堀場雅夫 堀場雅夫の概要

堀場雅夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/19 06:49 UTC 版)

ほりば まさお
堀場 雅夫
生誕 堀場 雅夫
(ほりば まさお)

1924年12月1日(89歳)
住居 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学
職業 実業家(株式会社堀場製作所
テレビ番組 堀場雅夫のこころはベンチャー
肩書き 財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)最高顧問
日本新事業支援機関協議会(JANBO)会長
京都商工会議所副会頭
京都市ベンチャー企業目利き委員会委員長 株式会社京都ニュートロニクス監査役 など
テンプレートを表示

京都市生まれ。旧制甲南高等学校(現:甲南大学)を経て、1946年昭和21年)京都帝国大学理学部物理学専攻卒。学生ベンチャーの草分け的存在とされる。

1978年、53歳の若さで代表取締役社長を辞し、代表取締役会長職に退く。堀場は「人生の能力・知力・経験・体力は全部を掛け合わせて40代がピークであり、50代になるとそれが落ちてきてしまう。そこで50歳になったら経営者を退き、後継者(現役)は40代がいい」と、「社長50歳定年制の実行」を1971年大阪証券取引所京都証券取引所への上場が実現した際に宣言する。そして目標の50歳から3年が経過した1978年に堀場は創立25年記念式典で正式に引退を表明。「ワンマン社長の首を斬るのは自らしかない。この機会をとらえてかねてからの考えを実行した」と、引退について述べている[1]

現在、財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)の最高顧問、日本新事業支援機関協議会(JANBO)会長、京都商工会議所の副会頭、京都市ベンチャー企業目利き委員会の委員長、株式会社京都ニュートロニクス監査役などを務め起業家の育成に力を注いでいる。

堀場製作所会長兼社長の堀場厚は長男。

経歴

受賞歴

現職


  1. ^ 1992年4月「日本経済新聞私の履歴書」、及びそれを原作とした2013年8月9日放送BSジャパン「日経スペシャル・私の履歴書・堀場雅夫(その3)」より


「堀場雅夫」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「堀場雅夫」の関連用語

堀場雅夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コア掘り

アピストグラマ・クルズィ

ギア

荒地

あめりか丸

ランサー

和良川

古川享





堀場雅夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堀場雅夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS