会長の次男で立教高校3年であった、当時17歳の本田明彦が新会長就任。現在実質的にジム内を切り盛りするマネージャーは長野ハル。元世界王者の小林弘(中村ジムOB)も以前は帝拳でトレーナーをしていた。後にキックボクシング生みの親となる野口修がプロモーター修行していた時期もある。本田の立教の同窓であるベストセラーズ社長岩瀬順三も物心両面で絶大な支援をしていた(浜田剛史ら一部所属選手もベストセラーズに勤務していた)。

なお以前のジムは、東京の北区王子や新宿区の早稲田四谷に在った。現在の練習場は、1998年6月1日にオープンしたものである。また、大阪帝拳もかつては、大阪市都島区京橋に在った。

2007年3月18日に、本田会長がプロモート業に専念するため浜田剛史が、新設の代表に就任した。

2009年3月チャンピオン・カーニバルでのミニマム級日本王座決定戦で所属選手辻昌建がKO負けにより死亡というリング禍が発生。その直後2週間ほど喪に服し休業。その後、一時期はウェブサイトを閉鎖し、新規練習生の受け入れを中止した。

影響

帝拳が2013年4月までに輩出した世界王者は9名、日本のジムでは協栄の12名に次ぐ数字である。大阪帝拳からも3名輩出。

日本テレビ電通とのタイアップで全盛期のマイク・タイソンを2度招聘し、東京ドームWBAWBC統一世界ヘビー級タイトルマッチを開催。このうち、1990年のジェームス・ダグラス戦ではジミー・レノン・ジュニアリングアナウンサーに起用。レノンにとっては初の大舞台であった。この後、レノンは次第にビッグマッチを手がけるようになり、2013年には国際ボクシング名誉の殿堂博物館に殿堂入りしたが[3]西岡利晃の日本国内外での7度の防衛戦のうち5度リングアナウンサーを務めるなど、帝拳主催の興行には度々登場している[4]

近年では新井田豊長谷川穂積名城信男内山高志の世界戦に関わっている。

また、ロンドンオリンピック金メダリスト村田諒太は2014年9月より所属となったが、三迫所属としてプロ転向した当初よりサポートしている。

日テレとタイアップして「ダイナミックグローブ」、WOWOWとタイアップして「エキサイトマッチ〜世界プロボクシング」といった興行や海外プロボクシング番組をプロデュースし、リカルド・ロペスフリオ・セサール・チャベスロイ・ジョーンズ・ジュニアオスカー・デ・ラ・ホーヤフェリックス・トリニダードマニー・パッキャオといった世界的なスーパースターによるスーパーファイトを日本のプロボクシングファンに提供してきた。しかし、テレビ東京及び花形ジムが幹事たる神奈川拳志会加盟ジムやワタナベジム等とタイアップする場合も年に数回ある。また、フジテレビ及び三迫・大橋ジムとのタイアップとして「ダイヤモンドグローブスペシャル」の放送再開にも協力している。

一時期、アメリカで人気の総合格闘技UFCの放映権ビジネスにも関わり、WOWOW、日テレG+での放送に関係していた(現在WOWOWでのUFC放送は帝拳を介していない)。

一方、大阪帝拳は読売テレビとタイアップして「ドラマチックボクシング」を放送したが、ytvが放送を打ち切ったため、朝日放送系CSチャンネルスカイ・A sports+に移され、休止期間を経て現在はノーテレビ。


  1. ^ 佐藤彰雄/スポーツEYE/久々に見たい敏腕プロモーターの仕掛け
  2. ^ JBC誕生への道のり・スター誕生! BOXING MASTER 2009年11月5日
  3. ^ Mitch Abramson (2013年1月13日). “Jimmy Lennon Jr. Finally Gets His Day in The Sun” (英語). BoxingScene.com. 2013年2月21日閲覧。
  4. ^ 山中、「米国仕様MC」で米進出デモ!…WBC世界バンタム級戦”. スポーツ報知 (2012年11月3日). 2013年2月21日閲覧。


「帝拳プロモーション」の続きの解説一覧





固有名詞の分類

新宿区の企業 悠々社  エーステレビ  帝拳プロモーション  システム・ランド  パンローリング
大阪市の企業 東洋テック  阪急レールウェイサービス  帝拳プロモーション  だいこう証券ビジネス  深田サルベージ建設
福岡市の企業 RKBミューズ  アプライド  帝拳プロモーション  西鉄イン  昭和鉄工
東京都の企業 久美堂  タマ・プロダクション  帝拳プロモーション  マーブリング・ファインアーツ  セレモアつくば
東京都区部のスポーツ施設 台東リバーサイドスポーツセンター  墨田区総合体育館  帝拳プロモーション  大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森第一球技場  東京スイミングセンター
大阪市のスポーツ施設 舞洲アリーナ  舞洲ベースボールスタジアム  帝拳プロモーション  住之江競艇場  大阪球場
福岡市のスポーツ施設 福岡市雁の巣レクリエーションセンター野球場  福岡競輪場  帝拳プロモーション  平和台野球場  福岡競艇場
青森県のスポーツ施設 むつ湾インターナショナル・スピードウェイ  八戸市体育館  釜臥山スキー場  帝拳プロモーション  新青森県総合運動公園
都島区の企業 リクルートファクトリーパートナーズ  フロックスカード  帝拳プロモーション  磯じまん  ベルファ

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「帝拳プロモーション」の関連用語

帝拳プロモーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




帝拳プロモーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帝拳プロモーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS