小次郎 (格闘家) 小次郎 (格闘家)の概要

小次郎 (格闘家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/19 04:42 UTC 版)

小次郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
身長 179cm
体重 70kg
スタイル {{{style}}}
テンプレートを表示

来歴

青年時代

世田谷区立弦巻中学校及び世田谷学園高校出身で、棟田康幸と同期だった。講道学舎柔道を学び、中学時代には全国中学生選手権で優勝した。しかし、次第に周囲からの重圧や柔道が「やるもの」から「やらされるもの」に変わってくると、柔道を続けることを断念した。

プロ転向

ウィラサクレックムエタイジムに所属し、NJKFの選手としてプロキックボクサーとしてデビュー。2001年10月10日にタイでWMC世界ジュニアウェルター級王座決定戦に臨む。当初はモッエック・ムアンシーマー(タイ/同級王者)が相手だったが、直前にテイキュウ・ソーウボンラックに変更になった。試合は2Rに小次郎がパンチによるダウンを奪い優勢だったが、続く3Rにテイキュウが戦意喪失とみなされ無効試合扱いになった。同年11月30日、タイのサムロンスタジアムにおいて行われたWMC世界ウェルター級タイトルマッチで1RKO勝ちし、新王者になる。2002年5月12日にはスイット・ウォースティラ(タイ/同級6位)を1R2:37KO(左膝蹴り)で仕留め、同王座防衛に成功。

フリー転向

2005年6月18日に新田明臣の持つIKUSA U-70戦王王座に挑戦。5R判定(3-0)で下し、第2代戦王になる。しかし、試合後のインタビューで本人はK-1制覇の夢を公言し、王座返上を表明する。

2005年11月5日、K-1 FIGHTING NETWORK KOREA MAX 2005で行われたアジアトーナメント1回戦でキム・セギに勝利したものの、2006年2月25日の準々決勝を欠場した。

戦績

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
キム・セギ 3R終了 判定3-0 K-1 FIGHTING NETWORK KOREA MAX 2005
【アジアトーナメント 1回戦】
2005年11月5日
ダリウス・スクリアウディス 2R 1:29 無効試合(バッティングによる負傷) ZST BATTLE HAZARD 02【K-1ルール】 2005年9月10日
新田明臣 5R終了 判定3-0 IKUSA GP -U60 SUPERSTAR☆Z TOURNAMENT -Opening Stage-
【IKUSA-U70戦王タイトルマッチ】
2005年6月18日
× 小比類巻貴之 2R 1:13 KO(2ノックダウン:右フック) K-1 WORLD MAX 2005 〜日本代表決定トーナメント〜
【準決勝】
2005年2月23日
TOMO 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2005 〜日本代表決定トーナメント〜
【1回戦】
2005年2月23日
ベン・バートン 3R終了 判定3-0 XPLOSION SUPER FIGHT K-1 CHALLENGE 2004 2004年12月18日
× マイク・ザンビディス 1R 2:21 KO(右フック) K-1 WORLD MAX 2004 2004年10月13日
シャノン・F16・フォレスター 5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2004 Infinity-S Vol.2 2004年4月18日
× ダニエル・ドーソン 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD MAX 2003 〜世界王者対抗戦〜 2003年11月18日
ナミイル 2R 1:39 KO(パンチ連打) FUTURE FIGHTER IKUSA 4 〜宴〜 FIREWORKS 2003年8月30日
× 武田幸三 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2003 〜日本代表決定トーナメント〜
【1回戦】
2003年3月1日
ラムナムコン・ソーランチャイ 5R終了 判定2-1 ニュージャパンキックボクシング連盟「DREAM RUSH 8」
【WMC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2002年11月3日
× マリノ・デフローリン 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2002 〜世界王者対抗戦〜 2002年10月11日
オーローノー・ポームアンウボン 5R終了 判定2-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「DREAM RUSH 5」 2002年7月14日
スイット・ウォースティラ 1R 2:37 KO(左膝蹴り) ニュージャパンキックボクシング連盟「DREAM RUSH 4」
【WMC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2002年5月12日
隼人 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2002 〜日本代表決定トーナメント〜
【リザーブファイト】
2002年2月11日
石毛慎也 4R 1:39 TKO(カット) ニュージャパンキックボクシング連盟
「CHALLENGE TO MUAI-THAI 7」
2001年6月24日
本山大 3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟
「CHALLENGE TO MUAI-THAI 3」
2001年2月17日
木村龍介 3R 1:21 KO ニュージャパンキックボクシング連盟
「MILLENNIUM WARS 5」
2000年7月7日
木村龍介 1R 2:51 KO ニュージャパンキックボクシング連盟
「MILLENNIUM WARS 1」
2000年1月29日

関連項目




「小次郎 (格闘家)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

小次郎 (格闘家)に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「小次郎 (格闘家)」の関連用語

小次郎 (格闘家)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ラベンダーセージ

ハイバニカ・マキュラータ

ミナミアフリカオットセイ

インテグラルナイフ

ウツロベニハナイグチ

モミジ

アーケオルニトミムスの一種

タコメーター





小次郎 (格闘家)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小次郎 (格闘家) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS