前原 (船橋市) 前原 (船橋市)の概要

前原 (船橋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/04 07:20 UTC 版)

2009年2月1日現在の当地域の人口は、前原西が23,595人、前原東が14,067人、合計すると37,662人(船橋市調べ)。

地理

「前原」の語源は飯山満から見て、前面にある広い野原の意から来ており、古くは飯山満野(下総台地の一部)と呼ばれていたともいうがはっきりしていない。

町内は主に住宅が多いが、南部は企業ビルなどが並ぶ。

地価

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、前原西2-41-3の地点で22万8000円/m2、前原東3-4-7の地点で20万円/m2となっている。[1]

歴史

前原は歴史的には成田街道(旧佐倉街道)沿いに成立した近世の新田村落である。前原の成立は、一般的には江戸時代(延宝年間)とされているが、西部の札場集落はそれよりかなり古く、太閤時代の成立とする説もあるが、確証はない。江戸時代は幕府代官領で、前原新田と呼ばれ、明治22年に二宮村が成立するとその大字となった。

戦後は現在の前原西は「前原」、前原東は「宇津木堀」と呼ばれた。昭和30年に新町名設定で、船橋市前原町(1~3丁目)、昭和44年には住居表示が実施され、新京成線を境に前原西(1~8丁目)・東(1~6丁目)へと変わった。

交通

北・中央部は新京成電鉄新京成線前原駅、南東部は同線新津田沼駅、南部はJR総武線津田沼駅、西部は同線東船橋駅が最寄となる。そのうち前原にあるものは前原駅と津田沼駅(津田沼駅の住所は習志野市だが、船橋市にまたがる)。

またかつて新京成線が前原駅から京成津田沼駅までのルートを巡って右往左往していた時代に「藤崎台駅」という駅が習志野市津田沼との境に存在したこともある。

道路は国道296号成田街道)を中心に町が栄えた。また船橋方面から道標(分岐点)を直進した側の道である東金御成街道は東金までほぼ直線に作られた道として有名である。

前原西について

前原西(まえばらにし)は、前原の西部の地名。1~8丁目まである。

施設

前原東について

前原東(まえばらひがし)は前原の東部の地名。1~6丁目まである。

施設・公園

  • いけだ病院(1丁目)
  • 海松台公園(2丁目)
  • 新京成電鉄前原変電所(3丁目)
  • 津田沼自動車教習所(3丁目)
  • 中台幼稚園(4丁目)
  • 前原東郵便局(5丁目)
  • 道入庵(5丁目)
  • 御嶽神社(5丁目)
  • 船橋市立二宮小学校(5丁目)

河川

菊田川水系

  • 田喜野井川(前原東6丁目のみ)
    • 二宮川(前原東5丁目のみ)

海老川水系

  • 前原川(前原西6丁目・8丁目のみ) 準用河川
    • 中野木川(前原西4丁目のみ・境界部分)





「前原 (船橋市)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「前原 (船橋市)」の関連用語

前原 (船橋市)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

J.カーウィン

天井フィラー

固形飼料

セル

南部次郎

タイ米

カオリツムタケ

札幌オリンピック記念100円白銅貨幣





前原 (船橋市)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの前原 (船橋市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS