厳誠流空手道厳誠塾 厳誠流空手道厳誠塾の概要

厳誠流空手道厳誠塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/20 03:01 UTC 版)

組手試合のルール

拳サポーター、金的(男性のみ)、マウスピースの装着が義務付けられている。 素面で顔面攻撃、金的蹴り、掴んでからの攻撃、倒してからの攻撃などあらゆる攻撃が認められている。審判の笛が鳴ってからの攻撃及び相撃ち等は無効となる。 試合時間は3分間で勝敗がつかない場合は3分間の延長戦を行う。延長戦により勝敗がつかない場合は再度3分間の延長戦を行う。それでも勝敗がつかない場合は判定により勝敗を決める。 一本取り形式で上段(顔面)及び中段(ボディー)へのダメージのある突きや蹴り、金的蹴りなどを技ありとし技あり二本で一本となる。技ありでも相手に著しくダメージを与えた場合や戦闘不能にさせた場合は一本になる事がある。各大会の各部門で決勝戦のみは時間無制限の一本取りで行う。

大会

小学生低学年の部(小学1-3年生)、小学生高学年の部(小学4-6年生)、中学生の部、18歳未満の部(高校1-3年生)、一般の部(18歳以上)の部門に分かれ、各部門で型試合と組手試合がある。また、型試合に関しては三級以上、初段、二段、三段、四段、五段(緑帯、茶帯、黒帯)の一部と三級以下(白帯、橙帯、黄帯、青帯)の二部に分かれている。

厳誠五訓

一、 相互の自由を尊重すること。
一、 相互の信頼を得ること。
一、 労働を愛し努力をいとわぬこと。
一、 心身を練磨し健全に生きること。
一、 厳しく誠であること。

外部リンク




「厳誠流空手道厳誠塾」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「厳誠流空手道厳誠塾」の関連用語

厳誠流空手道厳誠塾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




厳誠流空手道厳誠塾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの厳誠流空手道厳誠塾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS