履歴書 アメリカの履歴書

履歴書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/18 05:03 UTC 版)

履歴書(りれきしょ)は、学業や職業の経歴など人物の状況を記した書類のことで、就職転職時に選考用の資料として用いられる。また、学歴や職歴によって給与や資格などを決定する手続き(査定)において、それを証明する各種の書類とともに提出する。 履歴書は法律で書式を定められているわけではないため基本的に自由形式である。 なお、アメリカ合衆国およびカナダ英語圏地域にて用いられるレジュメ(Résumé、日本では英文履歴書とも呼ばれる)は、日本でいう「職務経歴書」に近いものである。




[ヘルプ]
  1. ^ en 転職大辞典トップ, http://www.enjapan.com/tenshoku-daijiten/8126/ 2015年3月22日閲覧。 
  2. ^ 履歴書の取り扱いと個人情報トラブル 千葉県消費者センター 個人情報相談窓口
  3. ^ 「転職時の「履歴書」はPCで 「見やすさ」「内容」が重要」、『J-CASTニュース』、2009年8月23日http://www.j-cast.com/2009/08/23047653.html 
  4. ^ Chris Rickborn 「「履歴書」は消えて、採用活動は効率化する(今はまさに時代の転換点)」、『TechCrunch Japan』、2012年4月18日http://jp.techcrunch.com/archives/20120415rip-paper-resumes/ 
  5. ^ 「第1回 履歴書って手書きじゃなきゃダメ?」、『キャリア&転職研究室』 (人材バンクネット)、2005年1月17日http://www.jinzai-bank.net/careerlab/info.cfm/qa/001/ 
  6. ^ Resumes, CVs and Covering Letters in English, EnglishClub, http://www.englishclub.com/business-english/resumes-cv.htm 2012年7月3日閲覧。 
  7. ^ “Writing an Effective CV”, DRILL Career Guide, Drill Business Services, http://www.drill.cz/en/for-candidates/drill-career-guide/writing-an-effective-cv/ 2012年7月3日閲覧。 
  8. ^ ライフネット生命保険調べ、1000人回答:「『パソコン作成よりも手書きを評価する』との回答は全体の51・1%と過半数に達し、『どちらとも言えない』が30・0%。」 『履歴書は手書きが好印象 採用担当者アンケート』 共同通信、2011年11月19日http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111901000350.html 
  9. ^ 「「手書きの履歴書」就職に有利は本当か」、『J-CAST会社ウォッチ』、2010年2月24日http://www.j-cast.com/kaisha/s/2010/02/24060849.html?p=all 
  10. ^ Microsoft WordExcelなどのソフトには、印刷前の文書内に含まれる文字列を検索できる機能が備わっているのが多く、キーワードによる検索が容易にできる。
  11. ^ 海外労働情報 アメリカ合衆国”. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. 2008年5月8日閲覧。


「履歴書」の続きの解説一覧





履歴書と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

履歴書に関連した本

履歴書に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「履歴書」の関連用語

履歴書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アウターワイヤー

近江八景

30形

アウト オブ バウンズ

WS005IN

史跡

ゴム

ラウンドブリリアントカット





履歴書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの履歴書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS