尾崎豊 死因について

尾崎豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/01 08:36 UTC 版)

尾崎 豊(おざき ゆたか、1965年11月29日[1] - 1992年4月25日[1])は日本ミュージシャンシンガーソングライター青山学院高等部中退[1]。東京都出身[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 尾崎の所属事務所『マザー・エンタープライズ』およびレーベル『MOTHER&CHILDREN』の社長。
  2. ^ 当時、1ヶ月にも及んで、民放のみならずNHKも含めたテレビ各局は連日のように尾崎の特集を組んだ。
  3. ^ 月給は2万円で、尾崎の担当区域は180部だった[18]
  4. ^ 実際に当時は「卒業」の歌詞に影響されて、学校の校舎の窓ガラスを割るという事件が発生した[4]
  5. ^ 人数については様々な憶測があり、3万8000人、4万人、5万人、5万3000人などの説がある。
  6. ^ それぞれ、美空ひばり、忌野清志郎の追悼式は4万2000人、坂井泉水の追悼式は4万100人、吉田茂の国葬は4万人という規模であった[46]
  7. ^ 防犯上、警備上の理由のため、実際にはこの墓地には尾崎の遺骨は納骨されていない。
  8. ^ のちに、Mr.Childrenらを生んだ小林武史が優勝している。
  9. ^ a b ファーストアルバム『十七歳の地図』に収録されている『街の風景』の原曲。
  10. ^ 原宿音楽祭での「町の風景」は平成21年(2009年)3月30日に放送されたTBSラジオのラジオ番組「kakiiin尾崎豊」にて公開されている。
  11. ^ 十七歳の地図」の原曲。尾崎がつけたタイトルは「野良犬の道」。
  12. ^ オーディションは前日の10月10日に行われたが、尾崎はオーディションを受けなかった。翌日、CBSソニーのプロデューサーである丸沢和宏に説得され、オーディションを受けた[50]
  13. ^ 正確には「Scrambling Rock'n'Roll」の間奏中。
  14. ^ その後もなんとかスタッフに支えられステージに這いつくばりながらセットリストのすべての曲を歌い切った
  15. ^ 大阪球場でのライブはライブツアー「Tropic of Graduation Tour」時に開催されたものであるが当時のツアーパンフレットには日程が記載されておらず、大阪球場での公演2日前の8月23日でツアーは終了する予定であったがツアー開始初日の5月6日に関係者の間で会見を行い公表した。チケットは発売後に即日完売したことからも当時、尾崎の人気が一気に高まっていたことが伺える。
  16. ^ 最初にニューヨークへ渡ったのは1月で、その後は行ったり帰ったりを繰り返し、6月から長期滞在していた。
  17. ^ 同社はのちにアルファ・ムーンと合併しエム・エム・ジーとなり、その後イーストウエスト・ジャパンとなる。
  18. ^ 日本武道館でのライブは尾崎の夢だったが、同じく日本武道館での公演がプログラムされた「放熱への証」ツアーも尾崎の急死によって中止に終わり、結局叶うことはなかった。
  19. ^ 裁判官は尾崎に対して「人気歌手として社会に与えた影響は大きい。仕事上のスランプは理解できないわけではないが、法律が厳禁している覚せい剤の使用は決して許されるべきではない。両親が歌手生命が絶たれても警察に通報して救おうとした熱意などもあり、もう一度更生の機会を与える。一日も早く立ち直るように」と話した。また尾崎は判決が下されるまで実刑を信じていたという。[53]
  20. ^ 釈放時、右手には手垢が滲みた村上春樹の「羊をめぐる冒険」を持っていた[54]。またファンらが彼の出所を祝うかのように「存在」や「卒業」を歌ったという[55]
  21. ^ 2013年現在、シングルではこのCDの売り上げが尾崎史上最高となっている。
  22. ^ このライブの模様は映像作品『OZAKI・19』に収録
  23. ^ 結局「TOKYO ROCKFEELING FESTIVAL」は尾崎以外の出演者で行われた。
  24. ^ 岡村とは1987年8月6日の広島平和コンサート「ALIVE HIROSHIMA '87」で共演し、岡村の楽曲「Young Oh! Oh!」を岡村と共に歌っている。
  25. ^ 北勝海とは亡くなる前々日の1992年4月23日に東京・六本木スナックで知り合っている。その際に尾崎は北勝海に「次の僕のコンサート必ずきてくださいよ。チケット送りますから。」と話したという[62]
  26. ^ RED WARRIORSや大友康平(HOUND DOG)らは尾崎と同じ事務所であるマザーエンタープライズに所属していた。
  27. ^ 現行教科書11種類のうち3種類の本に記述があること。
  28. ^ 巻数は『〜℃』で表されていた。
  29. ^ 3℃は1992年4月に発行され、その直後の4月25日に尾崎は急死した。
  30. ^ 浜田は事務所の名や曲名などに「ROAD」を多用している。
  31. ^ 尾崎は自分のイメージを鋭く尖ったナイフのような『Egde』だと解釈していたことによる。
  32. ^ 主にライブ映像を中心として構成されている。
  33. ^ 今番組内で放送された「ハイスクールRock'n'Roll」のMCでブルース・スプリングスティーンに関する話をしている。
  34. ^ 既に2010年に開催された音楽イベント「フジロック」において公開されていた。
  35. ^ この番組は無料放送として放送された。
  36. ^ 「誰かのクラクション」は尾崎がパーソナリティを務めた唯一のレギュラー番組で、1985年10月から1986年3月、1986年10月から1987年3月にオンエアされていた。番組ディレクターは加藤与佐雄。
  37. ^ アルバム版では『Driving All Night』となっている。
  38. ^ アマチュアバンドの前座として参加。
  39. ^ 核 (CORE)」の原曲。
  40. ^ 白井貴子の前座として参加。
  41. ^ 一部の関連本で、大阪球場での「Scrambling Rock'n'Roll」はプログラムからカットされた、とあるのは誤り。
  42. ^ ツアー途中に尾崎本人の急病により、ツアーが中断している。
  43. ^ 4日後の9月28日に公演会場である新潟県民会館へ入るも、ライブ前に倒れ、ツアーは中断されたため、結果的にこの日が本ツアーの最後の公演となった。
  44. ^ 多数の関連書では「15の夜」がプログラムされておらず、「十七歳の地図」となっているが、両曲ともに演奏されている。
  45. ^ 「・ism」が演奏された公演もあり
  46. ^ 6日の出演は予定になく、急遽出演したため「シェリー」、「僕が僕であるために」のみを演奏している。
  47. ^ 一部の関連本では、アンコールに「15の夜」がプログラムされているが誤り。
  48. ^ 2012年12月1日公開。
  49. ^ 尾崎本人が急死したため全公演中止となった。
  50. ^ 後に、未収録写真を76点を追加して「FREEZE MOON+」として再発売されている《2009年、春日出版、ISBN 4863211546》。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az 尾崎豊 プロフィール”. Sony Music ソニー・ミュージック公式サイト. Sony Music Entertainment Japan. 2016年9月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 尾崎 豊 プロフィール”. ワーナーミュージックジャパン公式ホームページ. Warner Music Japan. 2016年9月9日閲覧。
  3. ^ 尾崎豊 プロフィール”. ローチケHMV公式ホームページ. Lawson HMV Entertainment, Inc.. 2016年9月9日閲覧。
  4. ^ a b c d 山根由起子、編集委員・小泉信一 (2015年11月28日). “尾崎豊さん、生誕50周年 同世代が描く「地図」とは”. 朝日新聞digital. http://digital.asahi.com/articles/ASHCH5HHLHCHUCVL00B.html?_requesturl=articles/ASHCH5HHLHCHUCVL00B.html 2016年9月9日閲覧。 
  5. ^ a b BEATCHILD(ビートチャイルド)出演者”. 2013映画『ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD ビートチャイルド1987』製作委員会. 2013年10月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月9日閲覧。
  6. ^ 永井雄一 1992, p. 45
  7. ^ 「尾崎豊ストーリー 未成年のまんまで」(1985年、落合昇平著、ソニー・マガジンズISBN 4789701964
  8. ^ 須藤 et al. 1999, p. 23
  9. ^ 須藤 et al. 1999, p. 23
  10. ^ 須藤 et al. 1999, p. 23
  11. ^ 須藤 et al. 1999, p. 23
  12. ^ 須藤 et al. 1999, p. 24
  13. ^ 永井雄一 1992, p. 54
  14. ^ 永井雄一 1992, p. 60
  15. ^ 須藤 et al. 1999, p. 25
  16. ^ a b マイナビ学生の窓口 (2014年4月29日). “尾崎豊、忌野清志郎。和製ロックスター伝説”. アメーバニュース. http://news.ameba.jp/20140429-307/ 2016年9月9日閲覧。 
  17. ^ 永井雄一 1992, p. 61
  18. ^ 永井雄一 1992, p. 67
  19. ^ 永井雄一 1992, p. 67-68
  20. ^ 永井雄一 1992, p. 68
  21. ^ 須藤 et al. 1999, p. 26
  22. ^ 須藤 et al. 1999, p. 26
  23. ^ 須藤 et al. 1999, p. 28
  24. ^ 須藤 et al. 1999, p. 29
  25. ^ 永井雄一 1992, p. 101
  26. ^ 須藤 et al. 1999, p. 31
  27. ^ 須藤 et al. 1999, p. 31
  28. ^ 須藤 et al. 1999, p. 39
  29. ^ 須藤 et al. 1999, p. 40
  30. ^ 永井雄一 1992, p. 107,156
  31. ^ 須藤 et al. 1999, p. 52
  32. ^ 須藤 et al. 1999, p. 52
  33. ^ 須藤 et al. 1999, p. 25
  34. ^ 須藤 et al. 1999, p. 155
  35. ^ 須藤 et al. 1999, p. 155
  36. ^ 須藤 et al. 1999, p. 157
  37. ^ 須藤 et al. 1999, p. 157
  38. ^ 須藤 et al. 1999, p. 158
  39. ^ 永井雄一 1992, p. 129
  40. ^ 永井雄一 1992, p. 123
  41. ^ 永井雄一 1992, p. 183
  42. ^ a b 永井雄一 1992, p. 184
  43. ^ 永井雄一 1992, p. 185
  44. ^ 読売新聞 1992年4月26日朝刊
  45. ^ 朝日新聞 1992年4月26日朝刊
  46. ^ “ひばりさん4.2万/著名人葬儀参列者数”. 日刊スポーツ. (2009年7月5日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20090705-514400.html 2014年3月14日閲覧。 →アーカイブ(テキスト部分のみ)》
  47. ^ 永井雄一 1992, p. 190
  48. ^ 永井雄一 1992, p. 196
  49. ^ 須藤晃『尾崎豊 覚え書き』(1998年、小学館、ISBN 4094021019)P147より
  50. ^ a b 永井雄一 1992, p. 72
  51. ^ 永井雄一 1992, p. 75
  52. ^ 永井雄一 1992, p. 168
  53. ^ 永井雄一 「第4章 神話崩壊」『尾崎伝説 愛の伝道師』 株式会社データハウス、1992年6月25日、168頁。ISBN 4-88718-117-5
  54. ^ 永井雄一 1992, p. 169}
  55. ^ 永井雄一 1992, p. 167
  56. ^ アイソトープ公式サイト「OZAKI20」
  57. ^ “吉田豪×坂上忍の衝撃トーク いまだから語れる素顔の尾崎豊”. NEWSポストセブン. (2012年6月13日). http://www.news-postseven.com/archives/20120613_118048.html 2014年3月15日閲覧。 →アーカイブ
  58. ^ “2人で飲み明かし…坂上忍、「尾崎豊のライバル」時代のお宝エピソード!”. アサ芸プラス. (2012年6月13日). http://www.asagei.com/32213 2015年3月15日閲覧。 
  59. ^ WOWOWで尾崎豊デビュー30周年記念番組 - EMTG.JP
  60. ^ 須藤晃 「真夏の記念日」『尾崎豊 覚え書き』 小学館、1998年1月1日、180-181頁。ISBN 4-09-402101-9
  61. ^ 「forever OZAKI」(1999年4月25日発行、ルー出版)
  62. ^ 永井雄一 1992, p. 19
  63. ^ “辻仁成 尾崎豊さんから悩みを聞いた”. デイリースポーツ. http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/07/24/0007175475.shtml 2014年7月25日閲覧。 
  64. ^ a b 復刻・尾崎豊さん肺水腫だった”. nikkansports.com. 2014年5月24日閲覧。
  65. ^ a b 尾崎豊さん「遺書」月刊誌に全文掲載”. nikkansports.com. 2014年5月24日閲覧。
  66. ^ a b c d 支倉逸人『検死秘録』 ISBN 4-334-97352-3
  67. ^ 朝日新聞1999年10月7日号
  68. ^ “尾崎の記憶永遠に”. 読売新聞. (2011年10月4日). https://web.archive.org/web/20111010050604/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20111004-OYT8T00284.htm 2014年3月15日閲覧。 ※現在はインターネットアーカイブに残存(掲載写真画像を除く)
  69. ^ “尾崎豊さんの“遺書”あった 10日発売の「文藝春秋」に掲載 「先日からずっと死にたいと…」”. 産経新聞. (2011年11月9日). https://web.archive.org/web/20131001042327/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111109/ent11110914340014-n1.htm 2014年3月15日閲覧。 
    ※全2頁構成《上記リンクは第1頁を表示;→第2頁》。何れも現在はテキスト部分のみインターネットアーカイブに残存
  70. ^ “尾崎豊の遺書公開に実父 「本当の遺書?」「自殺じゃない」”. NEWSポストセブン. (2011年11月18日). http://www.news-postseven.com/archives/20111118_71059.html 2014年3月15日閲覧。 →アーカイブ
  71. ^ アイソトープによる公式サイト
  72. ^ 尾崎豊 デビュー30周年記念日 -THE DAY- | WOWOWオンライン







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「尾崎豊」の関連用語

尾崎豊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドーリス科の1種9

しめ鎚

越の彼岸

からす座

あまに油

インターロック・システム

片男波海水浴場

リボン刺しゅう





尾崎豊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尾崎豊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS