久保允誉 久保允誉の概要

久保允誉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/19 13:35 UTC 版)

エディオン > デオデオ > 久保允誉
くぼ まさたか
久保 允誉
生誕 1950年2月18日(64歳)
日本の旗 日本 広島県広島市
出身校 早稲田大学
職業 エディオン代表取締役社長
サンフレッチェ広島取締役会長
テンプレートを表示

来歴・人物

広島市に生まれる。崇徳高等学校を卒業。1978年、早稲田大学商学部卒業後、第一産業に入社。専務取締役、副社長などを経て、1992年、代表取締役社長に就任。

2002年、エディオンを設立、代表取締役会長に就任。2003年にエディオン取締役社長、デオデオ取締役会長に就任。2004年、暮らしのデザイン代表取締役会長を兼務。2007年、不祥事によりミドリ電化役員の引責辞任を受けて、同社会長に就任。2009年、組織改編に伴いエディオンWEST社長に就任した。

一方で1987年から父の道正と財団法人久保スポーツ振興基金を設立し、広島県内のスポーツ振興を後押しした[1]

また、1998年に経営危機に陥ったJリーグサンフレッチェ広島の社長に就任し、経営改革を行い2000年度決算で黒字に転化。その後も長年にわたり地元財界とクラブの橋渡しをし、経営安定に努めた。2001年から(社)Jリーグ理事。2007年末、広島のJ2降格の責任をとり社長を退任し、サンフレッチェ広島会長に就任。2010年Jリーグ理事を退任。

2012年現在、サンフレッチェ広島会長、(財)広島県スポーツ振興財団理事、(財)広島県サッカー協会顧問、全日本アーチェリー連盟顧問、広島県アーチェリー協会会長、(財)久保スポーツ振興基金評議員。同年、各方面へのスポーツ貢献を認められたことから、ロンドン五輪聖火ランナーに選ばれ、マンチェスター市内を走っている[1]

略歴

  • 1974年 崇徳高等学校卒業。
  • 1978年 早稲田大学商学部卒業。
  • 1978年4月 第一産業(のちのダイイチ→デオデオ→エディオンWEST、現エディオン WESTカンパニー)入社。
  • 1981年6月 ダイイチ取締役に就任。
  • 1981年7月 ダイイチ取締役常務に就任。
  • 1987年6月 ダイイチ取締役専務に就任。
  • 1991年6月 ダイイチ取締役副社長に就任。
  • 1992年4月 ダイイチ代表取締役社長に就任。
  • 1997年4月 社名を現在の株式会社デオデオに変更。
  • 1998年6月 サンフレッチェ広島代表取締役社長に就任。
  • 2001年 Jリーグ理事に就任。
  • 2002年3月 株式会社エディオンを設立。同社取締役会長に就任。
  • 2003年7月 エディオン代表取締役社長に就任。
  • 2003年7月 デオデオ取締役会長に就任。
  • 2004年3月 暮らしのデザイン代表取締役会長に就任。
  • 2007年12月 サンフレッチェ広島会長に就任。
  • 2007年12月 ミドリ電化会長に就任。
  • 2009年10月 エディオンWEST社長に就任。



  1. ^ a b Jリーグ広島会長 ロンドン五輪の聖火リレーで快走”. スポーツニッポン (2012年6月24日). 2012年7月6日閲覧。


「久保允誉」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

久保允誉に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「久保允誉」の関連用語

久保允誉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

土質分類

鍋島灯台

タガヤサン

サッカー

十種ヶ峰水源の森

カリフォルニア・ファン

グラスコックピット

マルキ





久保允誉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの久保允誉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS