吹上駅 (埼玉県) 吹上駅 (埼玉県)の概要

吹上駅 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/29 10:07 UTC 版)

吹上駅
北口(2012年7月)
北口(2012年7月)
ふきあげ - Fukiage
北鴻巣 (3.0km)
(2.3km) 行田
所在地 埼玉県鴻巣市吹上本町一丁目1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)*
所属路線 高崎線
キロ程 27.3km(大宮起点)
上野から尾久経由で54.2km
電報略号 フキ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
9,164人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1885年明治18年)3月1日
備考 みどりの窓口
* 貨物列車の発着は無く、休止状態。
南口(2012年7月)
南口(2012年7月)
熊谷方面
熊谷方面

上野駅発着系統と、新宿駅経由で東海道線に直通する湘南新宿ライン、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ラインが停車する。

歴史

駅構造

単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線の計2面3線ホームを有する地上駅で、橋上駅舎を有している。

みどりの窓口指定席券売機自動改札機が設置され、各ホームにはATOS設備、エレベーターおよびエスカレータがある。構内にはキヨスク立ち食いそば店(そば処中山道)が、北口にはNEWDAYSが併設されている。

のりば

番線 路線 方向 行先 備考
1・2 高崎線 上り 大宮東京新宿横浜方面
湘南新宿ライン上野東京ライン含む)
2番線は待避列車
2・3 下り 熊谷・高崎・前橋方面
  • 本項では上野東京ラインのラインカラーを紫で示すが、実際のホーム案内はオレンジで案内されている。
  • 湘南新宿ラインの列車は大船駅から、上野東京ラインの列車は上野駅を経由して東京駅から、東海道線へ直通する。
  • 上下共用の待避線である2番線は、特急の通過待ちを行う列車が使用する。尚、2015年3月現在、定期旅客列車は下りのみで、平日3本、土休日1本のみ入線する。
  • 2014年後半以降、大幅なダイヤ乱れが生じた場合などに下り列車の一部が当駅2番線終着となり、折り返し上り方面への始発となることがある。なお、普通列車に使用されているE231系E233系電車(のみならず全ての車両)では当駅終着の表示には対応していない(本来の終着地を表示したままあるいは「普通」のみの表示で運転を打ち切る)。

発車メロディとして、鴻巣市出身のシンガーソングライター・美根ゆり香の曲である「HANDS - 大きな手から小さな手へ - 」の一節が採用されている[1]

貨物取扱

JR貨物の駅は現在、臨時車扱貨物の取扱駅となっており、定期貨物列車の設定はない。

かつては、駅に隣接していた関東菱油(新日本石油系、旧・三菱石油系)吹上油槽所(現 タイムズ駐車場吹上、セブン-イレブン鴻巣南1丁目店、その近隣の新興住宅地付近)への専用線があり、根岸駅から石油類が輸送されていたが、2002年平成14年)3月に廃止された。




[ヘルプ]
  1. ^ 電車の発車メロディーが変わりました - 鴻巣市公式サイト 2010年8月3日(2012年12月7日閲覧)
  2. ^ 各駅の乗車人員(2014年度) - 東日本旅客鉄道


「吹上駅 (埼玉県)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「吹上駅 (埼玉県)」の関連用語

吹上駅 (埼玉県)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

821T

白神山丸

J・Cペニー

発表会

WX310K

鼻瘤悪尉

ミュッセンブルーク

ツユクサ





吹上駅 (埼玉県)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吹上駅 (埼玉県) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS