大蔵映画 オーピー映画

大蔵映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/14 06:32 UTC 版)

大蔵映画株式会社(おおくらえいが-)は、日本の映画会社である。ピンク映画及びゲイ・ポルノの製作・配給・興行、ボウリング場等のレジャー施設の経営を行う。


脚注
[ヘルプ]
  1. ^ 田中, p.332.
  2. ^ a b c 田中、p.451.
  3. ^ 田中、p.206-207.
  4. ^ a b c キネマ旬報映画データベース、2010年7月30日閲覧。
  5. ^ 太平洋戦争と姫ゆり部隊日本映画データベース、2010年7月31日閲覧。
  6. ^ 田中、p.231-433.
  7. ^ ファイブ・ガン あらくれ5人拳銃キネマ旬報映画データベース、2010年7月31日閲覧。
  8. ^ 歴史雑学探偵団、p.88.
  9. ^ 会社案内ティ・ジョイ、2010年7月31日閲覧。
  10. ^ 7/31(土) クロージングイベント!、上野オークラ劇場、2010年7月16日付、2010年7月31日閲覧。
  11. ^ 新宿ミラノ座で70mm版がロードショー公開された後、総天然色・大蔵スコープ35mm版が公開された。東京地区では、1962年11月17日-11月24日に東急シネスコチェーンにて『空挺肉弾部隊』 ( Paratroop Command )との2本立てで公開されている。
  12. ^ 海女の怪真珠、日本映画データベース
  13. ^ Irregularity of Sex、Eigapedia
  14. ^ 明治天皇と日露大戦争」を始めとする新東宝での明治天皇を描いたシリーズからの抜粋と、明治天皇誕生から西郷隆盛の戦死までを描いた新撮部分で構成。東京地区においては1964年11月に「渋谷東急」「新宿東急」「上野東急」の3館のみでロードショー(1964年11月21日-11月30日) 、1968年11月には“明治百年祭記念特別公開”と称して「丸の内松竹」(現:丸の内ピカデリー)単館にてロードショーを開催(1968年11月9日-11月22日) 。因みに、本編に入る前に『明治百年祭記念特別公開』と表示される形のフィルムが、現在ソフト化されて残っている[1]。また、新撮部分に登場している“若き日の明治大帝(明治天皇)”に扮しているのは、作品中の出演者クレジットによれば「匿名・青年」である。
  15. ^ The Flesh Merchant - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  16. ^ The Touchables - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  17. ^ Girl with an Itch - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  18. ^ Patty - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2012年6月9日閲覧。
  19. ^ Arthur A. Jones - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2012年6月9日閲覧。
  20. ^ FLAME OF AFRICA, 映画芸術科学アカデミー (英語), 2012年6月9日閲覧。
  21. ^ 『映画年鑑 1998』、p.244.
  22. ^ 静岡県ボウリング場協会会員名簿、静岡県ボウリング場協会、2012年4月20日付、2012年6月9日閲覧。


「大蔵映画」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大蔵映画に関連した本

大蔵映画に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大蔵映画」の関連用語

大蔵映画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ケビン・R・クレーゲル

オオバロニア

カプラー

mamorino

水制

93式近距離地対空誘導弾

大学山の照葉樹林

標準貫入試験





大蔵映画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大蔵映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS