五十嵐めぐみ 五十嵐めぐみの概要

五十嵐めぐみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/16 05:09 UTC 版)

いがらし めぐみ
五十嵐 めぐみ
本名 岡 恵実(旧姓:平松) 
別名 森田 めぐみ
生年月日 1954年9月18日(59歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市東区
身長 168 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1976年 -
活動内容 1976年:『さかなちゃん』
1983年:結婚、芸能界を引退
1988年女優へ復帰
配偶者 ケン影岡(1983年 - 1988年
事務所 愛企画
主な作品
映画

『せんせい』

坊ちゃん

テレビドラマ
『さかなちゃん』
ムー
ムー一族
3年B組金八先生第七シリーズ
法医学教室の事件ファイルシリーズ』
湯けむりウォーズ

『四万十川』

舞台
『浪花かんざし』
『ジュリエット』
『プアゾンの匂う女』

名古屋市[1]東区[要出典]出身。所属事務所は愛企画。

経歴

実家は当初印刷会社を経営し、後に喫茶店を営んでいた。

愛知淑徳高校に入学し、演劇部に入部。最初はほんの軽い気持ちで入ったというが、直ぐに演劇の魅力に取り付かれたという。高校卒業後上京し、喫茶店等で働きながら松浦竹夫付属演劇研究所で演技の基礎を学ぶ。

TBSのポーラテレビ小説『さかなちゃん』のヒロイン役が五十嵐めぐみとしてのデビュー作である[2]が、それ以前には森田めぐみの芸名で活動。森田時代には少年課刑事を主人公とするドラマ『事件ファイル110 甘ったれるな』にレギュラー出演したり、松方弘樹主演の東映プログラムピクチャー2本(「暴力金脈」等)にも端役で出演している。

『さかなちゃん』終了後にはTBSの『ムー』、『ムー一族』やNTV中村雅俊主演「青春ど真ん中」、テレビ朝日土曜ワイド劇場枠で天知茂主演の「江戸川乱歩の美女シリーズ」にレギュラー出演。

当時の女優としては168cmと背が高く、そのスリムな体形とボーイッシュな魅力が個性となっていた。また、雑誌『GORO』(1983年6月23日号)・『週刊プレイボーイ』(1975年9月2日号、1977年1月11日号)などの雑誌にてヌードを披露したこともあるが、「江戸川乱歩の美女シリーズ」ではついに脱ぐことはなかった。

五十嵐めぐみとなってからは、映画では三浦友和主演の『残照』、中村雅俊主演の『坊ちゃん』に脇役で出演したが、1983年の「せんせい」で初の(今のところ[いつ?]唯一の)主役を演じた。

結婚引退前の映画出演は他に、萬田久子のデビュー作『夏の別れ』がある。

1983年、仕事がきっかけで交際していたカメラマンのケン影岡(本名:岡紀彦(おか のりひこ))と結婚し引退。10歳以上年の離れた相手との結婚であったことや、仕事も順調であったことから家族、所属事務所ともに大反対されたが信念を通した。しかし、1988年5月に夫がで死去したことをきっかけに、女優に復帰した。

復帰後はテレビドラマや商業演劇の舞台、バラエティなどにもコンスタントに出演。当初は年齢の割りに固さが目立ったが、現在は若い頃の面影を残す容姿をたもった女優として活動中。また『徹子の部屋』に出演し、長男がLD(学習障害)であることを告白した[いつ?](徹子の部屋には、その後2度出演)。のちに[いつ?]自らの半生を綴った「ありのままで」を出版。前後して、長男の育児の経験をもとにした講演活動も積極的に行っている。

2008年7月27日放送の『いつみても波瀾万丈』にて、それまでの半生を振り返っていた。

エピソード

  • 五十嵐姓は母方の姓であることを自伝で告白している(幼少時に両親が離婚しているが、父親の籍に残っていた)。
  • 森田めぐみ時代に出演した東映作品は松方弘樹主演の「暴力金脈」(共演:小沢栄太郎)と「強盗放火殺人囚」(共演:若山富三郎)で、いずれも短いシーンであるがヌードになっており、お色気担当としての起用であった。
  • 『週刊プレイボーイ』では2度ヌードグラビアで登場しているが、2度目の写真素材は森田めぐみ時代に撮影されたものであり、「さかなちゃん」主演で人気者となったことにより、再度掲載された(このことは当時別の週刊誌でスキャンダル的に報じられた)。
  • 若い頃は「勝気で男勝りだが可愛らしい」という役柄を得意としており、「さかなちゃん」「ムー」「青春ド真中!」「美女シリーズ」などは同様路線での出演が続いた。(2007年の舞台「松井誠奮闘公演」でひさしぶりに男勝りの大工の親方を演じている)
  • 土曜ワイド劇場の初期の出演者の中で、現在もレギュラー作品を持っている稀有な存在である。
  • デビュー当初は天知茂の事務所アマチプロゼに所属。担当マネージャーであった吉川愛美と独立して現在の所属事務所でもある愛企画に移籍した[いつ?]。愛企画には宅麻伸も所属している。
  • 亡夫のケン影岡はヌード写真を得意としていたが、70年代初期には日本のロックバンドのアルバムジャケットも多く手がけている。
  • 女優がバラエティ番組に出演することが少なかった時代に一度結婚引退したこともあってか、復帰当初に出演したバラエティ番組ではぎこちない面があり、テレビ東京のクイズ番組でまじめに答えたにもかかわらず全問不正解だったこともある。
  • 田淵幸一の妻であるジャネット八田とは同じ事務所で仲が良い。田淵が大学時代、リーグ通算記録22本塁打を放った際に使用したバットを所持している。以前田淵の家に遊びに行った際に「息子が野球やっているんです」と話したところ、田淵本人からプレゼントされたと、「開運!なんでも鑑定団」出演時に述べた。

[ヘルプ]
  1. ^ a b 公式プロフィール”. 愛企画. 2014年5月22日閲覧。
  2. ^ 五十嵐めぐみ”. 講師・出演者一覧. システムブレーン. 2014年5月22日閲覧。


「五十嵐めぐみ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「五十嵐めぐみ」の関連用語

五十嵐めぐみのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




五十嵐めぐみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五十嵐めぐみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS