大垣共立銀行 大垣共立銀行の概要

大垣共立銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/23 02:58 UTC 版)

株式会社大垣共立銀行
The Ogaki Kyoritsu Bank, Ltd.
Ogaki-Kyoritsu Bank HeadOffice01.JPG
本店
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8361
名証1部 8361
本社所在地 日本の旗 日本
503-0887
岐阜県大垣市郭町3丁目98番地
設立 1896年(明治29年)3月
業種 銀行業
金融機関コード 0152
SWIFTコード OGAKJPJT
事業内容 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など
代表者 代表取締役頭取 土屋嶢
資本金 361億66百万円
(2013年3月31日現在) 
発行済株式総数 3億5,331万8千株
(2013年3月31日現在) 
純利益 単体:89億54百万円
連結:100億3百万円
(2013年3月31日現在) 
純資産 単体:2,131億36百万円
連結:2,319億円
(2013年3月31日現在) 
総資産 単体:4兆5,252億4百万円
連結:4兆5,951億70百万円
(2013年3月31日現在)  
従業員数 単体:2,761人
連結:3,346人
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)6.48%
みずほコーポレート銀行 3.30%
岐建 2.44%
大垣共立銀行従業員持株会 2.36%
明治安田生命保険 2.23%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)1.80%
日本マスタートラスト信託銀行(トヨタ自動車口)1.54%
牧村 1.50%
損害保険ジャパン 1.44%
イビデン 1.04%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 共友リース株式会社
共立コンピューターサービス株式会社
株式会社共立総合研究所
株式会社OKB信用保証
共立クレジット株式会社
共立キャピタル株式会社
共立ビジネスサービス株式会社
共立文書代行株式会社
外部リンク http://www.okb.co.jp
テンプレートを表示
大垣共立銀行のデータ
店舗数 国内149
(うち出張所32ヵ所),海外駐在員事務所4ヵ所
貸出金残高 33,562億円
預金残高 42,059億円(譲渡性預金を含まず)
特記事項:
2014年3月31日現在
テンプレートを表示

マス・リテール戦略に基づく、独自のあるいは全国初となるサービスが多い(後述)。また2002年、大日本土木経営破綻により大幅赤字を計上した際、公的資金未投入の金融機関としては異例の「賞与8割カット」を断行するなど、色々な話題を提供する金融機関である。イメージキャラクターはパディントンベア




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 但し、大垣共立銀行は県外進出(愛知・滋賀・三重等)範囲が広い分、岐阜県内シェア(郵貯・農協含む)は十六銀行の預金25%・貸出30%に対して、それぞれ10%ほど低い
  2. ^ 他地域では、長崎県(親和銀行十八銀行)及び大阪市みずほ銀行三菱東京UFJ銀行三井住友銀行りそな銀行)の輪番制、静岡市静岡銀行清水銀行)及び北九州市みずほ銀行福岡銀行)の共同制といった、指定金融機関輪番制・共同制の事例がある。
  3. ^ 岐阜県管轄(当時)の信用組合救済に際しては、十六銀行も同様に岐阜中央信用組合・土岐信用組合の救済を引き受けており、特段の加点とはならないとの意見もあるが、県指定金融機関と同等の貢献をしたことが、県庁幹部と県議会にて評価された。ちなみに、県下金融界で最大懸案事項だった岐阜銀行の救済は、結局両行とも手を挙げず県外の東海銀行に委ねられている。
  4. ^ びわこ銀行は2010年3月1日をもって関西アーバン銀行に合併されたものの、合併後の当該行におけるATM相互出金無料対象となるのは、旧:びわこ銀行店舗(店舗入口に旧:びわこ銀行店舗であることを示す識別マーク『の中に琵琶湖の地形が入ったもの』のある店舗)相互間に限って継続することとなった。このため、本無料提携サービス適用にあたっては大垣共立銀行のキャッシュカードを旧:びわこ銀行店舗ATMでの利用、及び、旧:びわこ銀行店舗のキャッシュカードを大垣共立銀行ATMでの出金に限られ、店舗入口に識別マークのない従来の関西アーバン銀行店舗相互間では対象外となり、従来通り他行扱いとなっていた([1][2])が、2011年1月の旧:びわこ店舗の関西アーバン店舗へのシステム統合に関連して2010年10月18日より従来の関西アーバン店舗にも無料対象を拡大した([3])。

出典

  1. ^ “大垣共立銀行とJCBデビットの発行に合意”. 株式会社ジェーシービー. (2014年8月8日). http://www.jcbcorporate.com/news/seq_2017.html 2014年11月17日閲覧。 
  2. ^ 株式会社ジェーシービーとの提携によるOKBデビット(JCB)の取扱開始 (PDF)”. 株式会社大垣共立銀行 (2014年9月29日). 2014年11月17日閲覧。
  3. ^ “県指定金に大垣共立銀 県議会可決 十六銀から交代”. 岐阜新聞. (2013年10月11日). http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20131011/201310111042_21134.shtml 2013年10月26日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ “岐阜県指定金融機関、大垣共立に交代へ 県議会が十六銀案否決”. 日本経済新聞. (2013年10月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO60768490X01C13A0L91000/ 2013年10月26日閲覧。 
  5. ^ 指定金融機関の交替に向けて~指定金融機関の交替に対応する専任組織の新設~ (PDF)”. 岐阜県出納事務局出納管理課 総務部人事課 (2013年10月30日). 2014年10月17日閲覧。
  6. ^ ぎふ県庁支店の開設 (PDF)”. 株式会社大垣共立銀行 (2014年9月29日). 2014年10月4日閲覧。
  7. ^ “[スクープ]日本ユニシスが大垣共立銀からWindows勘定系を受注、悲願の10行達成”. 日経コンピュータ. (2013年10月17日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20131017/511669/ 2013年11月14日閲覧。 
  8. ^ “Windows勘定系の導入地銀が10行到達 日本ユニシス、オープン化の懸念払拭し悲願”. 日経コンピュータ. (2013年11月5日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20131025/513725/ 2013年11月14日閲覧。 
  9. ^ 「進化する銀行、満足度競う リアルvsネット最前線 日経金融機関ランキング番外編」 『日本経済新聞電子版』 2014年1月27日
  10. ^ 2006年3月期事業報告書 (PDF, 33頁) - 大垣共立銀行
  11. ^ 毎日新聞当該インタビュー[リンク切れ]
  12. ^ a b “手のひら認証でATM、カード不要に 大垣共立銀 運用は全国初”. 日本経済新聞. (2012年9月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB2600B_W2A920C1EB2000/ 2014年10月4日閲覧。 
  13. ^ “記者の眼 手の平だけで使えるATM初登場!震災教訓に進化する金融サービス”. 日経ビジネスオンライン. (2012年9月19日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120913/236776/ 2014年10月4日閲覧。 
  14. ^ 「ダンスコンテスト」の実施~テレビCMに出演してみませんか!~ (PDF) - ニュースリリース 2012年3月1日。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大垣共立銀行に関連した本

大垣共立銀行に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大垣共立銀行」の関連用語

大垣共立銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




大垣共立銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大垣共立銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS