孔官堂 孔官堂の概要

孔官堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/15 09:52 UTC 版)

株式会社 孔官堂
Koukando Co.,Ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 孔官堂
本社所在地 日本の旗 日本
553-0001
大阪府大阪市福島区海老江5-6-18
設立 創業:1883年(明治16年)
業種 その他製品
事業内容 薫物線香・香水線香・香粧品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 増田久弥
資本金 1,200万円
従業員数 88名
(平成23年3月現在)
外部リンク http://www.koukando.com/
テンプレートを表示

会社概要

1883年(明治16年)に大阪市西区阿波座にて「増田孔官堂」として創業される。今日まで線香の製造を専業としており、かぐや姫マークの登録商標でその名を知られる。

同社を代表するブランド、「仙年香」(1904年発売)、「松竹梅」(1930年発売)、「蘭月」(1923年発売)は、それぞれが世代を超えて広く愛されているベストセラーブランドであり、同社の販売する線香は「香りのよいお線香」としてその名を知られている。

また、一貫してお線香の技術革新にも取り組んでおり、生活習慣の変化に合わせた、「けむりの少ないお線香」「灰の少ないお線香」等の開発を行っている。

1990年代までTBS系で、昼前に放送されていた「JNNニュース[1]を中心に民放の番組でCMを制作・放映していたこともあるが、現在はしていない。

主なブランド

  • 松竹梅(1930年発売)
    • 特撰 松竹梅
    • 松竹梅そよ(けむりの非常に少ないお線香)
  • 仙年香(1904年発売)
    • 新仙年香(けむりの少ないお線香)
    • 特撰 仙年香
  • 蘭月(1923年発売)
    • 新蘭月(けむりの非常に少ないお線香)
    • 微香蘭月(香り、けむりを抑えたお線香)
    • 特撰 蘭月
  • 薫風使(専門店用)
    • 白檀 薫風使
    • 沈香 薫風使
  • 花月シリーズ(専門店用)
    • 白檀 花月
    • 微香 花月
    • ゆり 花月
  • 自然派シリーズ(けむりの少ないお線香)
    • 自然派フリージア
    • 自然派ライラック
    • 自然派ゆり
  • 香りの記憶シリーズ(灰もけむりも非常に少ないお線香)
    • 香りの記憶 珈琲(コーヒー)

 ほか

備考

東京・銀座に本社を置く日本香堂は、江戸時代に創業した老舗だったが、当時は資本面で乏しく、まだ当時は孔官堂の勢力が強かったこともあり、孔官堂の傘下に入るカタチで東京孔官堂として設立されたが、東京孔官堂の代表者であった小仲正規が、第二次世界大戦終結に伴う埋葬の増加の為、工場をフル稼働させると、逆に力を盛り返し、さらに神奈川県鎌倉市で現在も製造を続ける線香の老舗・鬼頭天薫堂より商標を譲り受けた「毎日香」の製造販売を開始した。この「毎日香」は大ヒット商品となり、今日まで販売を続けるロングセラーとなった。その結果、1965年に親会社であった同社との関係が決裂。独立というカタチで、現在に至っている。


脚注
  1. ^ JNNニュース1130」でも1992年の放送開始から半年間スポンサーとして、また秋田県福井県では、別番組でもスポンサーを担当していたことがある。


「孔官堂」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

孔官堂に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「孔官堂」の関連用語

孔官堂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミスティ

エジソン

KTR700型

梅樹透図鐔

ロシナンテ・赤ワイン

藤尾の磨崖仏

400形

栗毛





孔官堂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孔官堂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS