供養 供養の概要

供養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/22 17:34 UTC 版)

日本の民間信仰では死者・祖先に対する追善供養のことを特に供養ということが多く、これから派生して仏教と関係なく死者への対応という意味で広く供養と呼ぶこともある。また動物等に対する供養、さらには針供養や人形供養のように生き物でない道具等に対する供養もある。

供養の種類

  • 二種供養
    • 利供養・・・・飲食など財物を供養すること
    • 法供養・・・僧が法を説くなど修行して衆生利益する供養
  • 三種供養
    • 利供養
    • 敬供養(讃嘆恭敬する供養)
    • 行供養(仏法を行ずる供養)
  • 四事供養
    • 飲食・衣服・臥具・湯薬
  • 五供養密教
  • 六種供養
    • 閼伽(あか=水)・塗香・華・焼香・飲食・灯明。
「閼伽・塗香・華」については全く同一の形状の「六器」により1対3組を、「焼香」は「火舎(香炉)」、「飲食」は「飲食器(おんじきき)」、灯明は油を満たした器にて祀る。
  • 七種供養
チベット式。全く同一の形状の「七器」を用いる。「七器」すべてに水を注いで供物の代用とする方法や、灯明のみバターランプ器を用い、残る器に実際に供物を盛る方法がある[1]
    • 一般的な方法:漱口水・洗足水・華・焼香・灯明・塗香・飯食[2]
    • 父タントラ:飲食(ニューデནེེ་ཝི་དྱཱ་)・塗香(ゲーンデ་གནྡྷེ་)・灯明(アーローケཨཱ་ལོ་ཀེ་)・焼香(ドゥーペーདྷུ་པེ་)・華(ヒューペーཔུཥྤེ་)・洗足水(パーデムཔཱདྱཾ་)・閼伽(アーガムཨརྒྷཾ་)
    • 母タントラ:閼伽(アーガムཨརྒྷཾ་)・洗足水(パーデムཔཱདྱཾ་)・華(ヒューペーཔུཥྤེ་)・焼香(ドゥーペーདྷུ་པེ་)・灯明(アーローケཨཱ་ལོ་ཀེ་)・塗香(ゲーンデ་གནྡྷེ་)・飲食(ニューデནེེ་ཝི་དྱཱ་)
  • 八種供養
七種供養に音楽(シャプタཤཔྟ་)を加えたもの[3]
  • 十種供養
    • 華・香・瓔珞抹香・塗香・焼香・繒蓋憧幡(そうがいどうばん)・衣服・妓楽・合掌

などがある。

器物の供養

  • 針供養
  • 鋏供養
  • 鏡供養
  • 写真供養
  • 表札供養
  • 仏壇供養
  • 経典供養
  • 印章供養
  • 人形供養

関連項目

参考文献

  • 『実践 チベット仏教入門』 クンチョック・シタル、ソナム・ギャルツェン・ゴンタ、斎藤保高著、春秋社、1995年9月ISBN 4-393-13272-6





  1. ^ 『実践 チベット入門』,pp.45,46.
  2. ^ 『実践 チベット入門』,pp.45,46.
  3. ^ 『実践 チベット入門』,p.45.


「供養」の続きの解説一覧





供養と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

供養に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「供養」の関連用語

供養のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

脚立

霧ヶ峰の高原と風

松の内

向斜

菅島灯台

国際原子力事象評価尺度

石州和紙

第二しょうどしま丸





供養のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの供養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS