夢喰いメリー 単行本

夢喰いメリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/12 11:06 UTC 版)

夢喰いメリー』(ゆめくいメリー、YUMEKUI MERRY)は、牛木義隆による日本漫画作品。通称「メリー」。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社刊)で連載されている。話数の数え方は「REM○」(○は算用数字)。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 何故か幼少期に、勇魚を助けた夢路が負傷したものに酷似。
  2. ^ 第1話冒頭でその約束と思われる場面があるが、その際に連れている人物の服装がなぜかメリーのものと似ている。TVアニメオープニングでも夢路らしき少年とメリーに似た少女が共にいる光景が映っており、何らかの関連性が示唆されている
  3. ^ ノワールの鎖の先に鉤爪を付けて飛ばす、クリスのように手を飛ばす代わりに自分の手を離れた場所に出現させて攻撃する等。
  4. ^ 最新刊時点では激痛のあまり行動を取れない状態になっている。
  5. ^ 原作中の描写から、彼も夢魔を失った器でとなった可能性がある。アニメ版ではこのことに対して強調はされていない
  6. ^ 出会ったころに貴照本人が「覗かれるのは好きじゃない」と言うので夢路は彼に対し力を使わないと決めていた。故に夢路は、彼がエルクレスに取り憑かれていることに気付けなかった。
  7. ^ 本来、完治するのが奇跡と言われるほどの状態だったが、クリオネの器となったことが原因で病気は完治している。
  8. ^ ミストルティンが滅したことにより「夢無くし」となったためなのか、自己保身のために逃亡したためなのかは不明
  9. ^ 杏莉は編集から昔話をされるまで絵里の兄だということには気づいていなかった。
  10. ^ 意味は「すげえぜ(S)たちばなの(T)おやっさん(O)」。
  11. ^ 能力自体はエルクレスが本来持っているものでは無い模様。
  12. ^ 単行本のラフスケッチによると、デザインが作者の仕事場で好評らしい。
  13. ^ 登場時は口の上下に目があったが、頭を回転させることが出来るため、口の左右に目が来る時がある。
  14. ^ この能力は夢魔個人の特殊能力である可能性もあるが、ジョンはメリー不在の幻界で夢魔が変異したものだと推測している。
  15. ^ 広志が投げた穴あけパンチ、夢路の武装明晰夢「縛鎖」による不意打ちは命中した。
  16. ^ アニメ版ではルビ無しで単に樹海と呼ばれている。読みの正式名称は作者twitterより。
  17. ^ 原作・アニメともどもこの現象は事実を知らない人間社会で問題視されており、アニメでは「夢無くし」という原因不明の症候群として命名されている。
  18. ^ ただし単身のランズボローがエルクレスの幻界に取り込まれた際に用いている。
  19. ^ 忘れてしまうが、絶対に思い出せないという訳ではない
  20. ^ Blu-ray Disc・DVDのパッケージには表示されている。

出典

  1. ^ 『まんがタイムきららフォワード』3月24日5月号発売”. まんがタイムきららフォワード. 2016年3月20日閲覧。
  2. ^ 単行本3巻巻末より。
  3. ^ 単行本1巻P146より。
  4. ^ iOS版「jubeat plus」,アニメ「夢喰いメリー」のpackが配信。主題歌など収録”. 4Gamer.net. Aetas (2011年11月4日). 2015年10月21日閲覧。


「夢喰いメリー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「夢喰いメリー」の関連用語

夢喰いメリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レードル

フライングディスク

レット・バトラー

ステア

ヘックスレンチ

護衛艦「いしかり」型

カマンベール・ド・ノルマンディ ラ・トラディション

S001





夢喰いメリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夢喰いメリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS