在日本朝鮮人総聯合会 関連項目

在日本朝鮮人総聯合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/20 01:32 UTC 版)

関連項目

外部リンク




  1. ^ 固有名詞は同音の漢字による書きかえの例外だが、「聯」自体が使用されることは少ない。
  2. ^ 在日同胞6人も選出 朝鮮新報 2009.3.11
  3. ^ a b c d 内閣衆質一六六第四七五号平成十九年七月十日 平成十九年七月三日衆議院議員河村たかし提出の「公安調査庁に関する質問主意書」に対する日本国政府の答弁書 衆議院
  4. ^ 朴正鎮『日朝冷戦構造の誕生1945-1965』平凡社、2012年、151-159ページ
  5. ^ 杉本修作 (2007年1月16日). “角田参院副議長:陣営が寄付2517万円を「裏金処理」”. 毎日新聞. http://web.archive.org/web/20070127204245/http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20070116k0000e010066000c.html 2007年1月27日閲覧。 
  6. ^ 総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」 文科省への電話指示、ノルマも「産経ニュース」2010年6月13日
  7. ^ 毎日新聞2007年6月14日朝刊
  8. ^ 拉致、北朝鮮が指示か Nikkei Net 2007年4月10日
  9. ^ 拉致事件で警視庁が初捜索・朝鮮総連系団体 Nikkei Net 2007年4月25日
  10. ^ 「金曜アンテナ」週刊金曜日2007年6月8日号[リンク切れ]
  11. ^ 朝鮮総連、2児拉致での聴取要請を拒否 Nikkei Net 2007年4月26日[リンク切れ]
  12. ^ 朝鮮総聯中央本部広報室の強制捜索に関するコメント 朝鮮新報 2007年4月26日
  13. ^ 2008年6月13日 朝日新聞、産経新聞
  14. ^ 映画「東海の歌」 朝鮮国内で大反響, 朝鮮新報, 2010.2.5.
  15. ^ 同胞愛の結晶、好評上映中の映画「東海の歌」 監督、出演者、独占インタビュー, 朝鮮新報, 2010.2.12.
  16. ^ 北の女スパイ日本で暗躍、指令「総連傘下団体幹部に会え」”. 読売新聞. 2008年8月30日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 総聯の各級機関 朝鮮新報






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「在日本朝鮮人総聯合会」の関連用語

在日本朝鮮人総聯合会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




在日本朝鮮人総聯合会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの在日本朝鮮人総聯合会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS