天智天皇 系図

天智天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/17 16:24 UTC 版)

天智天皇(てんちてんのう / てんじてんのう、推古34年(626年)- 天智天皇10年12月3日672年1月7日))は第38代天皇(在位:天智天皇7年1月3日668年2月20日) - 10年12月3日(672年1月7日))。和風諡号天命開別尊(あめみことひらかすわけのみこと / あまつみことさきわけのみこと)。一般には中大兄皇子(なかのおおえのおうじ / なかのおおえのみこ)として知られる。「大兄」とは、同母兄弟の中の長男に与えられた皇位継承資格を示す称号で、「中大兄」は「二番目の大兄」を意味する語。(実名)は葛城(かづらき/かつらぎ)。漢風諡号である「天智天皇」は、代々の天皇の漢風諡号と同様に、奈良時代淡海三船によって撰進され、「最後の王である紂王の愛した天智玉」から名付けられたと言われる[1]




註釈

  1. ^ 日本書紀

出典

  1. ^ 森鴎外「帝諡考」による説。
  2. ^ a b  もうひとつ、弟の天武天皇に暗殺されたという説も。高島正人『藤原不比等』P60
  3. ^ 高島正人『藤原不比等』P62
  4. ^ 扶桑略記』では病死説の後一説として「一云 天皇駕馬 幸山階鄕 更無還御 永交山林 不知崩所 只以履沓落處爲其山陵 以往諸皇不知因果 恒事殺害」とあり山中で行方不明になったとされることから天武天皇側による暗殺説もある。これには「『扶桑略記』は『日本書紀』が編纂された時代より遙かに後の書物なので信憑性は低い」とする反論がある。この反論には「日本書紀は当時(天武天皇の系譜)の政権が編纂したものなので自分達に都合の悪い事は書かない」とする更なる反論がある。
  5. ^ よく似た「秋田刈る仮庵を作りわが居れば衣手寒く露そ置きにける」というのが万葉集に詠み人知らずと収められている。内容から農民が詠んだ歌で、その辛さを思いやる慈悲深い天皇の心を示す歌として語り継がれるようになった(『田辺聖子の古典まんだら』新潮社p.65)。


「天智天皇」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

天智天皇に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天智天皇」の関連用語

天智天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

犬塚の欅

皇子山古墳群

苗鹿の常夜燈

縁心寺

滋賀県立琵琶湖文化館

不動寺

正休寺

月心寺庭園





天智天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天智天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS