中野竹子 中野竹子の概要

中野竹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/08 01:59 UTC 版)

中野竹子

生涯

会津藩江戸詰勘定役・中野平内の長女として江戸で生まれた。聡明で学問に長じ、また薙刀術の名手であった。戊辰戦争が始まると会津若松城下に戻り、学問や薙刀を教える。

新政府軍が城下に侵攻した際、母・こう子らと共に娘子軍を結成し奮戦したが頭に銃弾を受けて戦死[1]。首級を敵に与えることを潔しとしない母の介錯[2]により果てた。首級は農兵の手により会津坂下町の法界寺に埋葬された[3]。享年18[4]

辞世の句は「武士の猛きこころにくらふれは 数にも入らぬ我が身なからも」。

中野竹子が登場する作品

小説 

テレビドラマ 

その他 

中野竹子を演じた女優

参考文献

関連項目


  1. ^ 大河ドラマ『八重の桜』では設定が異なり、胸を撃たれて戦死したことになっている。
  2. ^ 妹の優子または農兵が介錯したとする説もある。
  3. ^ 中野竹子 涙橋の戦い”. 2013年7月8日閲覧。
  4. ^ 20、22などの異説がある。


「中野竹子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

中野竹子に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中野竹子」の関連用語

中野竹子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




中野竹子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中野竹子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS