寺町 (尼崎市) 寺町 (尼崎市)の概要

寺町 (尼崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/09/03 13:12 UTC 版)

日本 > 兵庫県 > 尼崎市 > 寺町 (尼崎市)

目次

地理

阪神本線尼崎駅の南西に位置し、多くの仏教寺院が密集している。

歴史

1617年膳所藩から尼崎藩へ移封された戸田氏鉄尼崎城築城の際、城域にあたる大物周辺(現・尼崎市大物~東本町)に多くあった寺院を別所村へ集め、一画を寺町とした。

江戸時代初期は20ヶ寺を数えたが、藩主移封に伴う移転などで、現在は3.9haに11ヶ寺が残る。国の重要文化財7件をはじめ、県・市の文化財が多数あり、尼崎市都市美形成条例によって景観の保全・整備が進められた。

なお、全昌寺と本興寺がある区画のみ、現在は開明町3丁目になっている。

寺院

  • 全昌寺 - 曹洞宗、桃源山。戸田家の菩提寺として現・滋賀県大津市に建立され、戸田氏鉄尼崎移封と共に現在地に再建された。
  • 本興寺 - 法華宗本門流大本山。細川満元により大物に創建。文化財が多く、塔頭が6院ある、寺町の中心的寺院である。
  • 廣徳寺 - 臨済宗、瑞雲山。1390年に言外宗忠が京都大宮から大物へ移した寺院。細川高国切腹の地。
  • 甘露寺 - 浄土宗、薬王山。1490年、円誉の創建。沖縄県宮古島に布教所を持つ。
  • 法園寺 - 浄土宗、恵光山。1561年、恵光の創建と伝えられる。佐々成政切腹の地で、墓碑がある。
  • 大覚寺 - 律宗、月峯山。605年百済の僧・日羅が建立したと伝えられる、現存する尼崎最古の古刹。
  • 長遠寺 - 日蓮宗、大尭山。1350年、日恩が尼崎の北・七ツ松に建立したと言われ、大物に移築した。本堂・多宝塔が国の重要文化財。
  • 徧照寺如来院 - 浄土宗、瑞光山。行基が現・尼崎市神崎町に神崎釈迦堂を建立したのが始まりと伝わる。細川高国の菩提寺となり大物に移転した。
  • 専念寺 - 浄土宗、十劫山。平重盛法然の弟子・西仙房心寂を招いて、1177年現・尼崎市長洲東通付近に建立した。重盛の没後、その菩提寺となった。赤門の寺と呼ばれる。
  • 常楽寺 - 浄土宗、清閑山。心誉浄雲によって1504年大物に建立された。
  • 善通寺 - 時宗、平陽山。16世紀中頃、覚阿の開基。京都金蓮寺の末寺で、近在の時宗寺院の筆頭。

関連項目

外部リンク

尼崎市ホームページ 座標: 北緯34度43分05秒 東経135度24分44秒 / 北緯34.71806度 東経135.41222度 / 34.71806; 135.41222




「寺町 (尼崎市)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「寺町 (尼崎市)」の関連用語

寺町 (尼崎市)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




寺町 (尼崎市)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寺町 (尼崎市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS