小林興起 小林興起の概要

小林興起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/15 00:40 UTC 版)

日本の旗 日本の政治家
小林 興起
こばやし こうき
Koki Kobayashi 2009.png
2009年
生年月日 1944年1月1日(70歳)
出生地 東京都板橋区小竹町
(現在は練馬区
出身校 東京大学法学部卒業
ペンシルベニア大学大学院修了
前職 衆議院議員
所属政党 自由民主党→)
新党日本→)
国民新党→)
無所属→)
民主党→)
(無所属→)
減税日本→)
減税日本・反TPP・脱原発を実現する党→)
日本未来の党→)
つばさ日本
称号 経営学修士(ペンシルベニア大学・1973年
法学士(東京大学・1966年
配偶者 あり
公式サイト 小林こうき

選挙区 旧東京5区→)
東京10区→)
比例東京ブロック
当選回数 5回
任期 1期目 1990年1993年
2期目 1996年2005年
3期目 2009年 - 2012年
テンプレートを表示

労働政務次官財務副大臣自由民主党国会対策委員会副委員長、新党日本代表代行(初代)、国民新党東京都第10選挙区支部支部長、減税日本代表代行(初代)などを歴任。

来歴・人物

通産省

現在の東京都練馬区小竹町出身。千代田区立九段中学校東京都立日比谷高等学校を経て東京大学法学部卒業。大学卒業後の1966年に通商産業省に入省。1973年に政府派遣留学でペンシルベニア大学院修士修了(MBA取得)。

帰国後は、資源エネルギー庁通商産業省産業政策局などを歴任。1980年聖心女子大学非常勤講師に就任。衆院選出馬のため1982年に通産省を退官した。

衆議院議員

1983年1986年の総選挙で保守系無所属で出馬するも落選。1990年の総選挙で自由民主党から衆議院議員に初当選(当選同期に岡田克也佐田玄一郎亀井久興中谷元森英介福田康夫石原伸晃河村建夫塩谷立古屋圭司細田博之小坂憲次山本拓赤城徳彦村田吉隆簗瀬進山本有二など)。自民党では安倍晋太郎三塚博派(清和会)に属す。1993年には落選した。1996年10月に東京10区を制して国政に復帰し、同年11月から第2次橋本内閣労働政務次官を務めた。

1998年8月亀井静香平沼赳夫らと清和会を離脱し、1999年3月志帥会を旗揚げ(江藤隆美・亀井静香派)。2000年に3選。

2002年には鈴木宗男事件において自民党の予算委員会理事として証人喚問における「島田建設からの金銭供与は政治資金規正法に基づいている」「モザンビーク共和国洪水災害への国際緊急援助隊の派遣に反対や異議を述べることはあり得ない」「島田建設株式会社側による秘書給与の肩代わりの事実関係を承知していない」との鈴木宗男の証言を偽証として議院証言法違反での告発に賛成した。

2002年には第1次小泉内閣財務副大臣を務めた。2003年に4選。

2005年7月、郵政民営化法案採決で反対票を投じ、郵政法案反対派の急先鋒として各種メディアで認知度が高まるが、同年9月11日第44回衆議院議員総選挙では自民党からの離党を余儀なくされ、代表代行をつとめる新党日本から出馬。自民党公認の「刺客候補」として兵庫6区から鞍替えした小池百合子らと戦い、小選挙区で敗北した上、比例代表東京ブロックにおいても届かず落選した。

自民党離党後

2005年10月に自民党から除名された。2006年11月1日には郵政民営化反対を主張している国民新党へ移籍し、2007年7月の参院選比例区から出馬したが落選した。

落選後の2007年10月にオープンインタフェースの社外取締役に就任した(2009年6月に任期切れのため退任)。

2008年8月末に国民新党を離党し、無所属で東京10区からの再出馬を目指していたが、2009年7月の衆議院解散後に民主党小沢一郎の要請を受けて民主党へ入党。同党の比例東京ブロックより単独出馬し、同時に東京10区の民主党候補である江端貴子を支援する方針を表明した[1]2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙において、民主党公認で比例東京ブロックに出馬し当選、国政に復帰した。

民主党離党

2012年内閣総理大臣野田佳彦消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、法案の内容を批判した[注釈 1]。衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では反対票を投じ、党員資格停止2か月の処分を受けた。同年8月9日、民主党に離党届を提出し、国民の生活が第一などが提出した内閣不信任決議案に賛成した。今後は石原慎太郎らが新党を結成した場合には自身もそれに参加し、次期衆院選では再び東京10区より立候補したいという意向を示した。

減税日本から日本未来の党へ

当初は新党参加の意向を示していたが、2012年8月17日、同じく民主党に離党届を提出した小泉俊明とともに減税日本に入った。小林は代表代行に就任した。減税日本及び同党代表の河村たかしは、減税日本が次期衆院選までに政党要件を満たすため5人以上の国会議員確保を目指しており、小林は河村の呼びかけに応じた。今後も結成が予想される新党や大阪維新の会などとの連携を進め、第三極形成を模索するとした。同年8月31日、小林・小泉と減税日本副代表佐藤夕子の減税日本所属衆議院議員3名は、民主党を離党し無所属となっていた平智之とともに新会派「減税日本・平安」を結成した。

しかし、減税日本と日本維新の会および日本維新の会に合流した太陽の党との間に距離が生じ、減税日本と日本維新の会の大同団結はならなかった。このため、日本維新の会への合流を目指し、2012年11月21日、減税日本に離党届を提出したが[2]、一時離職届は河村「預かり」となったが日本維新の会の公認が得られずに減税に復帰[3]。同日、減税日本・反TPP・脱原発を実現する党結党に参加した[4]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙には愛知13区から日本未来の党から出馬するも落選。比例復活もならなかった。

2013年には政治団体「つばさ日本」を設立。政策は概ね生活の党と似通ったものとなっている。中松義郎を最高顧問に迎え、2013年参院選への出馬に意欲を示していたが、候補者擁立が難航、断念した。

選挙

小林興起の選挙歴
選挙名 選挙区 所属政党 当落 惜敗率 備考
1983年 第37回衆院選 東京5区 無所属(保守系) 落選 32.2%
1986年 第38回衆院選 東京5区 無所属(保守系) 落選 96.9%
1990年 第39回衆院選 東京5区 自由民主党 当選
1993年 第40回衆院選 東京5区 自由民主党 落選 93.2%
1996年 第41回衆院選 東京10区 自由民主党 当選
2000年 第42回衆院選 東京10区 自由民主党 当選
2003年 第43回衆院選 東京10区 自由民主党 当選
2005年 第44回衆院選 東京10区 新党日本 落選 37.4% 同区の当選者は小池百合子
2007年 第21回参院選 比例区 国民新党 落選
2009年 第45回衆院選 比例東京ブロック 民主党 当選 比例単独で立候補。名簿順位25位
2012年 第46回衆院選 愛知13区 日本未来の党 落選 37.9% 同区の当選者は大見正

  1. ^ “小林興起氏が民主入り 比例東京で出馬へ”. 47NEWS (共同通信社). (2009年8月2日). http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009080201000381.html 2009年8月3日閲覧。 
  2. ^ (日本語) 減税・小林氏が離党届【12衆院選】”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (2012年11月21日). 2011年11月21日閲覧。
  3. ^ 小林興起氏、減税に復帰へ 維新で公認得られず - 中日新聞 2012年11月22日
  4. ^ 「原点回帰、増税止める」 河村氏ら新党「脱原発」結成へ - 日本経済新聞 2012年11月23日
  5. ^ 「夫婦別姓制度の導入を図る民法改正反対に関する請願」第154回国会 請願2243号
  6. ^ これで良いのか日本の経済政策 - 今月のひと言 2013年2月
  7. ^ 小選挙区制度が日本の政治をダメにした - 今月のひと言 2012年6月
  8. ^ 「小林興起氏の秘書2人逮捕 他人装い投票の疑い」 朝日新聞 2005年09月12日
  9. ^ 産経ニュース2010.11.1
  10. ^ 小林興起『主権在米経済』光文社2006年、264頁。
  1. ^ 野田は「消費税の引き上げを現在の衆議院議員の任期終了後となる14年4月を予定しているため、公約違反ではありません」と述べている。j-cast2012年1月27日


「小林興起」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

小林興起に関連した本

小林興起に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「小林興起」の関連用語

小林興起のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




小林興起のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小林興起 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS