元禄赤穂事件 切腹 [編集]

元禄赤穂事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/08 17:24 UTC 版)

元禄赤穂事件(げんろくあこうじけん)は江戸時代中期の元禄期に発生した仇討ち事件で、吉良上野介を討ちそんじて切腹した浅野内匠頭の代わりに、その家臣である大石内蔵助以下47人が、吉良を仇討ちしたものである。




  1. ^ 山本(2012) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」
  2. ^ 山本(2012) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」
  3. ^ 山本(2012) 第二章二節「大石の真意」
  4. ^ 山本(2012) 第三章三節
  5. ^ 山本(2012) 第三章四節
  6. ^ 山本(2012) 第三章四節
  7. ^ 山本(2012) 第三章四節
  8. ^ 山本(2012) 第三章四節「山科会議」
  9. ^ 山本(2012) 第三章四節「山科会議」
  10. ^ 山本(2012) 第四章一節
  11. ^ 山本(2012) 第四章一節
  12. ^ 山本(2012) 第四章二節
  13. ^ 山本(2012) 第四章三節
  14. ^ 山本(2012) 第一章一節
  15. ^ 『梶原氏筆記』。山本(2012) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」より重引
  16. ^ 山本(2012) 第一章一節
  17. ^ 山本(2012) 第一章一節
  18. ^ 山本(2012) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」
  19. ^ 『梶原氏筆記』。山本(2012) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」より重引。現代語訳も同書から引用。
  20. ^ 山本(2012) 第一章一節
  21. ^ 山本(2012) 第一章一節
  22. ^ 山本(2012) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」
  23. ^ 山本(2012) 第一章二節「幕府の裁定」
  24. ^ 現在の東京都港区新橋4丁目
  25. ^ 山本(2012) 第一章二節「幕府の裁定」
  26. ^ 山本(2012) 第一章二節より重引。現代語訳も同書から引用。
  27. ^ 山本(2012) 第一章二節「幕府の裁定」
  28. ^ 山本(2012) 第一章二節「幕府の裁定」より重引。現代語訳も同書から引用。
  29. ^ 山本(2012) 第一章二節
  30. ^ 山本(2012) 第一章二節
  31. ^ 山本(2012) 第一章二節
  32. ^ 山本(2012) 第一章三節
  33. ^ 山本(2012) 第一章三節
  34. ^ 山本(2012) 第一章三節
  35. ^ 山本(2012) 第一章三節
  36. ^ 山本(2012) 第一章二節「吉良の家系」
  37. ^ 山本(2012) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」
  38. ^ 山本(2012) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」
  39. ^ 山本(2012) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」
  40. ^ 山本(2012) 第一章二節「吉良の家系」
  41. ^ 山本(2012) 第一章二節「吉良の家系」
  42. ^ 山本(2012) 第二章一節
  43. ^ 山本(2012) 第二章一節
  44. ^ 山本(2012) 第二章一節
  45. ^ 山本(2012) 第二章一節
  46. ^ 山本(2012) 第二章一節
  47. ^ 山本(2012) 第二章一節
  48. ^ 山本(2012) 第二章一節
  49. ^ 山本(2012) 第二章一節「江戸屋敷と居城の明け渡し」
  50. ^ 山本(2012) 第二章一節「藩札の処理」
  51. ^ 山本(2012) 第二章一節「江戸屋敷と居城の明け渡し」
  52. ^ 山本(2012) 第二章一節「江戸屋敷と居城の明け渡し」
  53. ^ 山本(2012) 第二章二節
  54. ^ 山本(2012) 第二章二節
  55. ^ 山本(2012) 第二章二節「大石の真意」
  56. ^ 山本(2012) 第二章二節「大石の真意」
  57. ^ 山本(2012) 第二章二節
  58. ^ 山本(2012) 第二章二節
  59. ^ 山本(2012) 第二章二節「大石の真意」
  60. ^ 山本(2012) 第二章一節「吉良存命の報」
  61. ^ 山本(2012) 第二章二節「大石の真意」
  62. ^ 山本(2012) 第二章二節
  63. ^ 山本(2012) 第二章二節
  64. ^ 山本(2012) 第二章二節
  65. ^ 山本(2012) 第二章二節
  66. ^ 山本(2012) 第二章三節
  67. ^ 山本(2012) 第二章三節
  68. ^ 山本(2012) 第二章三節
  69. ^ 山本(2012) 第二章三節
  70. ^ 山本(2012) 第二章三節
  71. ^ 山本(2012) 第二章四節
  72. ^ 山本(2012) 第二章四節
  73. ^ 山本(2012) 第二章四節
  74. ^ 山本(2012) 第二章四節
  75. ^ 山本(2012) 第二章四節
  76. ^ 山本(2012) 第二章四節
  77. ^ 山本(2012) 第二章五節
  78. ^ 山本(2012) 第二章五節
  79. ^ 山本(2012) 第三章一節
  80. ^ 山本(2012) 第三章一節
  81. ^ 山本(2012) 第三章二節
  82. ^ 山本(2012) 第三章三節
  83. ^ 山本(2012) 第三章三節
  84. ^ 山本(2012) 第三章三節
  85. ^ 山本(2012) 第三章三節
  86. ^ 山本(2012) 第三章三節
  87. ^ 山本(2012) 第三章三節
  88. ^ 山本(2012) 第三章四節
  89. ^ 山本(2012) 第三章四節
  90. ^ 山本(2012) 第三章四節
  91. ^ 山本(2012) 第三章四節
  92. ^ 山本(2012) 第三章四節
  93. ^ 山本(2012) 第三章四節「山科会議」
  94. ^ 山本(2012) 第三章四節「山科会議」
  95. ^ 山本(2012) 第三章四節「山科会議」
  96. ^ 山本(2012) 第三章四節「山科会議」
  97. ^ 山本(2012) 第四章一節
  98. ^ 山本(2012) 第四章一節
  99. ^ 山本(2012) 第四章一節
  100. ^ 山本(2012) 第四章一節
  101. ^ 山本(2012) 第四章一節
  102. ^ 山本(2012) 第四章一節「祇園遊びの真意」
  103. ^ 山本(2012) 第四章一節「祇園遊びの真意」
  104. ^ 山本(2012) 第四章一節「祇園遊びの真意」
  105. ^ 山本(2012) 第四章一節「祇園遊びの真意」
  106. ^ 山本(2012) 第四章一節「祇園遊びの真意」
  107. ^ 山本(2012) 第四章一節「祇園遊びの真意」
  108. ^ 山本(2012) 第四章二節
  109. ^ 山本(2012) 第四章二節
  110. ^ 山本(2012) 第四章二節
  111. ^ 山本(2012) 第四章三節
  112. ^ 山本(2012) 第四章三節
  113. ^ 山本(2012) 第四章三節
  114. ^ 山本(2012) 第四章三節
  115. ^ 山本(2012) 第四章三節
  116. ^ 山本(2012) 第四章三節
  117. ^ 山本(2012) 第五章一節
  118. ^ 山本(2012) 第五章一節
  119. ^ 山本(2012) 第五章一節
  120. ^ 山本(2012) 第五章一節
  121. ^ 山本(2012) 第五章四節
  122. ^ 山本(2012) 第五章四節
  123. ^ 山本(2012) 第五章四節
  124. ^ 山本(2012) 第五章四節
  125. ^ 山本(2012) 第五章四節
  126. ^ 山本(2012) 第五章四節「吉良邸茶会の情報」
  127. ^ 山本(2012) 第五章四節「吉良邸茶会の情報」
  128. ^ a b c d e f g h i j k l m 山本(2012) 第五章二節「続出する脱盟者」
  129. ^ 山本(2012) 第五章四節「揺れる討ち入り前の心」
  130. ^ 忠臣蔵とは何か 丸谷才一
  131. ^ 酬山はその後義士の所持品を売り払い利益を得たが、世間の批判を受け慌ててそれらの品の買い戻しに走っている。勝部真長1994『日本人的心情の回帰点 忠臣蔵と日本人』(PHP研究所)p.169-73
  132. ^ 渡辺(1998) p.192-195
  133. ^ 渡辺(1998) p.206-207
  134. ^ 渡辺(1998) p.207
  135. ^ 渡辺(1998) p.212-213
  136. ^ 渡辺(1998) p.234-237
  137. ^ 斎藤(1975) p.492-493
  138. ^ 斎藤(1975) p.494
  139. ^ 渡辺(1998) p.238
  140. ^ 渡辺(1998) p.240-241
  141. ^ 渡辺(1998) p.241-242
  142. ^ 斎藤(1975) p.498
  143. ^ 泉(1998) p.119
  144. ^ a b 泉(1998) p.120
  145. ^ a b 泉(1998) p.121-122
  146. ^ 泉(1998) p.278
  147. ^ 泉(1998) p.122/279
  148. ^ 初出について文化2年(一八〇五年)の『江戸名釈看板 雪の曙 誉の槍』が初出であると『赤穂義士事典』に記されているほか、三波春夫が自著『真髄 三波忠臣蔵』(小学館)で記している。
  149. ^ 俵星の表記について凝香園の『赤穂四十七士』湊邦三の『元禄武士道』などに記述がある。『歌がこんなに上手くなって良いのだろうか!?: あなたにも出来る「日本人のための究極歌唱法」』(江本弘志)より
  150. ^ 斎藤(1975) p.804
  151. ^ 斎藤(1975) p.805-87
  152. ^ 竹田真砂子 浄瑠璃坂の討入り - 忠臣蔵への道 -(1999/3) ISBN9784087811698 (4087811697)
  153. ^ 高家の装束が直垂であることは、神坂次郎著『おかしな大名たち』所収の大沢基寿の史談会での談話に明らかである







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

元禄赤穂事件に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「元禄赤穂事件」の関連用語

元禄赤穂事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

白浜海水浴場

高橋尚子

四万十川の沈下橋をわたる風

STS-51-J

トゲチョウチョウウオ

久留米ラーメン

シロカラハツタケ

ヒール・トウ・デザイン





元禄赤穂事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの元禄赤穂事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS