安倍晋三 家族 親族

安倍晋三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/31 01:59 UTC 版)

家族 親族

2007年4月26日ホワイトハウスにて妻安倍昭恵(右から2人目)を伴いアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュ夫妻と
家庭
妻・昭恵は韓流スターや韓国ドラマが大好きで韓国語までも習得したほどである。ファーストレディの親韓的な姿勢は、小泉政権時代に悪化した日韓関係の改善に繋がるものと期待された。安倍の首相就任後の訪韓の際にも同行し、その流暢な韓国語で好意的に迎えられた。
昭恵夫人との間に子供はいないが、ミニチュアダックスフントの愛・ロイがいる。ロイは安倍が首相官邸に引っ越す際に、安倍夫妻の環境の変化への不安を理由に、私邸で留守番をすることになった(現在も留守番中)[420]。ロイはこのことが非常に辛いようである[421]
岸信夫
実弟の岸信夫が第20回参議院議員通常選挙に立候補した際、安倍は秘書に対して岸の出馬に反対する発言をしたと報道された[422]。当時の秘書は「虚偽の事実を書かれ、地元での声望は地に落ちた」[423]として筆者であるジャーナリストの松田賢弥を訴えたが、山口地方裁判所下関支部は「原告の発言内容がおおむねその通りに掲載されている」[423]として秘書の訴えを棄却した。
農商務省時代の岸信介1923年
下段左から岸良子、岸信和、岸信介、吉田寛、上段・佐藤栄作
系譜(山口県長門市)
山口県大津郡日置村(後に油谷町に分割→現長門市)の安倍家は、江戸時代、大庄屋を務め、醤油醸造を営み、やがて大津郡きっての名家と知られるようになった[424]
祖父の安倍寛が日置村村長、山口県議会議員などを経て、1937年、衆議院議員に当選し政治一家となった[425]
「共同通信社」出身のジャーナリスト古沢襄によると、安倍晋太郎は自分たち安倍家のルーツは岩手県(安倍氏 (奥州))であり、安倍宗任の末裔だと言っていたという。安倍宗任は1051年前九年の役にて源頼義源義家率いる源氏に破れ、大宰府に配流された奥州(陸奥国)の豪族である。『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』216-217頁に「家系図をひもとくと安倍家は、鎌倉時代以前の奥州征伐などで名高い阿倍比羅夫、前九年の役の安倍貞任にまで繋がる歴史ある名門である」とある。安倍家の元家政婦は東北地方に飛び、安倍一族の関係地と言われた地域の市町村役場などを丹念に回りながら、各地に古くから伝わる家系図を調べ歩いた。その結果、油谷町に住み着いた一族が宗任の流れをくむ者たちであること、青森県五所川原の石搭山荒覇吐(あらはばき)神社に始祖である宗任が眠っているらしいことを調べ上げたという。元家政婦からの報告を聞いた晋太郎は昭和62年(1987年)7月末、出馬表明した総裁選の全国遊説の折、妻洋子と晋三夫妻を伴い同神社に出向き、参拝した。なお案内役を兼ねて晋太郎たちに同行したのが画家の岡本太郎であり、岡本もまた安倍一族の流れをくむ一人として、自らのルーツに関心を持って調べたことがあったという[426]。だが、この石搭山荒覇吐神社は偽書東日流外三郡誌』に基づいて、同書の「発見者」・和田喜八郎が昭和55年(1980年)に創建した神社であり、同社所蔵の安倍頼時の遺骨と称する物は後に鑑定の結果、クジラの骨の化石と判明した[427]平成元年(1989年)に発刊された『安倍一族』(盛岡タイムス社編纂)という一冊に晋太郎は『わが祖は「宗任」』と題する、次の序文を寄せている。“宗任より四十一代末裔の一人として自分の志した道を今一度省みながら華咲かしてゆく精進を続けられたら、と願うことしきりです”[428]。但し、安倍晋三にとり女系の祖先にあたり、父系は平氏であり平知貞の系譜をひく。平家滅亡により子孫の迫害を恐れ女系の安倍姓を称したという。また、母方の祖父 岸信介、佐藤栄作兄弟は源義経の郎党 佐藤忠信の末裔とされる[429]家紋は「丸に立梶の葉」。
                    ┏昭和天皇━━━━━━━━━今上天皇(明仁)
    明治天皇━━━大正天皇━━━━━┫
                    ┗三笠宮崇仁親王━━━━━━寬仁親王
                                   ┃     ┏彬子女王
                                   ┣━━━━━┫
                            麻生太賀吉  ┃     ┗瑶子女王
                               ┃  ┏信子
                               ┣━━┫
                               ┃  ┗麻生太郎
                              ┏和子
                       吉田茂━━━━┫
                              ┗桜子
                      吉田祥朔     ┃
                        ┣━━━━━吉田寛
                       ┏さわ
                       ┃
                       ┣佐藤松介  ┏寛子(佐藤栄作夫人)
                       ┃  ┣━━━┫ 
                       ┃ ┏藤枝  ┗正子
                       ┃ ┃
                       ┃ ┗松岡洋右
                       ┃
佐藤信孝━━佐藤信立━━佐藤信寛━━佐藤信彦━╋佐藤寛造
                       ┃
                       ┃(池上)
                       ┣佐藤作造
                       ┃
                       ┗茂世          安倍晋太郎  ┏安倍寛信
                        ‖             ┃    ┃
                        ┣━━┳佐藤市郎      ┣━━━━╋安倍晋三
                        ‖  ┃          ┃    ┃
                (岸/婿養子) ‖  ┃(佐藤)      ┃    ┗岸信夫
                     ┏佐藤秀助 ┣岸信介━┳岸信和  ┃
                     ┃     ┃    ┃     ┃
                     ┃     ┃    ┗━━━━━洋子
                     ┃     ┃
                岸要蔵━━┫     ┗佐藤栄作   ┏佐藤龍太郎━━佐藤栄治
                     ┃        ┣━━━━┫
                     ┃        寛子   ┗佐藤信二
                     ┗岸信政━━良子
                         (岸信介夫人)
                         (婿養子/信政養子)
                     ┏佐藤秀助━━岸信介 ┏岸信和==岸信夫(安倍/養子)
                     ┃      ‖   ┃
                     ┃      ┣━━━┫
                 岸要蔵━┫      ‖   ┃
                     ┃      ‖   ┗洋子
                     ┃      ‖    ┃
                     ┗岸信政━━━良子   ┃
                                 ┃   ┏安倍寛信
                ┏安倍慎太郎           ┃   ┃
  安倍宗任・・・・・・・・・・・安倍某━┫                ┃   ┃
                ┗タメ              ┃   ┃ 
                 ┣━━━━━安倍寛       ┣━━━╋安倍晋三
                 安倍彪助  ┃         ┃   ┃  ┃
               (婿養子)   ┣━━━━━━━安倍晋太郎 ┃  昭恵
                       ┃             ┃
                 本堂恒次郎 ┃             ┗岸信夫
                 ┣━━━━━静子
          大島義昌━━━秀子    ┃
                       ┣━━━━━━━西村正雄
                        ┃
                        西村謙三



[ヘルプ]
  1. ^ a b c 梶川浩伸. “夕刊フジ特捜班「追跡」-3回生の衝撃- - 「安倍晋三」大研究(2) -”. 夕刊フジ. 2007年9月26日閲覧。
  2. ^ 第10回「40年ぶりの給食」”. 政府インターネットテレビ:安倍総理のライブ・トーク官邸/政府広報オンライン (2006年12月14日). 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月26日閲覧。
  3. ^ 政治・安倍政権は国民の支持がカギ―平沢勝栄氏インタビュー”. JANJAN (2006年9月8日). 2007年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月26日閲覧。
  4. ^ a b 満富俊吉郎; 徳永裕介 (2006年9月19日). “「人間・安倍晋三の実像」(1)”. ライブドア・ニュース. 2007年9月26日閲覧。
  5. ^ 『滋賀市民新聞』2007年2月12日 第4784号
  6. ^ 月刊現代』 2003年12月号「安倍晋三 気骨と血脈」、野上忠興
  7. ^ 報知新聞』2月16日
  8. ^ 日本経済新聞』2004年2月6日付、共同通信社 2004年2月5日付
  9. ^ 安倍内閣メールマガジン 第21号 - 更生する少年たちの心” (2007年3月15日). 2007年9月26日閲覧。
  10. ^ 第20回「26年ぶりの職場/少年院」”. 政府インターネットテレビ:安倍総理のライブ・トーク官邸/政府広報オンライン (2007年3月15日). 2007年9月26日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ a b 満富俊吉郎; 徳永裕介 (2006年9月19日). “「人間・安倍晋三の実像」(2)”. ライブドア・ニュース. 2007年9月26日閲覧。
  12. ^ 西岡力「民意は安倍政権の拉致政策を支持」(『産経新聞』2006年8月3日付「正論」欄)
  13. ^ 中曽根元首相から公邸に早期に住むようにアドバイスがあったため
  14. ^ a b 安倍内閣総理大臣記者会見 2006年9月26日 総理就任記者会見冒頭で「まず初めに、はっきりと申し上げておきたいことは、5年間小泉総理が進めてまいりました構造改革を私もしっかりと引き継ぎ、この構造改革を行ってまいります。」と述べ、むしろ加速させたいとの考えを示した。
  15. ^ ワシントンポスト2007年3月24日
  16. ^ a b 安倍昭恵 2008, p. 32
  17. ^ YouTube映像「松岡農水相自殺仮通夜営まれる」 テレビ記者会見
  18. ^ a b 安倍昭恵 2008, p. 29
  19. ^ 週刊文春2007年8月9日号 特集 安倍自民37議席の「天罰」P28~29 舛添要一激白「バカにつける薬はない」「決定的に資質に欠ける」
  20. ^ “自民総務会で首相退陣論が噴出「政権選択迫ってしまった」”. 読売新聞. (2007年7月31日). オリジナル2008年5月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080519194338/http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/news/20070731i105.htm 2010年7月13日閲覧。 
  21. ^ 「わが告白 総理辞任の真相」『文藝春秋』平成20年2月号
  22. ^ a b c d e f g 小川栄太郎著『約束の日』 幻冬舎 2012年8月31日
  23. ^ a b c 安倍昭恵 2008, p. 30
  24. ^ a b 安倍昭恵「初めて明かす『安倍辞任』の真相」『週刊新潮』53巻1号、新潮社2008年1月3・10日、28頁。
  25. ^ テレビニュース速報映像 YouTube TOKYOMX 2007年9月12日
  26. ^ 安倍内閣総理大臣記者会見 首相官邸
  27. ^ 安倍内閣メールマガジン 第46号”. 内閣官房内閣広報室 (2007年9月13日). 2007年9月26日閲覧。
  28. ^ “安倍首相は毎日点滴、53歳誕生日も退院のメド立たず”. 読売新聞. (2007年9月20日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5600/news/20070920i513.htm 2007年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  29. ^ “安倍首相の「判断力に支障なし」”. 産経新聞. (2007年9月18日). http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070918/shs070918000.htm 2007年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  30. ^ “「首相は病状と辞任との関係説明を」官房長官”. 産経新聞. (2007年9月20日). http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070920/shs070920000.htm 2007年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  31. ^ “安倍首相:病中会見 辞任は「最悪のタイミング」と陳謝”. 毎日新聞. (2007年9月24日). http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070925k0000m010017000c.html 2007年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  32. ^ “安倍首相:置かなかった首相臨時代理 政府内にも疑問の声”. 毎日新聞. (2007年9月24日). http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070925k0000m010084000c.html 2007年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  33. ^ “安倍首相、慶應義塾大学病院に検査入院”. 読売新聞. (2001年9月13日) 
  34. ^ 安倍首相が風邪、公邸に直帰、時事通信。2007年9月11日
  35. ^ “完全保存版 著名人たちが明かす「私の名医」 いい医者に会えてよかった!”. 週刊現代 (講談社). (2011年10月22日号). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/22877?page=4 2012年9月27日閲覧。. 
  36. ^ “首相辞任「無責任」70% 本社緊急世論調査”. 朝日新聞. (2007年9月13日). オリジナル2007年9月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070929141514/http://www.asahi.com/politics/update/0913/TKY200709130439.html 2007年9月26日閲覧。 
  37. ^ 「無責任の極み」と批判 野党、衆院解散を求める構え(2007年9月12日 東京新聞)
  38. ^ a b c d e 2007年9月12日NHKインタビュー
  39. ^ “「安倍首相は臆病者」英メディア酷評”. 産経新聞. (2007年9月13日). http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070913/shs070913019.htm 2007年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  40. ^ 日刊ゲンダイ2007年9月8日、 内閣で「孤立」した安倍首相…「麻生にはめられた」と不信感も
  41. ^ “首相の辞意、麻生幹事長「自分以外にも知っていた人いる」”. 読売新聞. (2007年9月19日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070919i302.htm 2007年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  42. ^ “中川前幹事長にも伝達の可能性 首相辞意 与謝野長官”. 産経新聞. (2007年9月19日). http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070919/shs070919000.htm 2007年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  43. ^ “安倍前首相が仮退院 自宅療養へ”. 日テレNEWS24. (2007年9月27日). オリジナル2012年10月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121012203243/http://www.news24.jp/articles/2007/09/27/0493982.html 2011年1月22日閲覧。 
  44. ^ “「原稿読み飛ばし」が決定的要因 退陣めぐり安倍前首相”. 中日新聞. オリジナル2008年1月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080117021406/http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2008011102078550.html 
    「わが告白 総理辞任の真相」『文藝春秋』2008年2月号
  45. ^ 「安倍晋三前首相が国会そっちのけでスキー三昧って――KY健在」『週刊現代』50巻9号、講談社、2008年3月8日
  46. ^ 日刊スポーツ新聞社 (2008年3月24日). “安倍前首相が昭恵夫人と下関商応援 - 日刊スポーツ芸能ニュース”. 朝日新聞社. 2008年3月24日閲覧。[リンク切れ]
  47. ^ a b 石橋文登 (2007年12月24日). “安倍前首相インタビュー 政界混乱を謝罪 年明け活動再開 (5/5ページ)”. 産経新聞. オリジナル2007年12月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071227055007/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071224/stt0712242102003-n5.htm 2007年12月24日閲覧。 
  48. ^ a b c d e 「朝鮮総連とも仲良しだって安倍前首相『地元のナイショ話』」『週刊文春』50巻7号、文藝春秋、2008年2月21日、39頁。
  49. ^ 葛西大博 (2008年3月6日). “安倍前首相:クールアース50懇話会座長就任、本格始動 「表舞台早過ぎ」批判も”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080306ddm005010018000c.html 2008年3月6日閲覧。 [リンク切れ]
  50. ^ “asahi.com:安倍氏、再チャレンジ始動? 「美しい星」勉強会座長に - 政治”. 朝日新聞. (2008年3月5日). オリジナル2008年3月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080306024110/http://www.asahi.com/politics/update/0305/TKY200803050320.html 2008年3月5日閲覧。 
  51. ^ 石橋文登 (2008年3月6日). “安倍氏が町村派復帰 派内の接着剤に期待感(1/2ページ) - MSN産経ニュース” (日本語). 産経デジタル. 2008年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月6日閲覧。
  52. ^ 「小沢に保守層取り込みを許した自民党「平沼総裁構想」の蹉跌」、『SAPIO』第21巻第19号、小学館2009年11月11日、 27-28頁。
  53. ^ “「日印、同盟に近い」 安倍氏、中国を牽制”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年10月25日). オリジナル2010年10月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101028105852/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101025/stt1010251737006-n1.htm 2010年10月25日閲覧。 
  54. ^ 自民総裁選:安倍晋三元首相が新総裁に” (2012年9月26日). 2012年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月26日閲覧。
  55. ^ 自民新総裁に安倍氏 決選投票で石破氏破る” (2012年9月26日). 2012年9月26日閲覧。[リンク切れ]
  56. ^ ただし、吉田は初任時は大日本帝国憲法での任命であるため、日本国憲法下で初任だった首相としては安倍が初となる。
  57. ^ 自民 ASEANでTPP参加表明反対 NHKニュース 2012年11月15日(2012年11月15日時点のウェブ魚拓
  58. ^ 自民総裁、TPP「守るべきものは守っていく交渉できる」日本経済新聞 2012年11月15日
  59. ^ 米倉経団連会長が「いいことだ」を連発 中国の新体制など好感 MSN産経ニュース 2012年11月15日 - ウェイバックマシン(2012年11月15日アーカイブ分)
  60. ^ 【TPP参加問題、民主党から大量離党者など】安倍晋三総裁(2012.11.15)(動画) - YouTube
  61. ^ 進展見込まれるTPP交渉 まずは米国から情報収集 sankeibiz 2012年12月17日
  62. ^ 政策巻き戻しに本腰 共同通信 2012年12月28日
  63. ^ 甘利明氏「TPP参加でアジア取り込む」、自民県連が勉強会神奈川新聞 2011年12月18日
  64. ^ アジア太平洋地域の国際公共財としてのTPPnippon.com 2011年12月8日
  65. ^ TPP参加は「強い安保・経済」への分水嶺wedge 2010年12月21日 (2011年1月11日のアーカイブ)
  66. ^ 維新の衆院選候補者選定、委員長に竹中平蔵氏 日本経済新聞 2012年9月26日(2012年9月30日のアーカイブ)
  67. ^ “経済財政諮問会議、現役社長2人を起用へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年12月28日). オリジナル2013年1月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20130104174152/www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20121228-OYT1T00411.htm 
  68. ^ 「安倍氏、IT企業と急接近 三木谷「新経連」の重み増す」Jcastニュース2012/12/26
  69. ^ TPP問題の先にあるもの-問われているのは成長戦略SMBCコラム 2011年11月1日(2012年12月28日時点のウェブ魚拓
  70. ^ 人口移動という視点から農村と地方都市の再生を考える 日経BP 2012年10月04日(2012年10月12日のアーカイブ)
  71. ^ 国民会議、30日に初会合 伊藤元重東大教授ら15人決定へ 日本経済新聞 2012年11月23日(2013年5月22日のアーカイブ)
  72. ^ 消費税引き上げで市場に財政健全化の意思と能力を示した 日経BP 2012年08月23日
  73. ^ TPP参加判断、「まだプロセスの過程」農業共同組合新聞 2013年2月23日
  74. ^ 関税撤廃、事前の約束求められず時事通信 2013年2月23日
  75. ^ TPP賛成63%に増共同通信 2013年2月24日
  76. ^ TPP交渉、53%が参加表明賛成産経新聞 2013年2月25日(2013年2月25日のアーカイブ)
  77. ^ 経済政策・TPP交渉報道ステーション 2013年2月24日
  78. ^ 内閣支持70%に上昇、TPP賛成47% 本社調査日本経済新聞 電子版 2013年2月24日(2013年5月22日のアーカイブ)
  79. ^ 内閣支持率調査 2013/2/28ニコニコ動画 2013年2月28日
  80. ^ TPP交渉参加、後発組に出された3条件読売新聞 2013年3月8日
  81. ^ TPP不利な条件 首相、事実説明を拒否 照会の有無も答えず東京新聞 2013年3月8日
  82. ^ TPP「後発組」に条件、やむを得ない…首相読売新聞
  83. ^ [1]
  84. ^ TPP条件 政権移行直後に把握東京新聞 2013年3月9日
  85. ^ 自民対策委がTPP決議 首相に申し入れへ読売テレビ 2013年3月14日
  86. ^ 首相、TPP交渉参加を表明 未来の繁栄約束読売新聞 2013年3月15日
  87. ^ 米に足元見透かされ 「あのタイミングで表明 意味なくなる」東京新聞 2013年4月13日
  88. ^ TPP、米に払った「入場料」 本交渉での教訓に 日本経済新聞 2013年4月13日
  89. ^ TPP、危うい国益 日本、合意急ぎ米要求のむ 米国、「すべて関税ゼロ」狙う朝日新聞 2013年4月13日
  90. ^ “TPP:乗り遅れ焦る日本 交渉前の大幅譲歩も”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年4月8日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20130501151648/mainichi.jp/select/news/20130409k0000m020090000c.html 
  91. ^ “TPP事前協議:日米合意 自動車関税を最大限延長”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年4月12日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20130501125554/mainichi.jp/select/news/20130413k0000m020089000c.html 
  92. ^ TPP、攻守両面で周到な戦略必要 保険分野でも大幅譲歩sankeibiz 2013年4月13日
  93. ^ 郵政、上場に不透明感 TPPで新規業務凍結 日本経済新聞 2013年4月13日
  94. ^ “TPP日米事前協議の合意内容”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月13日). オリジナル2013年4月13日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0413-2350-02/www3.nhk.or.jp/news/html/20130413/k10013886111000.html 2013年4月13日閲覧。 
  95. ^ TPP交渉 これからが国益高める本番だ 日本経済新聞 2013年4月13日
  96. ^ a b c d 首相官邸『ニューヨーク証券取引所 安倍内閣総理大臣スピーチ』2013年、9月25日。
  97. ^ ワッセナー合意とは オランダ病を克服 日本経済新聞 2013年3月22日
  98. ^ 与那国町漁協便り
  99. ^ 賃上げへ政労使協定 脱デフレ、官民で構想浮上日本経済新聞 2013年3月24日
  100. ^ 竹中平蔵、幸田真音『ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室』(文藝春秋社2008年
  101. ^ 与那国町漁協便り - 4月11日、12日、14日
  102. ^ 日台漁業協定に「強い憤り」 沖縄知事、見直し要求
  103. ^ 台湾船、はえ縄違法投下 水産庁報告
  104. ^ 「IOC総会における安倍総理プレゼンテーション」首相官邸 平成25年9月7日
  105. ^ 「福島第一タンク周辺 100ミリシーベルト超汚染水漏れ」東京新聞 2013年8月20日
  106. ^ 「汚染水漏えい量は300トン」NHKニュース 2013年8月20日 17:59更新
  107. ^ 「ヘッドラインではなく事実みて」汚染水巡る首相発言 朝日新聞デジタル 2013年9月8日2時0分
  108. ^ 朝日新聞デジタル 汚染水に関するトピックス
  109. ^ 「汚染水、安倍首相の「完全にブロックしている」発言が東電発表と食い違い」The Huffington Post | 投稿日: 2013年09月10日 08時12分 JST | 更新: 2013年09月10日 12時17分 JST
  110. ^ 安倍首相「0.3平方キロはどこ?」/現地視察の際、東電幹部に/範囲知らず発言か 47news 2013/09/21 12:14
  111. ^ 秘密保護法反対が半数超 汚染水「制御」83%不信 共同通信世論調査 47トピックス
  112. ^ “本社世論調査:秘密保護法案「反対」59%”. 毎日新聞. (2013年11月12日). オリジナル2013年11月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/6jrqM 2013年12月6日閲覧。 
  113. ^ “特定秘密保護法案、6割「必要」も「今国会成立見送るべき」82% 産経・FNN世論調査”. 産経新聞. (2013年11月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131118/plc13111812030007-n1.htm 2013年12月2日閲覧。 
  114. ^ “秘密保護法案、賛成25%反対50% 朝日新聞世論調査”. 朝日新聞. (2013年12月1日). http://www.asahi.com/articles/TKY201312010146.html 2013年12月2日閲覧。 
  115. ^ 秘密保護法「議論十分でない」76% 朝日新聞世論調査. 朝日新聞. (2013年12月7日). 2013年12月21日閲覧。
  116. ^ 2013年12月調査”. テレビ朝日. 2013年12月6日閲覧。
  117. ^ 2013年12月定例世論調査日本テレビ2013年12月15日(2013年12月15日閲覧)
  118. ^ “秘密法案に賛成45%、反対41%”. 共同通信社. (2013年11月24日). http://www.47news.jp/FN/201311/FN2013112401001738.html 2013年12月2日閲覧。 
  119. ^ 特定秘密保護法案、強行採決で衆院委通過、維新は退席 朝日新聞 2013年11月26日
  120. ^ “野党7党慎重審議を要求”. NHK NEWSWEB (日本放送協会). (2013年12月2日). オリジナル2013年12月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20131202125411/www3.nhk.or.jp/news/html/20131202/k10013516861000.html 
  121. ^ “秘密保護法案:与党が強行可決で成立”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年12月6日). オリジナル2013年12月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20131221171635/mainichi.jp/select/news/20131207k0000m010088000c.html 
  122. ^ 内閣支持率5割割る 秘密保護法成立「良くない」66・2%. 産経新聞. (2013年12月16日)
  123. ^ 秘密法「修正・廃止を」が82% 内閣支持率急落47%
  124. ^ 国連、秘密保護法案に「重大な懸念」…人権高等弁務官事務所 日経新聞 2013年11月23日
  125. ^ “秘密保護法案:国連人権理の特別報告者 日本に懸念表明”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年11月22日). オリジナル2013年11月25日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20131125044349/mainichi.jp/select/news/20131123k0000m030094000c.html 
  126. ^ [2] 日本外国特派員協会
  127. ^ Japan beschliesst umstrittenes gesetz gegen whistleblower(ドイツ語)
  128. ^ Japan schraenkt pressefreiheit ein duerfen wir ueber den atomunfall in Fukushima noch berichten(ドイツ語)カーステン・グリム特派員
  129. ^ 【秘密保護法案、国際基準を逸脱】米政府元高官ハルペリン氏 秘密多いと管理困難に共同通信2013年11月23日(2013年12月3日閲覧)
  130. ^ “特定秘密保護法成立、米・国務省が歓迎”. TBSニュース. (2013年12月7日). http://news.tbs.co.jp/20131207/newseye/tbs_newseye2074523.html 2013年12月7日閲覧。 
  131. ^ “米、特定秘密保護法成立を歓迎”. 産経新聞. (2013年12月7日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131207/amr13120711240002-n1.htm 2013年12月7日閲覧。 
  132. ^ “秘密保護法案:衆院通過、海外メディアは…”. 毎日新聞. (2013年11月27日). http://mainichi.jp/select/news/20131127k0000m030127000c.html 2013年12月2日閲覧。 
  133. ^ a b “普天間移設:会談25分 首相発言に知事「立派な内容」”. 毎日新聞. (2013年12月25日). http://mainichi.jp/select/news/20131226k0000m010099000c.html 2013年12月29日閲覧。 
  134. ^ “辺野古埋め立て申請、沖縄県知事が承認 普天間移設問題”. 朝日新聞. (2013年12月27日). http://www.asahi.com/articles/ASF0SEB201312270001.html 2013年12月29日閲覧。 
  135. ^ 安倍氏、デフレ脱却前の増税反対=石破・石原氏、尖閣国有化支持―自民総裁選討論会時事通信 2012年9月15日
  136. ^ 異次元緩和の効果順調、現行の消費増税でも成長損なわずロイター通信 2013年7月29日
  137. ^ a b 今後の経済財政動向等についての集中点検会合
  138. ^ 消費増税、有識者の賛否一覧表日本経済新聞 2013年8月30日
  139. ^ 安倍首相「消費税率アップ」表明へ 10月1日の記者会見でThe Huffington Post  2013年10月1日
  140. ^ 経済・物価情勢の展望(2013年10月) 政策委員の見通し分布チャート
  141. ^ 2014年の経済展望 アベノミクス、異次元金融緩和と日本経済日本記者クラブ 2014年1月27日
  142. ^ 研究会「2014年経済見通し」 早川英男富士通総研経済研究所エグゼクティブ・フェロー日本記者クラブ 2014年1月27日
  143. ^ デフレ脱却困難なら引き上げせず 消費税10%で首相産経新聞 2014年6月25日
  144. ^ 5月機械受注は過去最大の減少幅ロイター通信 2014年7月10日
  145. ^ 5月家計調査:世帯消費が8%減 震災発生時以来の減少幅毎日新聞 2014年6月27日
  146. ^ 6月の鉱工業生産、大震災以来の低下幅-「弱含み」に下方修正bloomberg 2014年7月30日
  147. ^ 鉱工業生産6月は出荷が5カ月連続減、在庫積み上がりで夏も停滞感ロイター 2014年7月30日
  148. ^ 7月10日発表:7-9月期実質成長2.65%に―消費者物価の上方修正が続く
  149. ^ 7-9月成長率2.6% 民間予測、景況感が改善共同通信 2014年7月10日
  150. ^ ■■フォーキャスター一覧■■
  151. ^ “4~6月GDP、年6・8%減…震災以来の低迷”. 読売新聞. (2014年8月13日). http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140813-OYT1T50009.html 2014年8月14日閲覧。 
  152. ^ ESPフォーキャスト調査日本経済研究センター 2014年8月12日
  153. ^ 「経済成長こそ最優先」=安倍首相、月刊誌に寄稿時事通信 2014年8月7日
  154. ^ 黒田日銀総裁「景気、7-9月期から回復」朝日新聞 2014年8月24日
  155. ^ 消費支出5.9%減 消費増税の影響長引く7月東京新聞 2014年8月29日
  156. ^ 7月全世帯の実質消費支出は前年比-5.9%、4カ月連続減=総務省ロイター 2014年8月29日
  157. ^ 天皇会見に批判相次ぐ=自民[リンク切れ] 時事ドットコム(時事通信)2009年12月14日
  158. ^ 神政連レポート -意(こころ)No.171-より
  159. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  160. ^ 過去のニュースフラッシュ”. 出版業界紙『新文化』 (2006年10月27日). 2007年9月26日閲覧。
  161. ^ 『安倍晋三の本性』俵義文 、魚住昭 、横田一、佐高信 『週刊金曜日』取材班 、(「金曜日」 2006年11月)
  162. ^ 平野貞夫 (2006-09-12). “第29回「安倍晋三の総裁選公約にみる亡国性」”. 宮崎学責任編集「直言」. オリジナルの2007年10月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071008062345/http://web.chokugen.jp/hirano/2006/09/29_07fe.html 2007年9月26日閲覧。. 
  163. ^ “ここが知りたい特集 安倍「靖国」派政権の実態 これが「靖国」派の正体 安倍政権の中枢に「日本会議」 改憲・教育・家族… 戦前回帰の「国柄」持ち込む”. しんぶん赤旗. (2007年5月27日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-05-27/2007052725_01_0.html 2008年4月5日閲覧。 
  164. ^ a b 首相官邸『安倍総理大臣・経済政策に関する講演』2013年、6月19日。2013年6月19日にロンドンで行われた講演で「ではいかにして、成長を図るのか。国を開くこと、日本の市場を、オープンにすることです。これは、政治家となって以来、私の中に流れる一貫した哲学でした。」と国を開いていく意欲を示した。
  165. ^ 平成26年4月4日経済財政諮問会議及び経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議安倍は、成長戦略の方針を5つ挙げ、そのひとつに「人材や産業を始めとする徹底したグローバル化」を挙げた。
  166. ^ 平成26年4月4日経済財政諮問会議及び経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議安倍は会議の中で、「世界の人材、資金、技術を引き付け、日本の成長に結び付けるためにも、日本国内の徹底したグローバル化を進めていかなければならない。」という見解を示した。
  167. ^ a b 第165回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説” (日本語). 内閣官房内閣広報室 (2006年9月29日). 2006年9月29日閲覧。
  168. ^ 首相官邸『「日本とASEAN・Always in tandem――「3本の矢」で一層のWin-Win関係へ」に関する講演』2013年、7月26日。
  169. ^ a b 首相官邸『世界経済とのさらなる統合 ~経済連携をバネに日本を拠点に世界へ~』
  170. ^ 第166回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説” (日本語). 内閣官房内閣広報室 (2007年1月26日). 2007年1月26日閲覧。
  171. ^ 久江雅彦「官僚に包囲された男――アジア・ゲートウェイ構想と根本匠」柿崎明二・久江雅彦『空白の宰相――「チーム安倍」が追った理想と現実』講談社、2007年、181頁。
  172. ^ 安倍政権、分権議論に着手 道州制で野党と連携探る :日本経済新聞2013年3月9日付、2013年3月25日閲覧。
  173. ^ 第168回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説 平成19年9月10日
  174. ^ 道州制特別区域推進本部
  175. ^ a b c d e 【異論暴論】どうした、安倍政権! 隠された中国人移民の急増と大量受け入れ計画 正論5月号 2014.4.1 16:00
  176. ^ a b c 読売新聞 自民党の安倍晋三幹事長代理は22日、都内の専修大学で講演し、11月の内閣改造・党役員人事について、「私自身はどんな立場になろうとも、全力で小泉改革を進め、さらにきめの細かな改革にしていきたい」と述べ、初入閣などに意欲をにじませた。また、安倍氏は、小泉首相の靖国神社参拝で悪化する日中関係について、「中国からの公費留学生の数がまだまだ少ない。思い切って増やして、反日にならずに日本を知ってもらうよう、我々も努力をしていかねばならない」と述べ、中国人留学生受け入れの大幅拡充などによって関係改善を進めていく必要があると主張した。
  177. ^ a b 首相官邸『アジア・ゲートウェイ構想の概要』-3.アジア高度人材ネットワークのハブを目指した留学生政策の再構築- 平成19年5月16日
  178. ^ a b c d 出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案 閣法第55号 閣議決定日:平成26年3月11日
  179. ^ a b c d 永住権、在留3年に短縮 外国人技術者ら向け改正案 日本経済新聞 2014/3/11 11:46
  180. ^ http://archive.today/MMc0P 外国人労働者拡大へ 首相、家事支援など活用指示 「女性の活躍推進の観点から」2014.4.4 23:52。
  181. ^ a b c d 安倍首相、「移民受け入れ」方針じゃなかった テレビ番組で「ノー」、「負の部分」にも言及 J-castニュース 2014年4月21日
  182. ^ 外国人ビジネスマンの再入国、簡素化…法改正へ 読売新聞 2014年02月06日
  183. ^ 衆議院 本会議 平成18年(2006年)10月3日)「在任中に憲法を改正をしたい」との考えを述べた。(平成18年12月19日)
  184. ^ a b 週刊「世界と日本」1718号。講演録はじゅん刊「世界と日本」1070号に掲載(2007年1月6日時点のアーカイブ
  185. ^ 外交-安倍晋三公式ウェブサイト
  186. ^ 外務省:我が国の重点外交政策「自由と繁栄の弧
  187. ^ 麻生太郎「とてつもない日本」(新潮新書)154ページ~
  188. ^ 【施 光恒】「自由と繁栄の弧」路線をどうとらえるか 三橋貴明の「新」日本経済新聞 2012年12月28日
  189. ^ “首相、日米軸に「価値観外交」…アジア連携重視”. 読売新聞. (2012年12月29日). オリジナル2012年12月30日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-1230-1036-31/www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121229-OYT1T00441.htm 2013年1月2日閲覧。 
  190. ^ Asia's Democratic Security Diamond by Shinzo Abe
  191. ^ a b NHK時論・公論「安倍政権 アジア外交の課題~東南アジアへの視点~」
  192. ^ a b 外務省「安倍総理大臣の東南アジア訪問」
  193. ^ 安倍首相の唱える「価値観外交」で、日中関係は修復するのでしょうか(読売新聞)
  194. ^ 上久保誠人「「平和と繁栄の弧」+「戦略的互恵関係」 安倍自民党総裁の国際戦略を再評価する」
  195. ^ 日米首脳会談 追従外交に逆戻りした(2月24日)北海道新聞 社説 2013年3月5日閲覧
  196. ^ 日米同盟強化 さらなる対米従属の道に しんぶん赤旗2013年2月24日(日) 2013年3月5日閲覧
  197. ^ 対米従属に懸念 孫崎享さん講演 沖縄タイムス2013年2月23日09時42分 2013年3月5日閲覧
  198. ^ 首相「対米追随外交ではない」 msn産経ニュース2013.3.5 11:33 2013年3月5日閲覧
  199. ^ リニア新幹線の技術をアメリカに無償提供 日米首脳会談で表明へ The Huffington Post | 投稿日: 2014年04月13日 12時58分 JST | 更新: 2014年04月13日 13時09分
  200. ^ a b 日米首脳会談:リニア技術、米に無償提供毎日新聞 2014年04月24日 20時46分(最終更新 04月25日 00時32分)
  201. ^ 開かれた、海の恵み ―日本外交の新たな5原則―(首相官邸)
  202. ^ “中国人留学生を拡大 安倍氏、関係改善に意欲”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年9月5日). http://www.47news.jp/CN/200609/CN2006090501002796.html 2010年6月28日閲覧。 
  203. ^ 社団法人「亜東親善協会」年度総会で安倍晋三・元首相が新会長に選出” (2012年5月21日). 2012年12月30日閲覧。
  204. ^ 台湾当局、親台の安倍政権は「われわれにとってプラス」=中国報道 サーチナ” (2012年12月17日). 2012年12月30日閲覧。
  205. ^ a b 自民党新総裁・安倍晋三氏ってどんな人? 朝鮮日報 2006年9月21日(2008年10月1日 05:29時点のウェブ魚拓
  206. ^ 安倍内閣総理大臣記者会見” (2006年9月26日). 2007年9月26日閲覧。
  207. ^ “極右”安倍首相を評価し始めた韓国 有力紙も編集方針変更(MSN産経ニュース2013年3月23日)
  208. ^ “安倍首相、北に対するテロ支援国家指定の解除に反対”. 朝鮮日報. (2007年2月23日). オリジナル2007年10月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071013154023/http://chosunonline.com/article/20070224000009 2007年9月26日閲覧。 
  209. ^ 第166回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説” (2007年1月26日). 2007年9月26日閲覧。
  210. ^ 「日豪首脳、安保共同宣言に署名・EPAは4月交渉入り」日本経済新聞 2007年3月14付
  211. ^ 「日豪 安保で共同宣言 対北朝鮮、PKO連携強化 首脳会談」西日本新聞 朝刊 2007年3月14日付
  212. ^ 安倍総理のインド訪問(概要)
  213. ^ 「二つの海の交わり」 Confluence of the Two Seas(外務省)
  214. ^ http://www.asahi.com/articles/ASG1B6CV6G1BUTFK00N.html
  215. ^ 「「法の番人」にも安倍色 法制局長官に小松氏」日本経済新聞2013/8/3
  216. ^ 法制局長官に小松駐仏大使=集団的自衛権積極派 時事通信 2013年8月2日閲覧
  217. ^ 非核三原則に関する質問主意書”. 内閣衆質一六五第一二五号 (2006年10月27日). 2007年9月26日閲覧。
  218. ^ 衆議院議員鈴木宗男君提出 非核三原則に関する質問に対する答弁書”. 内閣衆質一六五第一二五号 (2007年1月7日). 2007年9月26日閲覧。
  219. ^ 安倍首相、独占インタビュー
  220. ^ 安倍はボランティアという言葉を使用しているが、ボランティアの本来の意味は「自発的な行為・行動」であり、誤った用法である[要出典]
  221. ^ 過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクト”. 2006年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月26日閲覧。
  222. ^ 読売新聞 2007年2月15日
  223. ^ 衆院予算委員会 2007年2月23日
  224. ^ 北海道新聞 2013年11月4日
  225. ^ 第186回国会 青少年問題に関する特別委員会 3号 平成26年04月03日
  226. ^ 金曜アンテナ 2014年4月11日
  227. ^ 「セクハラやじで鈴木都議謝罪…官邸が恐れる政権への飛び火」週刊ゲンダイ 2014年6月23日
  228. ^ 2006年10月3日産経新聞
  229. ^ 日経BPネット2007年7月19日『安倍政権の倒閣を企てた官僚たちの二重クーデター』
  230. ^ “参議院 予算委員会”. 3. 第165回国会. (2006-10-13). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/165/0014/16510130014003c.html 
  231. ^ 第166回 衆議院本会議 4号” (2007年1月30日). 2007年9月26日閲覧。
  232. ^ 第166回国会 参議院 予算委員会 第12号 平成19年(2007年)3月19日
  233. ^ 第166回国会 衆議院 予算委員会 17号” (2007年3月1日). 2007年9月26日閲覧。
  234. ^ 読売新聞 2007年1月19日
  235. ^ 「安倍首相『大変、抵抗感じる』、『赤ちゃんポスト』関連で見解」『日本経済新聞』2007年2月23日付
  236. ^ 「赤ちゃんポスト 首相『抵抗ある』」東京新聞 2007年2月23日付
  237. ^ a b 両院協議会会議録情報 第166回国会 国家基本政策委員会合同審査会 第2号” (日本語). 国立国会図書館 (2007年5月30日). 2007年5月30日閲覧。
  238. ^ 「首相『5000万件1年で調査』――特例法案衆院委で可決」『讀賣新聞』夕刊、47138号、読売新聞東京本社、2007年5月31日、1面。
  239. ^ 年金問題「必ず解決」 安倍首相、県内で応援演説 徳島新聞社”. 徳島新聞社 (2007年7月2日). 2007年7月2日閲覧。[リンク切れ]
  240. ^ J-CASTニュース :「消えた年金」実は解消不能? 支持率急落安倍内閣に追い討ち”. ジェイ・キャスト (2007年6月4日). 2007年6月4日閲覧。
  241. ^ “名寄せ困難な年金、1975万件 宙に浮く5000万件”. 朝日新聞. (2007年12月11日). オリジナル2007年12月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071211200644/http://www.asahi.com/politics/update/1210/TKY200712100248.html 2007年12月11日閲覧。 
  242. ^ a b asahi.com:首相「党のビラ、誤解招いた」 年金公約問題で - 年金記録問題”. 朝日新聞社 (2007年12月17日). 2007年12月17日閲覧。
  243. ^ 「「年金公約」誤解の原因は選挙用ビラ」 News i - TBSの動画ニュースサイト”. 東京放送 (2007年12月17日). 2007年12月17日閲覧。[リンク切れ]
  244. ^ “宙に浮いた年金、統合困難2千万件 公約実現は不可能”. 朝日新聞. (2008年3月14日). オリジナル2008年3月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080316003731/http://www.asahi.com/life/update/0314/TKY200803140036.html 2008年3月14日閲覧。 
  245. ^ “1ドル=100円までの経緯”. NHKニュース (NHK). (2013年5月10日). オリジナル2013年5月10日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0510-0820-40/www3.nhk.or.jp/news/html/20130510/k10014473401000.html 2013年5月10日閲覧。 
  246. ^ “東京株337円高、5年4カ月ぶり1万5000円台”. 産経ニュース. (2013年5月15日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130515/fnc13051515370013-n1.htm 2013年5月15日閲覧。 
  247. ^ http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.O
  248. ^ 東京株、半年ぶり1万5000円回復 寄り付き大幅続伸で産経ニュース(2013年11月15日)2013年11月15日閲覧
  249. ^ “東京株、終値は4円高で8日続伸 一時6年ぶり1万6200円台回復も”. 産経新聞 (産経新聞). (2013年12月27日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131227/fnc13122715190012-n1.htm 2013年12月30日閲覧。 
  250. ^ a b 浜田宏一(イェール大学教授)×安倍晋三(自民党総裁)「官邸で感じた日銀、財務省への疑問。経済成長なしに財政再建などありえない」現代ビジネス 2012年11月29日
  251. ^ 「消費税先送りはない」 安倍首相が明言したオフレコ懇談の中身日刊ゲンダイ 2013年9月10日
  252. ^ http://jp.wsj.com/article/JJ11087111409485564165919948605082301244685.html
  253. ^ http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130905/mca1309050501007-n1.htm
  254. ^ 【第3回】日本のデフレは終わらない 一段の金融緩和が必要マネーライフ 2012年1月5日
  255. ^ http://bizmare.bizplat.net/top/example/detail/57
  256. ^ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37296?page=3
  257. ^ 時事通信 2013年2月9日
  258. ^ 第165回国会 衆議院 予算委員会 第3号” (2006年10月6日). 2007年9月26日閲覧。
  259. ^ 第165回国会 衆議院 予算委員会 2号” (2006年10月5日). 2007年9月26日閲覧。
  260. ^ a b 小山由宇 (2013年3月12日). “安倍首相:「東京裁判は勝者の断罪」…米から批判の可能性”. 毎日jp (毎日新聞社). http://mainichi.jp/select/news/20130313k0000m010063000c.html 2013年3月13日閲覧。 
  261. ^ 村山談話「継承」 安倍首相が軌道修正 - 産経新聞2013年5月16日
  262. ^ 第140回国会 衆議院 決算委員会第二分科会 第2号” (1997年5月27日). 2007年9月26日閲覧。
  263. ^ 中央日報』 2005年4月2日付2面。
  264. ^ 安倍首相の「慰安婦」問題への認識に関する質問主意書” (2007年3月8日). 2007年9月26日閲覧。
  265. ^ 2013年5月14日 読売新聞
  266. ^ 閣議決定
  267. ^ “「軍の慰安婦強制連行なかった…自民有志が見解表明要求”. 読売新聞. オリジナル2007年3月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070302082737/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070301ia01.htm 2007年3月1日閲覧。 
  268. ^ “「河野談話は継承=世耕補佐官”. 時事通信. http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007030400072 2007年3月4日閲覧。 [リンク切れ]
  269. ^ “Growing Chorus Slams War-Brothel Remarks” (英語). (2007年3月2日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/03/02/AR2007030200235.html 2007年3月2日閲覧。 
  270. ^ “「安倍首相:従軍慰安婦で日本の責任認める 米メディアに”. 毎日新聞. (2007年4月21日). オリジナル2007年4月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070423025939/http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070421k0000e010063000c.html 
  271. ^ : I feel deeply sorry that they were forced to be placed in such extremely painful situations.
  272. ^ : We feel responsible for having forced these women to go through that hardship and pain as comfort women under the circumstances at the time.
  273. ^ Abe explains sex slave comments” (英語). BBC News (2007年4月27日). 2007年9月26日閲覧。
  274. ^ 産経ニュース「河野談話見直しを視野安倍首相、有識者会議を検討http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121228/plc12122800060000-n2.htm
  275. ^ 報道資料
  276. ^ “「日米首脳会談 安倍首相、慰安婦謝罪具体的表現なし」”. 中央日報. オリジナル2007年5月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070502134101/http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=86960&servcode=200&sectcode=200 2007年4月28日閲覧。 
  277. ^ : forced
  278. ^ 2007年9月19日 産経新聞記者 阿比留瑠比ブログ「安倍首相は慰安婦問題で米大統領に謝罪などしていない
  279. ^ 2011年11月23日 産経新聞
  280. ^ 安倍首相:「元慰安婦に申し訳ない」 07年日米首脳会談、当時の発言認める - 毎日jp 2013年05月18日
  281. ^ a b “安倍元首相「首相は靖国参拝すべきだ」”. 産経新聞. (2009年5月11日). オリジナル2009年5月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090514040442/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090511/plc0905112314016-n1.htm 2009年12月9日閲覧。 
  282. ^ 東京新聞』 2005年1月9日付
  283. ^ a b “首相の靖国神社参拝”. 西日本新聞. (2006年10月6日). http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/display/4280/ 2010年2月23日閲覧。 
  284. ^ a b c “安倍官房長官は今年4月に靖国参拝…総裁選の争点にも”. 読売新聞. (2006年8月4日). オリジナル2007年1月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070108144146/http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6700/news/20060804i102.htm 2007年9月26日閲覧。 
  285. ^ 自民総裁選:安倍氏、就任時の靖国参拝に含み 毎日新聞 2012年9月17日閲覧。(2012年10月23日時点のアーカイブ
  286. ^ “首相、春の靖国参拝見送り 中韓修復を優先”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年3月29日). http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013032901001361.html 2013年10月13日閲覧。 
  287. ^ “首相、靖国参拝を見送り 秋の例大祭、供物奉納”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年10月17日). http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013101701000768.html 2013年12月27日閲覧。 
  288. ^ “首相が玉串料「不参拝をおわび」 靖国、2閣僚は参拝”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年8月15日). http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013081501000678.html 2013年10月13日閲覧。 
  289. ^ “安倍首相が靖国神社参拝…第1次内閣含め初”. 読売新聞. (2013年12月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131226-OYT1T00401.htm 2013年12月26日閲覧。 
  290. ^ a b c “首相、靖国参拝 10月決断 米中韓関係見極め 「説明し、誤解解きたい」”. 産経新聞. (2013年12月27日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000066-san-pol 2013年12月31日閲覧。 
  291. ^ “首相「不戦の誓いをした」 参拝後、記者団への発言詳細”. 朝日新聞. (2013年12月26日). http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312260370.html 2013年12月31日閲覧。 
  292. ^ “安倍首相の靖国参拝は、中国と韓国への報復なのか?―香港メディア”. 大公報. 新華経済. (2013年12月29日). http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/369991/ 2013年12月30日閲覧。 
  293. ^ a b 朝日新聞』、朝日新聞東京本社、2013年12月30日、30面。
  294. ^ 安倍晋三 (2013年12月30日). “2013年12月30日 安倍晋三さんの写真アルバム”. Facebook. 2013年12月30日閲覧。
  295. ^ “安倍首相の靖国参拝、賛成が41% 反対は46% 朝日新聞社世論調査”. 朝日新聞. (2014年1月28日). http://www.asahi.com/articles/DA3S10948389.html 2014-3-6]閲覧。 
  296. ^ 共同通信社 (2013年12月29日). “靖国参拝でも内閣支持率1ポイント増 世論調査で55%”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2901K_Z21C13A2000000/ 2013年12月30日閲覧。 
  297. ^ a b ガジェット通信 (2014年1月3日). “元旦のテレ朝『朝まで生テレビ』のアンケートで7割が安倍首相の靖国参拝支持 古市憲寿「統計学的に意味のない数字」”. ガジェット通信. http://getnews.jp/archives/486976 2014年1月5日閲覧。 
  298. ^ Nキャスが聞く! みなさんはどう思いますか?”. TBSテレビ. 2014年1月5日閲覧。
  299. ^ “【産経FNN合同世論調査】首相の靖国参拝、20~30代は「評価」の声が多数”. 産経新聞. (2014年1月6日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140106/plc14010621260026-n1.htm 2014年3月6日閲覧。 
  300. ^ a b “首相靖国参拝、米国務省も「失望」表明”. 日本経済新聞. (2013年12月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO64650010X21C13A2EB1000/ 2013年12月28日閲覧。 
  301. ^ a b “安倍首相の靖国神社参拝(12月26日)についての声明” (プレスリリース), 駐日アメリカ合衆国大使館, (2013年12月26日), http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20131226-01.html 2013年12月27日閲覧。 
  302. ^ “靖国参拝、在日米国大使館の声明全文(日本語・英語)”. 朝日新聞デジタル. (2013年12月26日). http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312260575.html 2013年12月27日閲覧。 
  303. ^ Yahoo!ニュース (2013年12月31日). “米「『失望』は靖国参拝でなく関係悪化への懸念」”. TBSニュース. http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20131231-00000014-jnn-int 2013年12月31日閲覧。 
  304. ^ “米「『失望』は靖国参拝でなく関係悪化への懸念」”. TBSニュース. (2013年12月31日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2093031.html 2013年12月31日閲覧。 
  305. ^ “「失望している」は緊密な関係の証し…米国務省”. 読売新聞. (2013年12月31日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131231-OYT1T00501.htm?from=top 2013年12月31日閲覧。 
  306. ^ “靖国参拝に失望も日米関係に変化なし”. NHK. (2013年12月31日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131231/k10014213121000.html 2013年12月31日閲覧。 
  307. ^ “安倍首相の靖国神社参拝を受けた声明” (プレスリリース), 欧州連合, http://www.euinjapan.jp/media/news/news2013/20131227/105058/ 
  308. ^ “【首相靖国参拝】「緊張緩和に資さない」EUも批判”. 産経新聞. (2013年12月27日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131227/erp13122708380001-n1.htm 2013年12月30日閲覧。 
  309. ^ “米、靖国参拝に「失望」 声明で異例の首相批判”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年12月26日). http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122601001623.html 2013年12月27日閲覧。 
  310. ^ “【社説】安倍首相の読み違いを世界と日本に訴えよ”. 朝鮮日報. 朝鮮日報. (2013年12月28日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/28/2013122800513.html 2013年12月30日閲覧。 
  311. ^ 【首相靖国参拝】「台湾同胞の反対は当然だ」中国、馬総統の批判に - MSN産経ニュース
  312. ^ “靖国神社参拝「中国への贈り物」 米紙、批判的に報道”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年12月27日). http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122701000888.html 2013年12月27日閲覧。 
  313. ^ a b “【首相靖国参拝】民主・海江田代表「負の側面とは一線を画すべき」”. 産経新聞. (2013年12月26日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131226/stt13122613370006-n1.htm 
  314. ^ 2013年12月26日14:58 ミヤネ屋で「春香クリスティーン」さん靖国問題を『ヒトラーの墓』と例え炎上!”. 秒刊SUNDAY (2013年12月26日). 2013年12月26日閲覧。
  315. ^ “靖国参拝は遺憾=ロシア外務省”. 時事通信社. [3]. (2013年12月26日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201312/2013122700009 2014年1月2日閲覧。 
  316. ^ “中ロが靖国参拝批判で国際世論づくり”. 日刊スポーツ. [4]. (2014年1月1日). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20140101-1238632.html 2014年1月2日閲覧。 
  317. ^ 14/01/23 15:55 NH032 時事通信
  318. ^ 14/01/23 NH032 6:34 時事通信
  319. ^ 14/01/24 9:11配信 時事通信
  320. ^ “安倍官房長官、統一教会ダミー団体の集会に祝電”. ZAKZAK. (2006年6月19日). オリジナル2006年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060703063630/http://www.zakzak.co.jp/top/2006_06/t2006062044.html 
  321. ^ 有田芳生 (2012年9月3日). “統一教会の文鮮明教祖死去にあたって”. 有田芳生の『酔醒漫録』. 2013年1月10日閲覧。
  322. ^ 有田芳生 (2006年9月12日). “安倍晋三と統一教会(1)”. 有田芳生の『酔醒漫録』. 2013年1月10日閲覧。
  323. ^ 有田芳生 (2006年9月21日). “安倍晋三と統一教会(2)”. 有田芳生の『酔醒漫録』. 2013年1月10日閲覧。
  324. ^ 週刊朝日 2006年6月30日
  325. ^ 創価学会機関紙『聖教新聞』(2001年3月)
  326. ^ 「四月会」は自民党が野党に転落した1994年に、自民党を支持する宗教団体(「立正佼成会」、「霊友会」、「仏所護念会」などを中心に結成され、創価学会と公明党の関係を「政教一致だ」と批判してきたが、一部の教団が公明党と連立を組んだ自民党との関係修復に乗り出したことで2001年3月に解散した。
  327. ^ a b 朝日新聞アエラ編集部 『創価学会解剖』(朝日新聞社 2000年1月1日) ISBN 978-4022612861
  328. ^ 日経新聞』・『毎日新聞』・『朝日新聞』・『読売新聞』や『週刊文春』などが報じた。毎日は20日と報道。
  329. ^ 『毎日新聞』 2006年10月8日付
  330. ^ 第165回国会 参議院 予算委員会 1号”. 2007年10月6日閲覧。
  331. ^ 第166回国会 衆議院 予算委員書会 7号”. 2008年5月14日閲覧。
  332. ^ 衆議院. “「インターネット審議中継」亀井静香の安倍晋三への質疑(第166回国会 衆議院 予算委員会 7号”. 2007年10月6日閲覧。
  333. ^ “中国新聞ニュース”. 中国新聞社. (2008年2月21日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200802210279.html 2008年2月21日閲覧。 [リンク切れ]
  334. ^ “安倍前首相秘書と朝日元編集委員が和解”. 産経. (2008年2月21日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080221/trl0802212157008-n1.htm 2008年2月21日閲覧。 [リンク切れ]
  335. ^ 「北」産? アサリ輸入業者と安倍一族の関係]」読売ウイークリー 2007年4月1日号
  336. ^ 第163回国会 国土交通委員会 第14号”. 2007年10月6日閲覧。
  337. ^ a b c 松田光世「『政略結婚』あり『隠し財宝』ありの政治家世襲はまるで悪代官時代劇だ」、『SAPIO』第21巻第7号、小学館、2009年4月8日、 82-83頁。
  338. ^ 「『脱税疑惑』全くの誤り=週刊誌取材に安倍首相事務所」時事通信 2007年9月13日
  339. ^ a b “安倍代議士事務所 窓割り火炎瓶を放置 自宅車両火災と同一犯か”. 中国新聞. (2000年6月29日) 
  340. ^ “3年前の安倍幹事長宅火炎瓶事件 工藤会系組長ら逮捕 容疑で計6人…合同捜査本部”. 毎日新聞. (2003年11月12日) 
  341. ^ “主犯格の組長、懲役20年確定 山口・下関の安倍氏宅放火未遂 【西部】”. 朝日新聞. (2008年7月19日) 
  342. ^ “放火未遂などの被告に懲役10年 安倍長官宅に火炎瓶”. 朝日新聞. (2006年7月14日) 
  343. ^ “襲撃指示組長に懲役20年 首相宅火炎瓶事件で判決”. 共同通信. (2007年3月9日). http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007030901000290.html 
  344. ^ “元組員に懲役8年 安倍首相宅に放火未遂【西部】”. 朝日新聞. (2007年5月28日) 
  345. ^ “「安倍氏側から300万円」下関市長選巡りブローカーに工面 放火未遂公判で検察指摘”. 朝日新聞. (2006年7月13日) 
  346. ^ 第151回国会 予算委員会 第7号(平成13年2月16日(金曜日))
  347. ^ a b 関百合子・喜多克尚「勤務は『9時 - 9時』夜は自宅でDVD首相就任200日、アベちゃんの『平凡なる総理ライフ』徹底分析」『週刊朝日』112巻22号、朝日新聞社、2007年5月11日、34頁。
  348. ^ 関百合子・喜多克尚「勤務は『9時 - 9時』夜は自宅でDVD首相就任200日、アベちゃんの『平凡なる総理ライフ』徹底分析」『週刊朝日』112巻22号、朝日新聞社、2007年5月11日、33-35頁。
  349. ^ a b 時事放談” (日本語). TBS (2007年7月22日). 2007年7月22日閲覧。
  350. ^ 「首相『危機管理』に懸命――政権発足後、初の大地震」『讀賣新聞』47518号、読売新聞東京本社、2008年6月15日、4面。
  351. ^ 平成十八年十二月十三日提出 質問第二五六号 巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書 提出者 吉井英勝
  352. ^ 平成十八年十二月二十二日受領 答弁第二五六号 衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書 内閣総理大臣 安倍晋三
  353. ^ 2012年8月4日(土)「しんぶん赤旗」津波で電源喪失想定 06年時点 吉井氏に保安院長認める 保安院勉強会
  354. ^ 2010年3月1日(月)「しんぶん赤旗」チリ地震が警鐘 原発冷却水確保できぬ恐れ 対策求める地元住民 改善ないまま
  355. ^ 2013年1月13日(日)「しんぶん赤旗」安倍内閣、反省なき原発推進
  356. ^ 原発事故責任者の1人と自覚が無い安倍首相
  357. ^ 世界最悪の原発事故を起こした自民党の総理大臣
  358. ^ 内閣総理大臣 安倍晋三氏は、2006年当時福島原発事故を未然に防ぐ可能性を潰していました
  359. ^ 2006.12.13 参議院における吉井英勝議員と安倍首相の原発事故防止関連の質疑応答
  360. ^ 菅総理の海水注入指示はでっち上げ” (日本語) (2011年5月20日). 2011年5月28日閲覧。
  361. ^ 「3号機注水「淡水を」吉田所長、官邸からの指示に従う」 朝日新聞 2014年5月26日11時35分
  362. ^ 「吉田調書 第2章 住民は避難できるか 真水か海水か」 朝日新聞 2014年5月26日
  363. ^ 再臨界ない「知っていた」 海水注入中止指示で 産経新聞 2012年5月28日 23:36(2012年5月28日時点のアーカイブ
  364. ^ “首相への説明優先で海水注入中止 国会の事故調査委で東電幹部”. (2012年3月28日). http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032801001541.html 2012年9月19日閲覧。 
  365. ^ 安倍自民党総裁への訂正と謝罪要求
  366. ^ 「海水注入指示はでっち上げ」の記事めぐって The Huffington Post Japan 投稿日: 2013年07月16日 15時10分 JST | 更新: 2013年07月16日 16時41分 JST
  367. ^ 菅直人氏が、名誉毀損で安倍総理を提訴 「内容が虚偽であることは明白」 ~菅直人議員 緊急記者会見 IWJ 2013/07/16
  368. ^ “菅元首相、安倍首相を提訴…メルマガで名誉毀損”. 読売新聞. (2013年7月17日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130716-OYT1T01038.htm 2013年7月18日閲覧。 
  369. ^ “菅元総理が安倍総理を“名誉毀損”で異例の提訴”. テレビ朝日. (2013年7月17日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000008864.html 2013年7月18日閲覧。 
  370. ^ 「検証 福島原発事故 官邸の一〇〇時間」 - 木村英昭」岩波書店 2012年8月7日
  371. ^ “The News From Fukushima Just Gets Worse, and the Japanese Public Wants Answers”. タイムズ. (2013年8月22日). http://world.time.com/2013/08/22/the-news-from-fukushima-just-gets-worse-and-the-japanese-public-wants-answers/ 2013年8月24日閲覧。 
  372. ^ 第154回国会 衆議院 武力攻撃事態への対処に関する特別委員会 14号”. 2007年10月6日閲覧。
  373. ^ 第154回国会 参議院 外交防衛委員会 15号”. 2010年10月31日閲覧。
  374. ^ “安倍副長官、「間抜け」発言を不適切と認める”. 朝日. (2002年10月26日) 
  375. ^ 第101回国会 外務委員会 第10号
  376. ^ 東京新聞 2014年3月26日 「安倍政権『女性活用』の支離滅裂」
  377. ^ “「首相が板橋署を弔問 『日本人として誇り』」”. スポーツ報知. (2007年2月13日) 
  378. ^ コラム・断「殉職警官のフルネーム」『産経新聞』 2006年2月18日付
  379. ^ 「<長崎市長銃撃>首相『厳正に捜査を』」『毎日新聞』毎日新聞東京本社、2007年4月18日
  380. ^ 「安倍首相『厳正な捜査、真相の究明望む』・長崎市長銃撃事件」『日本経済新聞』日本経済新聞社、2007年4月18日。
  381. ^ 「首相『真相究明望む』長崎市長銃撃」『朝日新聞』朝日新聞東京本社、2007年4月18日。
  382. ^ 長崎市長死去で、政党幹部、閣僚らテロを非難-政治ものニュース:イザ!」産経デジタル、2007年4月18日。(2007年5月4日時点のアーカイブ
  383. ^ 「長崎市長銃撃市長死亡政界怒りの声」『産経新聞』産経新聞社、2007年4月19日
  384. ^ 「ハニカミ便乗? 安倍首相たしなめられた」『スポーツニッポン』2007年5月25日。
  385. ^ a b 重松清「シゲマツ解説委員長が斬るニュースの読み方アソビ方――安倍首相『ハニカミ王子』と対面――参院選の話題作りがミエミエ」『夕刊フジ』11543号、産業経済新聞社東京本社、2007年5月27日、5面。
  386. ^ 安倍内閣総理大臣記者会見 平成19年7月5日「安倍続投」発言続々…政府・与党の予防線か 2007年7月25日10時26分 読売新聞など
  387. ^ 東奥日報2007年7月31日(火)など
  388. ^ 「安倍前首相『政治利用』に光市母子殺害本村さんが絶句」『週刊文春』50巻19号、文藝春秋、2008年5月15日、161頁。
  389. ^ a b c d 「安倍前首相『政治利用』に光市母子殺害本村さんが絶句」『週刊文春』50巻19号、文藝春秋、2008年5月15日、162頁。
  390. ^ 衆議院議員安倍晋三事務所『株式会社文藝春秋「週刊文春」編集部[リンク切れ]』2008年5月9日
  391. ^ 衆議院議員安倍晋三事務所『株式会社文藝春秋「週刊文春」編集部[リンク切れ]』2008年5月12日
  392. ^ 安倍前首相が文春に抗議 - MSN産経ニュース 産経新聞 2008年5月9日(2008年5月12日時点のアーカイブ
  393. ^ 首相官邸. “安倍総理プロフィール”. 2007年10月6日閲覧。
  394. ^ a b c 「自民党総裁選:3候補、20日投票へ火花 703票の争奪戦-2006総裁選」『朝日新聞』2006年9月9日
  395. ^ 「安倍 晋三氏 自民総裁選 特集」『読売新聞』2006年9月8日付
  396. ^ 内閣府大臣官房政府広報室 (2006年11月2日). “安倍総理のライブ・トーク官邸 第4回「教育再生」”. 政府広報オンライン. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
  397. ^ a b c 新華通信社 (2007年2月21日). “紀香に政界入りの噂、影には安倍首相の後ろ盾?”. 新華社NEWS. 2007年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
  398. ^ 安倍首相 文句なしそう思いませんか?(デイリースポーツ2013年5月5日)
  399. ^ 安倍総裁の素顔は? まめな兄貴、妻は元DJ”. 人民網日文版 (2006年9月21日). 2012年10月11日閲覧。
  400. ^ 内閣府大臣官房政府広報室 (2006年11月16日). “安倍総理のライブ・トーク官邸 第6回「みんなで毎日朝ごはん」”. 政府広報オンライン. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
  401. ^ 日本ベンチャー学会 (2007年1月). “月例セミナー「伝統を生かした商品開発」”. 2007年10月6日閲覧。
  402. ^ 「ハヤシライスが大好きな安倍首相の健康問題」”FACTA” 2007年6月号
  403. ^ 「韓国料理をよく食べています」時事通信 2013-10-9
  404. ^ 内閣府大臣官房政府広報室 (2006年12月7日). “安倍総理のライブ・トーク官邸 第8回「ウォームビズから始めます」”. 政府広報オンライン. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
  405. ^ 「美しい国、日本」をファッションで表現 安倍晋三・新総理を勝手にスタイリング「美しい泣きっ面」に似合う服はコレだ!」『WWDジャパン』10月2号
  406. ^ 「夏服の着こなしは 小泉首相、貫録勝ち?」『東京新聞』2006年7月30日付
  407. ^ 第31回 ベストドレッサー賞(2002年)”. 2007年10月6日閲覧。
  408. ^ 社団法人全日本アーチェリー連盟. “沿革”. 2007年10月6日閲覧。
  409. ^ “アーチェリー連盟、安倍首相を会長に推薦”. ニッカンスポーツ. (2007年3月25日). http://www.nikkansports.com/sports/f-sp-tp0-20070325-175016.html [リンク切れ]
  410. ^ “安倍首相アーチェリー連盟会長2期目へ”. ニッカンスポーツ. (2007年4月14日) 
  411. ^ 「安倍会長を再任=アーチェリー連盟」時事通信、2007年4月14日
  412. ^ 必見! 代議士のアーチェリー姿初公開”. 安倍晋三公式サイト (2006年4月27日). 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
  413. ^ a b c d e 加計孝太郎「交遊抄――アイム・ソーリー」『日本経済新聞』44774号、日本経済新聞社、2010年9月21日、32面。
  414. ^ 安倍元首相、政界引退後にヤクザ映画撮る?トーク番組で映画監督の夢語る
  415. ^ a b “安倍総理がアグネスに歌詞提供”. デイリースポーツ. (2007年3月19日). オリジナル2007年3月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070323061657/http://www.daily.co.jp/gossip/2007/03/19/0000275610.shtml 
  416. ^ a b 「安倍首相が作詞家デビュー」スポーツ報知 2007年3月19日付
  417. ^ 安倍昭恵 (2007年2月5日). “クリスマス”. 安倍昭恵のスマイルトーク. 2007年10月6日閲覧。
  418. ^ a b 『週刊文春』(2003年10月9日号)161ページ
  419. ^ a b 「恐るべしアグネス・チャン?!」 ゲンダイネット(2007年3月23日)
  420. ^ 「安倍首相夫妻、公邸へ 昭恵さん、内装リフォーム-知りたい!」毎日新聞 2006年11月25日付
  421. ^ 安倍昭恵 (2007年2月5日). “「週末」”. 安倍昭恵のスマイルトーク. 2007年10月6日閲覧。 ロイの写真あり
  422. ^ 松田賢弥「安倍晋三『空虚なプリンス』の血脈」『週刊現代』講談社、2006年。
  423. ^ a b “安倍前首相の元秘書の請求棄却 週刊現代名誉毀損訴訟”. 朝日新聞社. (2008年3月27日). オリジナル2008年3月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080330015528/http://www.asahi.com/national/update/0327/SEB200803270010.html 2008年3月27日閲覧。 
  424. ^ 野上忠興著 『気骨 安倍晋三のDNA』44頁
  425. ^ 『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』 216-217頁
  426. ^ 野上忠興 2004, pp. 41-44.
  427. ^ 斉藤光政『偽書「東日流外三郡誌」事件』
  428. ^ 野上忠興 2004, p. 44.
  429. ^ 古沢襄. “安倍宗任と安倍晋三”. 2007年10月6日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

安倍晋三に関連した本

安倍晋三に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「安倍晋三」の関連用語

安倍晋三のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




安倍晋三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安倍晋三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS