中新田バッハホール 中新田バッハホールの概要

中新田バッハホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/17 14:42 UTC 版)

中新田バッハホール
中新田バッハホール外観
情報
通称 中新田バッハホール
正式名称 加美町中新田文化会館[1]
旧名称 中新田町民文化会館
開館 1981年2月
客席数 684席
設備 パイプオルガンピアノチェンバロ、音楽資料館
用途 コンサートホール
運営 加美町教育委員会
所在地 981-4262
宮城県加美郡加美町字一本杉101番地
位置 北緯38度34分6.21秒
東経140度51分58.53秒
テンプレートを表示

概要

当時の中新田町町長本間俊太郎の発案で建設され、1981年昭和56年)2月に、「中新田町民文化会館」、通称「中新田バッハホール」として開館した。684席の大ホールの設計にはNHK総合技術研究所が携わり、壁面や天井のデザインが工夫されているほか、様々な楽器や演奏曲目に最適化された残響時間が得られる残響可変壁が採用されている。また、ホール設計と同時に計画されたパイプオルガンが設置され、ホールの象徴となっている。

都会から離れた田舎町に建設された高度な音楽ホールは、”田んぼの中のコンサートホール[2]”として注目され、地方からの文化発信の象徴的存在として知られるようになった[2]音響家が選ぶ優良ホール100選にも選ばれている。

館内には楽譜音楽に関する専門書などが収められる音楽資料館があるほか、「田園詩」と題された3面のステンドグラスも配されている。

施設

  • 名称:加美町中新田文化会館
  • 愛称:中新田バッハホール[2][3]
  • 客席数(大ホール):684席(固定643席・補助移動38席・車椅子3席)[3]
  • 舞台(大ホール):間口14.8m、奥行9.0m、高さ9.55m[3]
  • 設備(大ホール):パイプオルガン、ピアノスタインウェイ/ヤマハCF)、チェンバロ(ノイペルト)[3]
  • 所在地:宮城県加美郡加美町字一本杉101番地

アクセス

関連項目

外部リンク


[ヘルプ]
  1. ^ 加美町中新田文化会館条例
  2. ^ a b c 中新田バッハホール 加美町商工観光課、2010年5月7日閲覧
  3. ^ a b c d 中新田バッハホール 宮城県文化振興財団、2010年5月7日閲覧
  4. ^ プロフィール(小林武史) 小林武史公式ウェブサイト、2010年5月7日閲覧


「中新田バッハホール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中新田バッハホール」の関連用語

中新田バッハホールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




中新田バッハホールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中新田バッハホール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS