学級崩壊とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 学級崩壊の意味・解説 

学級崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/30 16:31 UTC 版)

学級崩壊(がっきゅうほうかい)とは、学級が集団教育の機能を果たせない状況が継続し、通常の手法では問題解決が図れない状態に陥った状況を指す。日本の初中等教育(特に小学校)に関して1990年代後半に新聞[1][2]やテレビ[3]などのマスコミが使うようになって広まった表現とされている[4]


  1. ^ “「いじめ自殺」や「学級崩壊」…管理教育の実態次々--県連絡会の研究集会”. 毎日新聞(地方版・静岡). (1995年2月12日)  - 毎索にて閲覧
  2. ^ “[社説]校内暴力 子供の危機に大人の力を”. 毎日新聞(東京朝刊): p. 5. (1997年12月24日)  - 毎索にて閲覧
  3. ^ 1997年春には日本テレビ系『ドキュメント97』が「学級崩壊」をテーマとした内容を放送した。久田恵 (1997年4月15日). “学級崩壊 「学校」が意味を失った? 久田恵(チャンネルTV)”. 朝日新聞(夕刊): p. 6  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ 児童・生徒指導の手引き』 横浜市教育委員会、2009年、144頁。2012年7月23日閲覧。「12 いわゆる「学級崩壊」」の章には、「「学級崩壊」という用語は、マスコミによって命名されたものです。」とある(60ページ)。
  5. ^ 魅力ある学級づくりを目指して 学級がうまく機能しない状況への対応』(PDF) 大分県教育委員会〈生徒指導資料19〉、2000年、53頁。2012年7月23日閲覧。
  6. ^ 教育改革の動向 第2節 教育改革Q&A Question8 何校くらい設置されるのか?”. 文部科学省. 2012年7月23日閲覧。
  7. ^ 山田雅彦. “学級崩壊(125ページ) (PDF)”. 山田雅彦. 2012年7月23日閲覧。原典:『現代教育方法事典』 日本教育方法学会編、図書文化社、2004年、609頁。ISBN 978-4810044362
  8. ^ NHKスペシャル 学校~荒れる心にどう向き合うか~第1回 広がる学級崩壊”. 日本放送協会. 2012年7月23日閲覧。
  9. ^ 都教委が教職課程を調査 小1プロブレム深刻化でMSN産経ニュース、2009年11月13日
  10. ^ 新教育の森:「小1プロブレム」幼小連携で対応毎日jp、2009年5月30日


「学級崩壊」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「学級崩壊」の関連用語

学級崩壊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




学級崩壊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学級崩壊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS