差別化戦略とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > マーケティング > 戦略 > 差別化戦略の意味・解説 

差別化戦略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/05 13:17 UTC 版)

差別化戦略(さべつかせんりゃく)とは、マイケル・ポーターによって提唱された競争戦略のうちの一つ[1]で、特定商品(製品やサービスを含む)における市場を同質とみなし、競合他社の商品と比較して機能やサービス面において差異を設けることで、競争上の優位性を得ようとすることである。


  1. ^ 板倉宏昭 『経営学講義』 勁草書房、2010年、55頁。ISBN 978-4-326-50334-6 
  2. ^ 小田切宏之 『企業経済学』 東洋経済新報社、2010年、158頁。ISBN 978-4-492-81301-0 


「差別化戦略」の続きの解説一覧





差別化戦略と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「差別化戦略」の関連用語

差別化戦略のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

漁港

カミツレ

踵骨

斜め包み

6000形

インレイ

アックス

鉢嶺登





差別化戦略のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの差別化戦略 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS