共同印刷 共同印刷の概要

共同印刷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/12 07:28 UTC 版)

共同印刷株式会社
Kyodo Printing Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7914
本社所在地 日本の旗 日本
112-8501
東京都文京区小石川4丁目14番12号
設立 1925年12月26日
業種 その他製品
事業内容 出版印刷、商業印刷、カード、データプリント、BPO、パッケージ、チューブ、産業資材、企画・制作、デジタル関連サービス ほか
代表者 代表取締役社長 藤森康彰
資本金 45億1千万円[1]
発行済株式総数 90,200,000株[1]
売上高 単体 864億88百万円
連結 924億83百万円
(2015年3月期)[1]
純資産 単体 477億32百万円
連結 570億12百万円
(2015年3月期)[1]
総資産 単体 965億31百万円
連結 1,041億10百万円
(2015年3月期)[1]
従業員数 単体 1,856名、連結 2,661名
(2015年3月期)[1]
決算期 3月31日
主要子会社 株式会社コスモグラフィック 100%[1]
外部リンク http://www.kyodoprinting.co.jp/
テンプレートを表示

企業概要

1897年(明治30年)、博文館主の大橋佐平が自社の書籍・雑誌を印刷するために創設した博文館印刷工場が前身。1925年(大正14年)、美術印刷中心の精美堂との合併により共同印刷株式会社となった。

出版印刷・商業印刷を主軸に、紙器やチューブなどのパッケージ、ビジネスフォーム、ICカードなども手掛け、総合印刷業としては1位大日本印刷、2位凸版印刷に次ぐ第3位。近年は、デジタルコンテンツの制作や、データプリントサービスを核にしたBPO業務、医薬・産業資材など、印刷技術を応用して新しい製品・サービスを生み出し、各種分野に進出している。

かつては労働運動も盛んで、徳永直太陽のない街』のモデルとなったことでも有名。また『週刊少年ジャンプ』(集英社)など多くの漫画雑誌の印刷を手がけており、その関係から2003年にはコミック向け電子組版システムとして『ComicPacker』を自社開発している[2]

主な事業部門と製品

  • 出版商印部門 - 雑誌、書籍、コミックス、辞典、電子書籍、カタログ、パンフレット、POP、ノベルティ、撮影・映像制作、デジタルコンテンツ、各種プロモーション企画
  • ビジネスメディア部門 - データプリントサービス、BPOサービス、通帳、各種カード、抽せん券、乗車券、各種帳票、デジタルソリューション
  • 生活・産業資材部門 - 各種パッケージ、ラベル、チューブ、機能性材料、建材用品、包装システム

インターネットコンテンツ事業

  • 自己ガク(リンク先 http://jikogaku.jp/ )- 共同印刷が運営する、"学び"に特化した電子書店。医療・看護、ビジネス、法律、趣味・教養、資格・検定の5分野で、電子書籍販売や関連セミナー・試験情報などを総合的に提供している。
  • ソク読み(リンク先 http://sokuyomi.jp/ )- デジタルカタパルトが運営する、電子コミックの販売サイト。現在50以上の出版社をはじめとするコンテンツホルダーが作品を提供している。

[ヘルプ]


「共同印刷」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

共同印刷に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「共同印刷」の関連用語

共同印刷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

畑

目地

マガモ

恥骨

フェリー海龍

ホローチョコレート

石見畳ヶ浦磯のかおり

皿





共同印刷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共同印刷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS