世界大学ランキング 日本の主要大学のランキング

世界大学ランキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/22 15:31 UTC 版)

日本の主要大学のランキング

国内における大学ランキングといえば、朝日新聞社の『大学ランキング』や、『大学入試難易ランキング』(代々木ゼミナール)、『全国大学の研究活性度 : 科学研究費補助金の採択研究課題数に関する調査』(トランスアート)など、偏差値や入試難易度、合格者、就職、年収、財政、研究といったランキングが、雑誌や新聞社、教育機関や政府などによって作成されているが、ここでは学術研究的な観点に基づいた「QS世界大学ランキング」と、実学的な世界を代表するグローバル企業のCEOの輩出率に基づく「ENSMP世界大学ランキング」 における日本の主要大学の順位を記す。こうやって見ると、学術に於いては、旧帝国大学と呼ばれる大学群が強く、実学に於いては、名門私学の早慶旧三商大一橋大学神戸大学が強いことが分かる。

QS大学ランキング(2013)
QS 大学名
32 東京大学
35 京都大学
55 大阪大学
66 東京工業大学
75 東北大学
99 名古屋大学
133 九州大学
144 北海道大学
193 慶應義塾大学
210 筑波大学
220 早稲田大学
304 神戸大学
- 一橋大学
ENSMP大学ランキング(2011)
ENSMP 大学名
2 東京大学
3 慶應義塾大学
5 京都大学
8 早稲田大学
13 東北大学
25 一橋大学
25 神戸大学
38 九州大学
92 大阪大学
92 東京工業大学
- 名古屋大学
- 北海道大学
- 筑波大学

地域ランキング

アジアのベスト大学

経済雑誌『アジア・ウィーク』が1997年から発表していたアジアの大学ランキング。

QSアジア大学ランキング

イギリスの大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds :QS)」が2009年から毎年公表しているアジアの大学のランキング。総合ランキングと分野別ランキングがある。韓国の朝鮮日報が共同で実施している。

エクセレンス・ランキング

ドイツの高等教育開発センターCHE(Centre for Higher Education Development)が2007年から公表しているランキング。ヨーロッパ自然科学系の大学院を対象としたランキング。6項目80の指標で評価している。「生物学」「化学」「物理学」「数学」の分野別にランキングしている。

評価指標
項目 内容
1 博士課程のプログラム コースワークの必修化、規則・規程の英語化、プログラムの特徴、博士論文の種類、コースワーク・論文の英語など多言語での対応、プログラムの形態など
2 修士課程のプログラム コース選択の自由度、予算配分、女子学生数、プログラムの特徴、学際性、留学生数、インターンシップ、多言語対応、志願者動向、ECTSへの対応など
3 教育研究組織の状況 研究分野、留学生に対する職員・学生によるサポート、博士学位数、女性の博士学位数・修士学生数・職員数、留学生への経済的サポートなど
4 大学全体の状況 宿泊施設、留学生の宿泊施設、留学生への情報提供・サポート、交換留学、学生数・女子学生数・留学生数など
5 公開データによる評価 文献引用、受賞、学術情報発信など
6 学生による評価 研究活動への助言、キャリア支援、会議出席、学生間の交流、カウンセリング、試験、IT環境、研究室、図書館、全体的な研究環境など

カーター・レポート

1966年に、アメリカ教育審議会の委託を受けて作成された。これが最初の大学ランキングであるとも言われる。大学院を主観的評価によってランキングしたもので、106大学29分野、1663学科が対象。学科長、指導的教授など5000名余の主観的評価をもとに、学科単位に教育プログラムを評価してランキングした。

アメリカのベストカレッジ

アメリカUSニューズ&ワールド・レポート誌が1983年から毎年作成しているアメリカ国内の大学ランキング。アメリカ国内の1,400以上の大学が対象。学問分野別、研究成績、国際力など様々な項目でランキングされている。同僚評価、入学率、リテンション率(在学率)、卒業率、学生対教員比、入学生のSAT/ACTなどの指標によって評価されている。

評価指標
項目 配分 内容
1 ピアレビュー 25%
2 選抜性 15% 合格率、高校クラスでトップ10%の者の割合、SAT/ACTスコア
3 教員資源 20% 員報酬、学位授与者割合、フルタイム教員比率、ST比、20人以下のクラスの割合、50人以上のクラスの割合
4 卒業進級率 20% 卒業率、新入生の進級率
5 財政資源 10% 教育・研究・学生支援・管理運営費
6 同窓生の寄付 5%
7 卒業達成率 5%

Research Assessment Exercise

イギリス政府による大学への研究補助金の配分を決めるための評価。1986年から4年ごとに行なわれている。「Research Assessment Exercise (RAE)」。

CHE大学ランキング

ドイツのCHE(Centre for Higher Education Development)が1998年より公表しているドイツ国内の大学ランキング。9項目34の指標により評価。

関連項目


  1. ^ 文部科学省プレスリリース
  2. ^ 京都大学 世界大学ランキング近年の傾向 #世界留学生人口(PDF)
  3. ^ 2004年ブカレストにあるユネスコ・ヨーロッパ高等教育センター(UNESCO European Centre for Higher Education)と米国ワシントンの高等教育政策研究所(Institute of Higher Education Policy)により結成された。International Ranking Expert Group (IREG)。
  4. ^ 高等教育機関のランキングに関するベルリン原則(和訳:大学評価・学位授与機構評価研究部助教授 米澤彰純)
  5. ^ ドイツの高等教育センター(CHE)とオランダの高等教育政策研究センター (CHEPS)が中心となり、オランダ・ライデン大学の科学技術研究センター(CWTS)、学術出版社のエルゼビア(Elsevier)、ベルテルスマン基金(Bertelsmann Foundation)、ソフトフェア会社Folge 3などと共に作業を行う。


「世界大学ランキング」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

世界大学ランキングに関連した本

世界大学ランキングに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「世界大学ランキング」の関連用語

世界大学ランキングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




世界大学ランキングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界大学ランキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS