少女ヌード写真集 少女ヌード写真集の概要

少女ヌード写真集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/17 13:40 UTC 版)

1970年代初頭にオランダやデンマークでポルノが解禁されると、そのサブジャンルとして児童ポルノもまた出現したが[1]、そうした作品が少女と成人男性の性交を露出したものだったのに対し、日本における少女ヌードは基本的に裸体の鑑賞に留まっていた[2]。かつての日本では陰毛の描写を禁じられていたため、そもそも陰毛のない少女の性器、いわゆるワレメ(割れ目)は猥褻とは見なされず、性的パートナーのいない男性にとっては少女ヌードだけが女性器を見る手段だった。そのため小児愛好癖のない男性も代替品として少女ヌード写真を手にすることが多かったらしい[3]


注釈

  1. ^ 梅原龍三郎の孫娘。
  2. ^ 写真は白黒主体。文は高峰秀子。その後、同書は1970年に『12歳の神話』(ノーベル書房)、1977年1978年に新装版『エウロペ 12歳の神話』(ブロンズ社)と名前を変えて再版されている。
  3. ^ 1983年未使用カットを加え『光の中の少女』と改題し壱番館書房から再版される。
  4. ^ 大上はその後ヌードのない一般的なモデルとして活動した[7]
  5. ^ 1982年には山木『LITTLE PRETENDERS Forever』が出版されている。

出典

  1. ^ a b c d e 青山, 志水 & 斉田 1994, p. 139.
  2. ^ 青山, p. 165.
  3. ^ 高月 2009, p. 54.
  4. ^ 高月 2009, p. 49.
  5. ^ a b 高月 2009, p. 50.
  6. ^ 高月 2009, p. 53.
  7. ^ 「11歳の妖精・大上亜津佐」、『アリスクラブ白夜書房1992年7月号、p.67
  8. ^ 志垣 1985, p. 76.
  9. ^ a b c d e f g h i 青山 1994, p. 164.
  10. ^ 高月 2009, p. 58.
  11. ^ a b 高月 2009, p. 55.
  12. ^ a b c d 青山 1994, p. 166.
  13. ^ 青山 1994, p. 165.
  14. ^ 青山, 志水 & 斉田 1994, p. 140.
  15. ^ 高月 2009, p. 60.
  16. ^ 安田理央雨宮まみ 『エロの敵』 翔泳社2006年9月27日、28頁。
  17. ^ 青山 1994, p. 167.
  18. ^ a b 高月 2009, p. 65.
  19. ^ 青山 1994, p. 168.


「少女ヌード写真集」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「少女ヌード写真集」の関連用語

少女ヌード写真集のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

神子元島灯台

オオミユビトビネズミ

docomo PRO series T-01A

シリコンボール

70系

LUTECIA

次郎左衛門雛

重機搬送車





少女ヌード写真集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少女ヌード写真集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS