二戸市 二戸市の概要

二戸市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/13 23:51 UTC 版)

にのへし
二戸市
091103tendai.jpg
Flag of Ninohe, Iwate.svg
二戸市旗
Symbol of Ninohe Iwate.svg
二戸市章
2006年平成18年)1月1日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
団体コード 03213-1
面積 420.31km²
総人口 28,452
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 67.7人/km²
隣接自治体 八幡平市
九戸郡軽米町九戸村
二戸郡一戸町
青森県三戸郡南部町三戸町田子町
市の木 ウルシ
市の花 ヤマザクラ
市の鳥 キジ
二戸市役所
所在地 028-6192
岩手県二戸市福岡字川又47番地
北緯40度16分16.5秒東経141度18分17.2秒
二戸市役所(2008年(平成20年)5月撮影)
外部リンク 岩手県二戸市ホームページ

二戸市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
二戸市中心部周辺の空中写真。馬淵川沿いに市街地が形成され周囲は山に囲まれている。1977年撮影の8枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
上空からの二戸市
浄法寺総合支所(旧:浄法寺町役場/2008年平成20年)6月撮影)

旧・二戸市域は中央を馬淵川(まべちがわ)が流れ、東に折爪岳を擁する。旧・浄法寺町域はほぼ中心を南西から北東に向かって流れる安比川の流れにそって交通が発展し、やや川下の開けた部分に総合支所などが存在し、西に稲庭岳を擁する。九戸郡軽米町九戸村一戸町と共に、カシオペア連邦を形成する。

地理

歴史

縄文時代-古代には、この近辺に爾薩体と呼ばれるエミシの部族集団が居住していたが、811年に征夷将軍文屋綿麻呂が爾薩体と弊伊征服したと『日本後紀』に記述されている。 奈良時代には、聖武天皇の勅命を受けた行基がこの地に八葉山天台寺を開山したと伝えられている。

かつて奥六郡の北には郡は置かれなかったが、延久蝦夷合戦の結果、糠部郡鹿角郡比内郡津軽平賀郡津軽田舎郡、津軽山辺郡、津軽鼻和郡外浜西浜が建郡された。 二戸の名前は、糠部郡に敷かれていた「四門九戸(しもんくのへ)」の制に由来する。 四門九戸の制とは、糠部郡を東西南北の四つの門と、一から九までの「戸」(あるいは部)に分けるものであり、糠部郡内の主な地域を一戸〜九戸に分画して余った四方の辺地を東門、西門、南門、北門と呼んだと思われる。 「戸」とは「牧場」の意であるとも言われる。 寛永11年(1634年)糠部郡は、二戸郡北郡三戸郡九戸郡に分割された。

四戸を除き、一戸から九戸は現在でも地名として現存し、一戸町二戸市九戸村岩手県に立地し、三戸町五戸町六戸町七戸町八戸市青森県に立地しており、北門は現在の上北郡下北郡にその名を留めている。


室町時代以降江戸時代の終わりまで、この地は南部氏の統治下に置かれ、冷涼な環境と酷政により飢饉がたびたび発生した。 明治維新後に行われた廃藩置県1871年)の際には当初この地域は青森県になるも、1876年には岩手県に編入され現在に至る。 九戸政実の乱平定の後に南部氏がここに居城を構えていたときの名が福岡城であったことも含め、一般にはこの地は福岡町 (岩手県)と呼ばれており、現在の二戸市中心部は、二戸郡福岡町であった(二戸という市名は郡名より採用されたものである)。


行政区域の変遷(市町村制施行以後)

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制が施行される。
    • 福岡村が町制施行し、二戸郡福岡町が成立。
    • 安比村、似鳥村、福田村、上斗米村の一部が合併し、二戸郡御返地村が成立。
    • 米沢村、上斗米村の一部、下斗米村の一部が合併し、二戸郡斗米村が成立。
    • 旧・石切所村と福岡村の一部が合併し、二戸郡石切所村が成立。
    • 堀野村、白鳥村、仁左平村、福岡村の一部が合併し、二戸郡爾薩体村が成立。
    • 旧・金田一村、野々上村、釜沢村、下斗米村の一部が合併し、二戸郡金田一村が成立。
    • 旧・浄法寺村、大清水村、駒ヶ嶺村、漆沢村、御山村が合併し、二戸郡浄法寺村が成立。
  • 1940年(昭和15年)12月25日 - 浄法寺村が町制施行し、浄法寺町となる。
  • 1955年(昭和30年)3月10日 - 福岡町が御返地村、斗米村、石切所村、爾薩体村を編入する。
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 福岡町と金田一村が合併し、旧・二戸市となる。
  • 2006年(平成18年)1月1日 - 旧・二戸市と二戸郡浄法寺町が合併し、新たな二戸市となる。

行政

二戸市遠望「カシオペアメッセ・なにゃーと」展望台から(2008年(平成20年)2月
旧二戸市長
氏名 就任 退任 備考
1~5 國分保雄 昭和47年(1972年)4月 平成4年(1992年)4月 旧福岡町長
6~9 小原豊明 平成4年(1992年)4月 平成17年(2005年)12月31日
新設合併以後
氏名 就任 退任 備考
1 小原豊明 平成18年(2006年)1月29日 平成22年(2010年)1月28日
2 小保内敏幸 平成22年(2010年)1月29日 平成25年(2013年)12月8日 在任中死去
3 藤原淳 平成26年(2014年)1月26日 現職(1期目)

防災無線

防災無線の時報は以下の通り。

放送時刻
(JST)
浄法寺地区以外
(旧・二戸市域)
浄法寺地区
曲目 実施時期 曲目 実施時期
06:00 恋はみずいろ 通年  
12:00 野ばら 歓喜の歌 通年
17:00 夕焼け小焼け
故郷
冬季(10月-3月) 遠き山に日は落ちて
18:00 夏季(4月-9月)  

夕方の時間帯の曲目は、選曲が数年おきに入れ替わることがある。2007年度は夏季に「夕焼け小焼け」・冬季に「故郷」を使用していたが、2008年度は夏季・冬季とも「夕焼け小焼け」となり、2009年・2010年度は夏季に「故郷」・冬季に「夕焼け小焼け」が選曲されている。











固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「二戸市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||




二戸市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す




二戸市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二戸市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS