大久野島 大久野島の概要

大久野島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/31 23:04 UTC 版)

世界 > アジア > 東アジア > 日本 > 芸予諸島 > 大久野島
大久野島
Ookunozima.jpg
真ん中やや右寄りが大久野島、左のやや小さな島が小久野島。大久野島には中国と四国を結ぶ送電線・中四幹線が通り、高さ226mの送電塔が建つ
座標 北緯34度18分32秒 東経132度59分35秒 / 北緯34.30889度 東経132.99306度 / 34.30889; 132.99306座標: 北緯34度18分32秒 東経132度59分35秒 / 北緯34.30889度 東経132.99306度 / 34.30889; 132.99306
海岸線長 4.3 km
所在海域 瀬戸内海
所属国・地域 日本広島県竹原市
テンプレートを表示
大久野島島内案内図
毒ガス製造施設の廃墟
毒ガス製造施設の廃墟

「地図から消された島[1]」や「毒ガス島」などと呼ばれ、第一次世界大戦以降の化学兵器製造の実態を今に伝えている。また近年では多数のウサギが生息することでも知られ、ウサギ島とも呼ばれる。

歴史

毒ガス製造所

大久野島には、明治30年代に日露戦争開戦に備え、芸予要塞の一角として砲台などが設置された。その後砲台は撤去されたが、陸軍は、第一次世界大戦時に、地理的な条件や秘匿の容易さなどから、大久野島を化学兵器の生産拠点に選び出した。化学兵器は、1925年ジュネーブ議定書で戦争での使用が禁止されていたが、開発保有は合法だった(また、当時の日本は署名だけしており、批准はしていなかった)。1929年(昭和4年)5月には生産施設の建設に着手した。陸軍造兵廠火工廠忠海兵器製造所(後に東京第二陸軍造兵廠忠海製造所)と呼ばれており、主な生産施設には島内北西部の長浦工場地帯と三軒屋工場地帯の2箇所があったほか、発電所、材料・製品倉庫などの関連施設が置かれた。

毒ガス工場の存在は機密性から秘匿され、陸軍が発行した一般向け地図においても大久野島一帯は空白地域として扱われた[2]日中戦争から第二次世界大戦中を通じ主に中国大陸で使用する目的の化学兵器が生産されたほか、殺虫剤などの民生品も生産された。大久野島で生産された毒ガスの総量は6,616トン、生産された毒ガスは、イペリットガスルイサイトガス、クシャミガス(呼吸困難)、催涙ガスの4種類である。地元の農民や漁民、勤労動員学生ら6500人が一定の養成期間を経て従事していた。第二次世界大戦終期の1945年には戦局の悪化により化学兵器の生産は縮小され、通常兵器の生産に切り替えられた。このとき一部の毒ガスが海洋投棄され、処分された。

太平洋戦争終戦時に島内に残留していた毒ガスの量は、イペリットガス1,451トン、ルイサイトガス824トン、クシャミガス958トン、催涙ガス7トン、計3,270トンだった。終戦後、GHQ(主にイギリス連邦占領軍オーストラリア軍)や政府により施設解体や残された化学兵器の処分が、周辺海域への海洋投棄、火炎放射器による焼却、島内での地中処分といった方法で行われ、除毒措置も施された。しかし処分は十分ではなく、現在でも島内地下4~5メートルの土壌で高濃度のヒ素が検出されるなど、負の遺産を受け継いでいる。[要検証 ]

大久野島で働いていた職員達にも被害はあった。1950年に元従業者から喉頭がんが初めて発見され、また激しい咳や膿性のタン、原因不明の頭痛に悩まされる人が相次いだ。また毒ガス後遺症の特性として知られる肺炎や慢性気管支炎、呼吸器系の癌になった者がいた。しかし有効な治療法はなく、できるだけ栄養をとる程度の対策しか講じられなかった。政府は1954年に救済のため特別措置を適用したが、それが毒ガス障害者の全員に適用されたわけではなく、例えば1969年5月から1970年1月に写真家の増田昌彦が撮影のため現地を訪れた際に接した元徴用工の患者2人は認定されておらず、また1969年度に認定された患者はたった1人だった。広島大学医学部和田内科の調査によれば、毒ガス関係者のガン発生頻度は全国平均の15倍と報告されている[3]。行政は竹原市の忠海病院(現・呉共済病院忠海分院)を指定し、約4500人の中毒患者の治療にあたっている。また、当時の島民などの経験は文献に採録されている[4]

こうした歴史を風化させないという地元住民の願いにより、1988年には大久野島毒ガス資料館が開館した。大久野島には現在も危険な土壌汚染地域や倒壊の可能性がある建物もあるため、立ち入り禁止になっている場所も存在する。

ウサギ島

大久野島のウサギ

島外の小学校で飼育されていた8羽のウサギが1971年に島に放されて野生化し、繁殖して2013年に再度調査したところ700羽にまで増えていた[5]。このために大久野島は「ウサギ島」とも呼ばれるようになった。その後、国民休暇村大久野島毒ガス資料館等の観光施設ができ、人になれた多数のウサギたちが観光客を出迎えてくれるようになった。現在は年間約10万人の観光客が訪れる「ウサギの楽園」として知られ、一部のウサギ好きの聖地ともなっている。ウサギの保護のため、大久野島には補助犬以外の犬の連れ込みは禁止されている。

このウサギの起源に関しては、「かつてこの島の毒ガス研究施設や工場での実験用や毒ガス検知のために飼われていた多数のウサギが、終戦後放棄された施設とともにそのまま放置され、温暖な気候と天敵がいないという好条件によって繁殖した」という説がある。しかし毒ガス工場で働いていた元毒ガス資料館館長、村上初一の証言によれば、毒ガス実験にウサギが使用されていたのは事実だが終戦後にすべて処分されており、現在いるウサギは休暇村建設後に本土から導入されたものとのことである。

また、毒ガス弾・原料・設備の処分が終わり大久野島が日本に返還された際に広島大学が生物調査を行っているが、島全体に殺菌、消毒のため厚さ3センチものカルキがまかれており、植物は枯れ海岸に貝類も生息していない有様で、到底ウサギが生存できる状況ではなかったらしい[要検証 ]。ともあれ、隙あらば常に脱走したがるウサギの習性とその旺盛な繁殖力をもってして、大戦の錯雑にまぎれ生き延びたウサギが一部存在した可能性も否定しえないという意見もある[6]

略歴

  • 1929年(昭和4年):東京第二陸軍造兵廠忠海製造所が大久野島に移転
  • 1945年(昭和20年):連合国軍(オーストラリア軍)により毒ガス施設を破壊

エコツーリズム

島内に国民休暇村があり、近代的な設備の宿泊施設やキャンプ場などの施設がよく整備されている。環境省のビジターハウスもあり、自然観察や環境学習の拠点として活用されている。環境汚染、自然修復、海洋環境及び生物多様性を学び体験する場として適している。

観光ポイント

休暇村大久野島
忠海と大久野島を結ぶフェリー
中四幹線の送電鉄塔
大久野島全景
  • 休暇村大久野島
  • 毒ガス資料館:東京第二陸軍造兵廠忠海製造所
    • 研究所跡、発電所跡、毒ガス貯蔵庫跡
  • ビジターセンター(環境省):年中無休、無料
  • 大久野島灯台
  • 海水浴場
  • キャンプ場
  • テニスコート
  • 大久野島神社
  • 砲台跡(北部・中部・南部)

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大久野島毒ガス資料館”. 広島県観光ホームページ. 2012年1月3日閲覧。
  2. ^ 図2:5万分の1地形図「三津」昭和7年鉄道補入(一般頒布用)今尾恵介 (2009年7月17日). “第3回 毒ガスは地形図の空白で作られた”. 白水社. 2014年8月10日閲覧。
  3. ^ 『アサヒカメラ1970年3月号』p.154。
  4. ^ 行武[2012:18-246]
  5. ^ “GW ゆったり 島時間:ウサギと重い歴史共存”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). (2010年5月1日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/feature/hiroshima1272553976081_02/news/20100430-OYT8T01293.htm 2011年11月21日閲覧。 
  6. ^ 鹿川伊知郎「大久野島に散布されたサラシ粉量を計算してみた」2011年8月6日。2012年3月12日閲覧。


「大久野島」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大久野島に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大久野島」の関連用語

大久野島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大浜海浜公園

富士川

モハ1形

青皮竹

溶岩

ダイブブレーキ

淡路山丸

V形 搬送装置





大久野島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大久野島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS