四智 四智の概要

四智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/01/18 00:59 UTC 版)

目次

仏における智慧

唯識派においては、大円鏡智(だいえんきょうち)、平等性智(びょうどうしょうち)、妙観察智(みょうかんざっち)、成所作智(じょうしょさち)のことをいい、密教においてはそれぞれ金剛智・灌頂智・蓮華智・羯磨智をいう。なお、密教では四智のほかに大日如来の智である法界体性智を合わせて五智とする。

仏教の智慧を段階的に分類して説明した解説の一つで、現代的な表現に当てはめれば、遺伝子レベル、潜在意識、顕在意識、行動姿勢といった概念となる。

四諦における智慧

仏教における四諦苦諦集諦滅諦道諦の四つの真理)を悟るための智で、我生已尽智・梵行已立智・所作已辧已智・不受後有智をいう。

大智度論における智

大智度論において仏にいたる智を四つに分けたもので、道慧・道種慧・一切智・一切種智のことを言う。

関連項目




「四智」の続きの解説一覧





四智と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

四智に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「四智」の関連用語

四智のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




四智のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四智 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS